ゴールデンスランバー

  • 13586人登録
  • 4.05評価
    • (2414)
    • (2056)
    • (1693)
    • (152)
    • (43)
  • 2051レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 新潮社 (2007年11月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (503ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104596034

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ゴールデンスランバーの感想・レビュー・書評

  • 気になって気になって、頁をめくる手が止まりませんでした。

    権力こわい。
    どんなに足掻いても、大きなものには勝てないのか?
    情報こわい。
    見えるものを鵜呑みにして信じこみ踊らされるマスコミと庶民。

    私は感情移入が激しいので、これ読んでからというもの、パトカー見ると、恐怖を感じます。逃げたくなります。

    三浦(キルオ)=『グラスホッパー』の蝉 かとも思ったんだけど、違うかな。死んじゃったし・・。

    伊坂の、「死」を悲しいものとして描かないところがすきだ。この作品でも死んだ人はたくさんいるが、そこを重くしない。そこにはメッセージをこめない。

    (短編集『I LOVE YOU』に入っている伊坂の作品でも、「姉」の死を軽やかに描いていた。すき。 )

    最初に事件の目撃者の視点をもってきたのがいいなーと思いました。 あれこれ言いましたが、ただの伊坂へのひいき目かも。ファンです。

  • 首相暗殺の犯人に仕立て上げられた青年。
    ハラハラドキドキ、逃げて逃げて!と思いながら、一気読み。
    面白かった。

  • 面白かったです。
    最後の最後まで緊張感のある、スリリリングな話でした。
    ハラハラ、ひやひやしたと思えば、学生時代の話にほっこりし心が穏やかになった所で、また現実に戻り胃がキリキリ。
    物事は違う角度から見ると全く違うものに見える、ということが顕著に表されていて、驚いたり納得したり。
    はじめの頃にちょろっと出て来た人物が終盤大きな役割を果たしたり。「おおっ!ここで関わってくるのか!」と楽しみながら読むことが出来ました。

    第一部・第二部で外側から見た事件を知ってしまっただけに、青柳君が窮地に陥りそうになるたび、”ああああ、その人についてっちゃダメー!”、”そっち行っちゃダメー!”と心の中で叫んでしまいました。
    誰を信用していいのか判断できない中で、心の中の森田が彼を後押しし、事件が進む中で少しずつ手を貸してくれる方が現れ・・・
    報道に惑わされず信頼してくれている人の存在が力強く、頼もしく、私まで嬉しくなりました。

    じーんときたのは、事件も中盤を過ぎたころの樋口晴子と轟社長の会話。
    かかか、と笑い「あいつに爆弾作れるなら、俺はロケット作れるよ。」「俺は聞いてやったんだよ。本当に、青柳が犯人なのか、ってな。あいつら答えねえんだよな。だから俺は、あいつがそんなことするとは思えねえけどな、とちゃんと言ってやったんだが」と話す轟社長。
    それに笑って答える樋口晴子。
    なんてことない会話、やりとり。でもすごく安心できるシーンでした。

    最後の謝辞に「物語の都合上、現実とはかけ離れた部分も多いので、読んだ方が真に受けないで下さればいいなと思います。」とあります。
    そうだなと思いつつ、報道のされ方・受け取り方については、現実と照らし合わせてしまうところもあります。
    情報に惑わされず、自分なら正しい判断をできるだろうか?
    自分の中に課題も残すことのできる、良い本だったと思います。

    勢い、面白さ、合わせて☆5を付けたいところでしたが、結局なぜ青柳君が今回犯人に選ばれたのか?どこからが策略だったのか?が納得できなかったため☆4です。
    だって青柳君はごく普通の、しかも良い人です。家族関係が悪いわけでもなく、友人もいる。逃亡のたった2日間強の間に知り合った方が彼に手まで貸してくれる。
    なぜそんな人物を犯人にしなければいけなかったのか?

