• 272人登録
  • 3.47評価
    • (20)
    • (45)
    • (63)
    • (14)
    • (2)
  • 60レビュー
著者 : 中村文則
  • 新潮社 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104588015

銃の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 中村文則のデビュー作。彼の作品を読むのは初めてでしたが「教団X」とか話題だし、少し期待しすぎたかも。

    主人公西川の一人称ですべて描かれていますが
    、この西川自身のキャラというか、考えや気持ちがイマイチよく分からない。
    「私は……だった。」「私は……と思った。」「私は……した。」「彼女は……した。」
    と、箇条書きの様な文章の作りで、読んでいてもそこに気持ちが全く入っていけないんですよ。
    さらに友達との会話になると、「マジで〜。…俺なんかさ〜」といきなり今どきの若者言葉になったりして、え?この人どんな人物なわけ?と戸惑ってしまいました。

    あと、村上春樹を意識してる?と思わせる様な雰囲気も少し気になりました。

    ストーリー自体は良かったと思います。拳銃という非日常的な物をたまたま手に入れてしまった事で、西川がだんだんと狂気に満ちていく様と、ラストの呟きはすごく印象的でした。

    主人公の内面と外見が違和感なく描かれていたら、文句なく素晴らしかったのではないかと思います。

  • おさまるところにおさまった、かなー。

    銃を他の何かに置き替えて、「私」を別の誰かに置き換えたら、無数。

    私と私を取り巻く世界に対してシナリオ書いて、その通りになって喜んでる「私」が気持ち悪かったけど、多かれ少なかれ、つきつめたら誰でも(自分も)そういうことしてんじゃんと思った。

    映画に向いてそう。

  • 主人公が男だからか、思考回路が全然理解できない。
    子どもを虐待する親に嫌悪感を抱く伏線もあやふやだし。
    どうも、この作家とは相性が悪いみたいだけど、代表作を読んでいないからかもしれない。

  • 同い年作家、中村文則のデビュー作
    2002年当時の自分を想いながら、作品の世界に浸ることができた1冊。
    中村文則の原点を実感することができた。

  • 銃を拾った大学生が、それに囚われ、それで人を撃ちたいという感情に支配されるが、そんな馬鹿げた行為をしてはいけないと思いなおすが、結局は衝動的に発射してしまい電車で居合わせた男性と自分の人生を終わらせることになる話。

    ---------------------------------

    主人公は、記憶にも残っていないほど昔に自分を捨てた父親と再会した時、父親がドラマの台詞のようなことを言ったことがおかしいと笑った。テレビドラマでよくある親子の再会のテンプレートみたいな会話をそっくりそのまま再現されたのが馬鹿らしかったんだと思う。
    ”チェーホフの銃”というルールがある。”物語に登場した鉄砲は発射されなければならない”という掟のようなものだ。
    主人公はまんまとそのルールに従ってしまった。自分の人生に突如登場した銃を不必要なことに使ってしまった。彼だって父親と同じ。
    親子の再会、という場面でありきたりなことを言ってしまった父親。
    手に入れた銃、にかき乱されどうでもいいことに使用してしまった主人公。
    どちらも浅はかでどうしようもなくて、自分や自分の周りにいる人たちみたいだと思った。

    電車のなかで発砲していまい、「これは、なしだ」と主人公が呟く最後の場面。ああ、この感覚だ、と読んでいて震えた。
    自分の悪さや失敗が明るみになった瞬間、今日を一日やり直せたら、30分前に戻れたら、とかそういうことを考えてしまう自分と全く同じだった。自分は衝動で誰かを殺したりしない人間だといいな。

  • 死をもって、生を感じる。そのギリギリのバランスが、全編に緊張をみなぎらせている。主人公の乖離した心理状態が迫真の描写だ。最後は悪夢としか言いようがない。

    心に大きな空白を抱えた人、例えば人格障害や依存症のような。そういう人に、この物語は他人事ではないのではないか。

  • 図書館で借りた本。

    銃に取り憑かれたような話。

  • ひょんなことから銃を手に入れた主人公がその興奮を元に変化していく話。
    さっきも見たぞというくらいしつこい同じような心の葛藤があるのですが
    そこにちょっとした変化が加わっていく様が面白いですね。
    そして最終的には救いのある方向へ行くと見せつつ破滅へ向かってしまうという
    ちょっと救いの無い話なのですが物語の重点は
    あくまでしつこい心の葛藤にあると思うので味わい深さはありますし
    読後感もあまり悪いものではありません。

    銃についてそこまで考えた事は無かったし
    銃というものはよくテレビとかで見て知っているものの
    実物を見た事も触った事も無いのですが、
    実際に撃つことの出来る本物を手に入れた時
    人を狂わせる何かがあるのかもなと感じさせてくれる作品でした。

  • 徐々に狂っていく様が気持ち悪かった。
    猫を撃って刑事に問い詰められたところから狂気が加速した。描写がくどくなり、一人称が頻出した。
    銃を磨いているだけで何故満足しなかったのか。
    ケチな喧嘩をして相手の頭を吹き飛ばす。身の破滅。
    「やってはいけない」ことをやってしまうのか。
    そこまでの魅力があったのかは分からなかった。

  • ゴロウデラックスに中村文則さんが出演していて、中村さんの作品を読んでみたいと思った。かなり衝撃的。これがデビュー作とは凄い。他の作品も読んでみたい。

全60件中 1 - 10件を表示

中村文則の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

銃を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銃を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銃の文庫

ツイートする