夜の桃

  • 675人登録
  • 2.87評価
    • (12)
    • (45)
    • (172)
    • (65)
    • (23)
  • 132レビュー
著者 : 石田衣良
  • 新潮社 (2008年5月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104595037

夜の桃の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトルから想像する通りちょっとエッチな小説。
    男性の性への理想、幻想ばかりを訴えていて正直幻滅。描写も官能さがない。苦笑。
    読みやすいと言えば読みやすいので一応星ふたつ。

  • 何も思わずたまには石田衣良さんの本でも読もうと図書館で借りたら、お色気系だった。
    妻のほかに愛人1号、2号と二人いる。仕事の出来る人はお盛んという勝手なイメージがあるから、それはヨシとしよう。
    若い愛人2号が出現したからか、絶妙な関係だったバランスが崩れたのか。この千映が1番したたかだったのかもしれない。
    自分の気の済むように行動しているんだもん。最後もスパッといなくなるしね〜。
    男より女のほうが主導権をにぎっているものなのかもね。

  • 官能的な小説。でも官能小説とは違うかな。
    仕事も金も妻も愛人もすべてを手に入れた男。
    そんなバブルをやり過ごし成功した中年男性目線の話。
    話の最後の最後ですべてガラガラと音を立て崩れてはいくが、
    後半までは男の願望をすべて満たした羨ましい話ではないだろうか。
    ほとんどの女性からは共感を得られないであろう。
    愛する妻・長年の愛人・新しい若い愛人の間を上手に泳ぐ様は、
    普通の女性ならば読んでいて気持ち良いものではない。
    (私は普通じゃないので、嫌悪感はないが。笑)

    文中で、男の妻の読んだ小説の話が出てくるが、
    どうやら自らの作品『眠れぬ真珠』のことのようだ。
    そういう手法はシャレてて上手だと思った。

  • 官能小説だよなあ、どう考えても。
    しかもオトコ目線、ご都合主義。
    最後は〆てみたけど、どーね?みたいな。
    経験が至極少ない私がいうのもナンだが、千映がここまでイクか?
    題名といい、表紙といい、飲み屋の名前といい、お尻の描写といい、一貫性というか、こだわりというか、ま、わかるんだけどさ。ちょっとくどいっすね。

  • 3股したおじさんの話。
    バカバカしい一冊。

  • 妻、長い付き合いの愛人、若い愛人…3人の女性の間をいったりきたり。仕事も女もうまくいっている広告代理店社長の話。
    石田さんの官能小説って、なぜだか官能的ではないんだよな…足りない。刺激がどうのこうのではなく、何かが足りない。毎回、淡々としていると感じ。そこがもっと上手ければ、星が増えたと思う。

  • 様々な欲望が渦巻いている。
    露呈をおそれているけれど、明るみに出ることに怯えながら身を委ねることの方が、身を引くことよりもたやすく魅力的で決して抗えない。

    頭ではどこかで破綻するとわかっていても、その快楽の前にはひれ伏すしかない。
    だからこそ

    欲望なのだと、そう思う。

  • どうしようもなくだらしない男の話。回りの女がみんな去っていって当たり前。
    ただエロいだけで斜め読みで何も得なかった、石田衣良にしては珍しい本。

  • 前に読んだ本。
    エロかったことしか思い出せない。

  • 昔図書館で借りた記憶があります。
    正直私には全く合いませんでした…。
    石田さんの書く作品では一番下だと思いました。
    評価が低いのも当然でしょう。

全132件中 1 - 10件を表示

石田衣良の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

夜の桃を本棚に「読みたい」で登録しているひと

夜の桃を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

夜の桃を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

夜の桃を本棚に「積読」で登録しているひと

夜の桃の作品紹介

数億円のローンを組んだ家、高性能なドイツの車、イタリア製のスーツ、スイス製の機械式腕時計、広告代理店勤務の可愛い愛人…すべては玩具にすぎなかった。幸福にも空虚な日々に流される男が出会った、少女のような女。その隠された過去を知り、男は地獄のような恋に堕ちた。東京のニュー・バブルの中で、上下にちぎれていく格差社会に楔を打ち込む、性愛。デビュー10周年の著者が挑む、渾身の話題作。

夜の桃の文庫

夜の桃のKindle版

ツイートする