交渉人

  • 190人登録
  • 3.38評価
    • (10)
    • (29)
    • (60)
    • (5)
    • (2)
  • 34レビュー
著者 : 五十嵐貴久
  • 新潮社 (2003年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104578016

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
有川 浩
五十嵐 貴久
奥田 英朗
五十嵐 貴久
雫井 脩介
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

交渉人の感想・レビュー・書評

  •  作品解説(帯より):立てこもり犯懐柔術。手玉に取るのは俺だ! 救急病院の患者を人質に立てこもる三人組。対する警視庁は500人体制で周囲を固めた。そして犯人グループとの駆け引きは特殊捜査班のエース、アメリカFBI仕込みの凄腕交渉人! 思い通りに犯人を誘導し、懐柔してゆく手腕が冴え渡る。解決間近と思われた事件だが、現金の受け渡しの時から何かが狂う。どこで間違ったのか。彼らは何者なのか……。

     欲を言えば、石田が超優秀なネゴシエーターだということはわかっているので、麻衣子の交渉術(での活躍の場)がもう少し欲しかった。『ネゴシエーター』聞き慣れない言葉かもしれないが、人質を取って立てこもる犯人などを、巧みな話術で投降させる人物のこと(交渉人)。作中では、コンビニ強盗をした犯人が逃亡時に病院へ立てこもり、病院関係者と患者を人質にする。犯人と石田のやり取りが全てともいえる作品で、交渉術の部分はかなり調べこんだ感がある。人間心理の含まれる作品が好きな方にオススメ。

  • 犯人との交渉にあたる警視庁警部遠野麻衣子のシリーズ。今回は喫茶店に人質を取って立てこもった犯人の説得にあたる。立て篭もり犯は過去に一人娘を残虐な手段で殺害されていたことがわかり、犯人と警察との交渉が話の主体だ。しかし犯人は人が良いのか警察の言うことを比較的信じてしまい、いらいらさせられる。自分だったらもっと上手く立ち回ることが出来るのではないのかと、読者が思ってしまいそうだ。犯人と交渉人のやり取りや、前線本部と警視庁のやり取りなどを、もう少し緊迫感を盛り上げる必要が有るのではないかと感じた。

  • 思いのほか、楽しめた。
    どんでん返しは、まっすぐな感じだった。

  • テンポ良く、飽きずに読めた。

  • 交渉人というテーマが、とても興味深く、人質立てこもり犯とのやりとりに面白みをかんじた。

    最終的なオチの設定までは驚き感があってよかったが、無理矢理オチにもっていった感が否めなく、テーマも誓う問題にズレたのが残念。

    冒頭の、前フリから男女の思惑が交錯し合うかと思いきや、これまた前フリだけ。


    交渉人というテーマだけで、最後まで一貫させて欲しかった。

  • 文句なしに面白い!何冊かに一冊、こんな小説と出会えると嬉しくなるよね。

    と、途中までは。犯人逃走以後はあれよあれよと言う間にどんどんつまらなく(ノД`)。このガッカリ感は、「パラサイトイブ」以来かな。結局、残念な一冊に。

  • 病院内に篭城する犯人とネゴシエーターである警察官との交渉の物語。
    前半はコンビニ強盗と立て篭もり、つまり事件の発生が起きます。
    そしてその後交渉人と犯人とのやり取り。やがて事件は犯人達の逃走へ・・・。
    しかし後半では息をもつかせぬ急展開が待ち構えています。
    そして第4章ではがらりと話が変わり看過することの出来ない現代の問題点へと姿を変えます。

    これも決して他人事ではないんだよなぁ。

  • 「交渉人」っていう題材は面白いね。必要なのはしゃべらない事。毅然とした態度で、でも相手のプライドは傷つけないように自分の思惑に誘導する。営
    業にも必要なスキルだなと思ったり。

    謎解きのところがスッとはいってこんかったのが残念だけども。

  • この本の続編を読んで今ひとつだったが、本作も今ひとつだった。あまりにストーリーが作為的すぎる点と人物描写におかしな部分があるため、話に入りきれなかった。設定はいいと思うし、途中のめり込む部分もあっただけに残念。

  • 期待が膨らみすぎたかもしれないが、犯人との交渉がいまいち。途中で結末を予想しながら読んでしまった。

  • 『交渉人・籠城』から興味を持ち、探したシリーズ第1作。
    ネゴシエーションの解説を交えながら、実地で交渉を進めていく。
    警察小説として面白く、一気に読み。
    単純には終わらない構造に、最後まで興味が尽きない。
    出番が少ないながら、遠野麻衣子の存在が光っていた。
    http://koroppy.cocolog-nifty.com/blog/2011/09/post-78d1.html

  • 途中からなんとなくわかっちゃった。残念・・・

  • これ、一回読んだかも、ネゴシエイターとか交渉人真下正義とかが流行った時かな。忘れてた。
    ---ネタバレ、、、

















    まるでシナリオに書いたようなスムーズさで進む交渉は、本当にシナリオがあった。この犯罪の背景を描く場面にいったところから、交渉の面白さとかそういうものがなくなり、少し違和感あり。確かに交渉中の矛盾を付く謎解きのリリックなのだが、、ん、、まるで別の本を読み出したような感じで、、いまいち。