    これはごく普通の人間が理不尽に犯罪に巻き込まれる話なのだから、それが面白いのだから、と言われればそれまでですが、やはりもやもやしてしまいました。

  • 衆人環視の中、首相が爆殺された。そして犯人は俺だと報道されている。なぜだ?何が起こっているんだ?俺はやっていないー。首相暗殺の濡れ衣をきせられ、巨大な陰謀に包囲された青年・青柳雅春。暴力も辞さぬ追手集団からの、孤独な必死の逃走。行く手に見え隠れする謎の人物達。運命の鍵を握る古い記憶の断片とビートルズのメロディ。スリル炸裂超弩級エンタテインメント巨編

  • これが本屋大賞だったのか…私にはピンと来なかった。どうして主人公が犯人に仕立てあげられたのか、友人は死んだのかわからなくて良かったのかな?伊坂作品とは相性が悪いことが多く、今回も時間がかかりました。でも首相暗殺犯の濡れ衣を着せられ逃亡という面白い設定でした。読んでみて良かったです。

  • 久しぶりの再読。

    伊坂さんの、大きなものとの対峙シリーズはあまり好きではないけれど
    初めて全部通して読んでみたら、とても面白かった。

    特にこのゴールデンスランバーは読みやすく、
    対峙するものが自分の外にある大きなものだけではなく、自分の内にある大きなものとも向き合うのがよかった。

  • 続きが気になって、早く早くページをめくりたい!そんな気持ちと、あーまだ読み続けたい!終わらないでー!と思いながら一気に読んでしまった。ドキドキハラハラ。アトラクションに乗った気分になる本です。面白かったー!

  • 『たいへんよくできました』

  • 文句なしの快作!
    構成やばすぎ!

  • ケネディ大統領暗殺事件をベースに組みたれられたエンターテインメント作品。「このミス」「山本周五郎賞」「本屋大賞」など受賞。時間軸を切り返しながら、スピード感を維持する構成は読んでいて爽快です。それでいて大学時代の友人達の暖かい関係。ゴールデンスランバー。仙台の土地勘を把握した状況で読むとさらに面白い。

  • [2016.16]伊坂幸太郎さんの本を初めて読んだ。
    最後までハラハラするストーリーだった。
    主人公とその友人が気の毒すぎる...
    そして、真犯人が気になる...

  • お見事としか言いようない終わり方でした。

  • ぶ厚い本だったけど、一気読みした。
    すごく、躍動感があった。おもしろかった。

  • 面白かったけど切なすぎる

  •  不条理な話であり、諦念でいっぱいになりつつもどこか吹っ切れるような読後感。おためごかしの言葉でごまかしながら権力を振りかざす国家、そんな国家に従うしかない現実、その権力に歯向かうだけの理論も思考も力も持ち合わせていない自分の不甲斐なさ。その全てに憤りと諦めとを感じたけど、そんな中で自分ができることは物語の通り、何とかしてでも生きのびることなのだと思う。その手段が主人公にとっては逃げることであり、ギリギリまで追い詰められながら体や頭脳だけでなく、人を信用する力をももって逃げる様子はスリリングだった。

  • ハラハラッ!
    ワクワクッ!
    オモローッ!

    習慣と信頼。だっけ!?
    笑える事、もだっけ。

    最後の方で出てきた、鎌田昌太って誰?
    って気になって読み返してみたら…
    あれっ?!!!! って感じ。
    もしかして…
    あの中学生って。

    あ、他にも…って感じ。

    伏線、いっぱいはってあったんですね。

    伊坂さん、オモローッ!

  • 結局、青柳は誰の陰謀で首相殺害の犯人にされたのかな‥

  • ハラハラ、ドキドキしながら最後まで読めました。

  • 仙台に行くのではじめての伊坂幸太郎♪
    思っていたより軽い。
    内容は楽しかった。追われすぎてて途中つらかった。

  • 突然首相を殺した犯人扱いされて追われるはめになった主人公はとてもつらかっただろうなとおもいました。面白い話だったけれどもラストが納得いきませんでした。

  • だと思った。
    たいへんよくできました。

    日常で聞く分には何気ない言葉かもしれません。そういった言葉にストーリーを通じて魂を吹き込む著者の筆力に感動しました。

    いつかこの世を去るときに、「だと思った」と言ってくれるほど信頼してくれる人が、自分の人生に対して「たいへんよくできました」と言ってくれたのなら、それは素敵な人生だったと胸を張れるかもしれません。

  • 初めて読んだ伊坂幸太郎作品です。
    私の苦手な登場人物の多い本でしたが、話が進んで行くうちに、すんなり人物図が出来、人柄も想像できました。
    バイトが一緒の子が好きだと言ってた作家さん。話が面白く、次も絶対伊坂作品をよもう。

全2051件中 1 - 25件を表示

ゴールデンスランバーに関連するまとめ

ゴールデンスランバーを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ゴールデンスランバーを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ゴールデンスランバーの文庫

ゴールデンスランバーのKindle版

ツイートする