阿修羅ガール

  • 1179人登録
  • 3.30評価
    • (93)
    • (157)
    • (406)
    • (70)
    • (23)
  • 259レビュー
著者 : 舞城王太郎
  • 新潮社 (2003年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104580019

阿修羅ガールの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • うわー、読んでしまったよ、というか読まされてしまったというか、第一部ではただ単に同級生の男の子の失踪事件を解明するミステリーとか思ってたら、キュインと方向転換して話がどっか行っちゃうし、またその話が訳わかんないのに読み進められちゃう自分がいて、読んでる途中に酔いそうになって、頭がガンガン、いやグワングワン、いやギュワンギュワンって感じになって、「今どうなってんの?」とか一人でつぶやいてしまったりして、「あれ?もしかしてハマっちゃってる?」なんて思ったり、マイジョウオウタロウってカタカナで書くと競走馬にいそうだよね、関係ないから話し戻すけど、結局面白かったかどうかわかんない、でも一気に読んでしまったのは面白かったからなのか、いやでも面白いところを述べろって言われたら、「擬音語が独特」としか答えられないんだよなぁ~、あぁ、でももう一作くらい読んでみたいかもって思わされたから結果面白いってことでいいと思う。
    なんかニチニチニチニチ書いてしまったけど、ジャンルで言ったら恋愛・オカルト・童話・ミステリー・文学、あぁ~訳わかんないからジャンルは「舞城王太郎」でいいや、って最後には思ってしまって、僕は完敗。

    って感じの文章が読み進められるなら読んでみてもいいと思います。

    レビューは→http://ameblo.jp/sean-north/entry-10434438574.html

  • 舞城ォォォォォ!!何だこれカッケェェェェェ!!明らかに人を選ぶ本だと思いますがとにかくすごい。衝撃だった。頭をがつんとやられた気分です。果てしなくだらしない思考と、垂れ流しになった欲望と、だけどその中でちゃんと核心をついている。近頃こういう、口語体?の小説増えている気がしますが同時に中身がまるでない本も増えていると思う。だけど舞城さんはちゃんとある!この「阿修羅ガール」で書かれていることは、そのだらしなさの裏でしっかりと筋の通った大事なことだと思った。私はこの本すきだ。とてもすきだ。舞城さんもっと読もうと思います(人には勧めにくいけど)

  • 読むのに疲れました。

  • 結論は最後の章。
    ハチャメチャな展開だけど、意外と人間の本質的な、どうしょもない自分と付き合っていかなきゃならない自分ファイト!的なメッセージがある。
    仏教ちょい絡めのまとめ方。慈愛の精神。

  • 2016/09/18 読了
    これほど引き込まれる小説は『新世界より』以来。エンタメと人間の生き方の考察を巧みに織り交ぜる小説は、やっぱり理想的だと思う。
    女子高生の口調もわざとらしくないと思ったし、ナレーションとストーリー進行に調和していてすごいなあと。

  • 森の場面がおもしろかった。ああいう話書いてほしい

  • 【387】

  • 「減るもんじゃねーだろとか言われたのでとりあえずやってみたらちゃんと減った。私の自尊心」
    なんてシビれる一行目‼︎
    勢いで読み終えましたが、よく意味がわからなかった(笑)再読必須⁉︎

  • 好きでもない人と寝てしまったことへの罪悪感と
    その日をきっかけに佐野は行方不明になってしまい
    愛子は初恋の人、陽治が好きだと気づいた。

    調布の街では中学生暴行のアルマゲドンがはじまって
    いよいよ街もネットも荒れに荒れているときに
    愛子は自作自演で自分を窮地に追い込むカキコをして
    クラスメートに襲撃される。

    街に潜む邪悪な殺人鬼と被害者、
    森のなかにいた怪物
    どれも不気味で自分勝手で、だけどそれは愛子のなかにある暗くて悪意を持ったものと何ら変わりなかった。

    話がぶっ飛びすぎてびっくり仰天。
    やたらと「私」という言葉が出てくるので
    自意識過剰で自己愛に溢れている感じがもうそれだけで
    にじみ出ていて、
    よしもとばななの話を感じさせた。)^o^(

  • 序盤の女子高生の一人語りはちょっと読んでてしんどかったけど、「森」の章のおどろおどろしい童話っぽい感じや「グルグル魔人」の章の頭おかしい殺人鬼の一人語りは良かった。佐野はどこへ…?

全259件中 1 - 10件を表示

舞城王太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
ZOO
乙一
村上 春樹
モブ・ノリオ
有効な右矢印 無効な右矢印

阿修羅ガールに関連する談話室の質問

阿修羅ガールを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

阿修羅ガールを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

阿修羅ガールを本棚に「積読」で登録しているひと

阿修羅ガールの作品紹介

恋するアイコがガーリッシュに悩んでる間も世界は大混乱!殺人鬼はグルグルだし子供は街で大爆発!魔界天界巻き込んで、怒涛の傑作、今ここに降臨。

ツイートする