  • 救急病院の患者を人質に立てこもる三人組。対する警視庁は500人体制で周囲を固めた。そして犯人グループとの駆け引きは特殊捜査班のエース、アメリカFBI仕込みの凄腕交渉人!思い通りに犯人を誘導し、懐柔してゆく手腕が冴え渡る。解決間近と思われた事件だが、現金受け渡しの時から何かが狂う。どこで間違ったのか。彼らは何者なのか...。

  • 最近、やけに「交渉人」って聞くけど、ドラマなり本なり題材にし易いのかな。 ドキドキハラハラ出来ます。読みやすいのであっという間に読める。

  • 3人組のコンビニ強盗が逃げる途中で深夜の病院に立てこもる。
    捜査の責任者として,実績のある「交渉人」特殊捜査班の石田修平が登場し,
    事件は一直線に解決するかと思いきや…。
    石田にかつて交渉の研修を受け,石田を慕う遠野麻衣子という警察官が
    一応主人公だが,大半は石田を中心として話が進む。

    後半の展開は,読者の予想を超える点でプラスなのだが,
    同時に前半の石田の優秀ぶりが色あせてしまうマイナスの効果があり,
    どうしようもないとはいえ,ちょっともったいない気がする。

  • 病院に3人のコンビニ強盗が立てこもった。以前、ネゴシエーターの研修を受けたことがある遠野麻衣子も現場に呼び出される。石田警視正が指揮を執り、人質の解放を求めて犯人との交渉が始まるが・・・。

  • 上手く映像化したら、これってすごく面白そう! 「ハリウッド映画調」とどこかで評されていたのを見たけれど、たしかにそんな感じ。とにかくスリリングで目の離せない展開。で、そのリズムに乗せられたままさくさく読むと、途中でひっくり返される。いやほんと、読み始めたときにはこんな話だなんて、想像もつかなかった~。私の観察眼が甘いだけ? そんなことないよね。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    救急病院の患者を人質に立てこもる三人組。対する警視庁は500人体制で周囲を固めた。そして犯人グループとの駆け引きは特殊捜査班のエース、アメリカFBI仕込みの凄腕交渉人!思い通りに犯人を誘導し、懐柔してゆく手腕が冴え渡る。解決間近と思われた事件だが、現金受け渡しの時から何かが狂う。どこで間違ったのか。彼らは何者なのか…。

  • FBI仕込みのネゴーシエーターと立てこもり犯のやりとりが、やたらスムーズに展開する。なんだか緊張感なく興ざめしていたら…それも仕掛けの一つだった。やりとりの予定調和と対照的に逃亡犯は消えてしまう。ちょっと種明かしの説明が長過ぎる感はあるが…。

    > 救急病院の患者を人質に立てこもる三人
    > 組。対する警視庁は500人体制で周囲
    > を固めた。そして犯人グループとの駆け
    > 引きは特殊捜査班のエース、アメリカF
    > BI仕込みの凄腕交渉人!思い通りに犯
    > 人を誘導し、懐柔してゆく手腕が冴え渡
    > る。解決間近と思われた事件だが、現金
    > 受け渡しの時から何かが狂う。どこで間
    > 違ったのか。彼らは何者なのか…。

  • 犯人とか予想つくけど、でも読んでて楽しくて一気読み☆
    この作家さん好きかも。
    2008.9.24

  • 深夜のコンビニに3人組の強盗が押し入り、
    十万円ほどの現金を奪って逃走した。
    犯人が拳銃を所持していたことから、
    すぐさま非常線が張られた。

    やがて、巡回中の巡査により、
    彼らが逃走に使った車両が
    病院近くのコインパーキングで発見される。
    彼らは医師や看護師、患者を人質に病院に立てこもったのだった。
    そこで交渉に当たることになったのが、警視庁特殊捜査班の石田。
    彼は交渉人としてはプロ中のプロだった。
    そして、行き掛かり上呼び出されたのが、彼のかつての部下・遠野麻衣子。

    まさに交渉シーンは手に汗握る、という感じ。
    会話劇としても十分おもしろい。
    そして、結末は…

    この人の作品、はじめて読んだのだが、最後の1章は
    ぐいぐい引き込まれてノンストップで読了。
    動機がとってつけたようだとか、そんな意見もありましょうが、
    素直におもしろかった。

    ネットなどで調べてみると、評価が辛さに驚いた。
    ミステリー、サスペンスに皆、ずいぶん目が肥えてしまっているのだろうな、昨今。

全34件中 1 - 25件を表示

交渉人を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

交渉人の作品紹介

救急病院の患者を人質に立てこもる三人組。対する警視庁は500人体制で周囲を固めた。そして犯人グループとの駆け引きは特殊捜査班のエース、アメリカFBI仕込みの凄腕交渉人!思い通りに犯人を誘導し、懐柔してゆく手腕が冴え渡る。解決間近と思われた事件だが、現金受け渡しの時から何かが狂う。どこで間違ったのか。彼らは何者なのか…。

ツイートする