3652―伊坂幸太郎エッセイ集

  • 2363人登録
  • 3.57評価
    • (110)
    • (253)
    • (296)
    • (48)
    • (9)
  • 288レビュー
著者 : 伊坂幸太郎
  • 新潮社 (2010年12月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104596058

3652―伊坂幸太郎エッセイ集の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • デビューされて10年の年に、それまで書かれたエッセイを一つの本にまとめたもの。特に笑う部分もなく、ごく普通のエッセイだった。伊坂さんという人は真面目なんだろうなぁという印象。
    全体を通していくつか本を紹介されているが、どれも私には縁遠いものばかりだったので、これを機にいくつか読んでみたいなと思った。特に10年の間に三度も話題にされている、大江健三郎の『叫び声』は読んでみたい。

  • 伊坂さんのエッセイは初めて。

    若手作家のイメージがあった伊坂さんももう37歳(2010年当時)。デビューから10年、振り返りのエッセイ。

    あの作品はこうやって生まれたのか、とか皆大好き黒澤さんの名前の由来とか、「ごきげんよう、おひさしぶり」のエピソードとか。懐かしいのに新鮮で。

    仙台のほっこり感がまた。

    「魔王」が政治的メッセージ関係ないってのは意外だったなぁ。
    好きな作家さんがどんな本を読んできたか、何を考えて創作しているかって興味深いよね。
    小説は漫画に近いジャンルと捉えられているけど、むしろ音楽に近いんじゃないかって意見には納得。視覚でなく想像力で楽しむものだものなぁ。

    私はよく母に(半ば無理やり)良かった本を貸して感想を訊くのですが、よくするのが映画化・ドラマ化するならあのキャラクターは誰が演じるのがいいか、白熱のキャスティング合戦。
    漫画でもできなくはないけれどある程度ビジュアルの先入観が入っているのでやっぱり小説の方が盛り上がります。

    デビュー前、作家になるのを断念しかけた伊坂さんを励ましてくれた方!ありがとう。貴方がいたから伊坂さんの作品をたくさん読めます。

    最後に10年間の作品一覧が載っていたので未読作品チェックもスムーズ。伊坂ファンは一読あれ。

  • デビュー10年とのことで書いたエッセイ。
    いい意味で、期待を裏切らない人柄が伝わってきました。
    エッセイの中にもあった、伊坂幸太郎が会社員を辞めて小説家になると決意するきっかけとなった斉藤和義の「幸福な朝食 退屈な夕食」。
    僕も改めて聴いてみましたが、「すげえ!」とか「かっこいい、生で観たい!」とかしか思い浮かばない自分の感性の貧しさにがっかりです(笑)
    誠に残念ながら、このまま会社員を続けていくことになりそうです。

  • 伊坂幸太郎さんのエッセイ集。伊坂さんが想像していた通りの人だなぁと実感。少しずつ読もうと思ったのに、楽しくて一気読み。下のほうにそれぞれのエッセイについての解説とかがあって、読みやすく面白かった。

  • 伊坂幸太郎さん10年と2日間のエッセイ集です。ご本人もエッセイは得意ではないと記すように分量が少なく、平凡な日常で笑わせるようなエピソードもなく、確かにエッセイの文章もあまりこなれていないように感じます。しかし、作家となったこと、文章を紡ぐということに対する想いが表れています。自分が楽しむこと、読者を楽しませることに力点を置くからこそ、玄人受けしなくとも、これほど多くの読者を満足させているのではないのだろうか。

  • 大好きな伊坂さんのエッセイ。デビュー10周年の時に記念して今まで書かれたエッセイ(2000〜2010年)をまとめられたそうです。タイトルの3652は365日×10年+2日(うるう年)の事。伊坂さんのお人柄がよく出ていて素敵なエッセイでした♪益々、伊坂さんファンになってしまいました!伊坂さんのお父さんの犬好きのエピソードや伊坂さんがサラリーマンを辞めようかなと奥さんに話した時の奥さんの一言も良かったです☆伊坂さんのオススメ本も気になります!各ページの下に伊坂さんが解説されているのも楽しいです♪オススメです★

  • 伊坂さん、エッセイ集も出しておられたのね。

    小説の感じそのものの、面白くてたまにシニカルなお人柄が伝わってきました。

    ・愛すべきオチについて
     そうだそうだ、伊坂さんはいつもラストがいいのだ。
     泣けたり、にやりとさせられたり、明日もがんばろうと思えたり。
    ・映画と漫画は「見せる」、ならば小説と音楽が「想像させる」仲間である
     わたしの中で成瀬さんは俳優さんにあてはめられないくらいかっこいい。
    ・自分の野球のベンチには、亡くなった方が座っていたっていい
     素敵な話だ。そう考えてもいいって言ってくれることに意味があると思う。
    ・ごきげんよう、おひさしぶり
     明日から使う。

    個人的に気になった本
    「Rの家」:ロビンソンの家ってところがスピッツ好きとしては気になる
    「叫び声」:わたしも読んだことない…伊坂さんのまねっこして、ひきこもって大江健三郎生活したいなあ

  • 伊坂氏の人となりを垣間見ることができて、楽しい。中でも、奥さんの姿がちょこちょこ出てくるのが非常に良い。それは、奥さんをネタに書いているというのではなく、「妻と映画に行った時~とか、妻と旅行に行った時~とか、妻とレシピを見ていた時~」とか、日常生活の中に奥さんの姿が自然にあるのがすごくいい。

  • 「亡くなったということをあんまり考えないようにしています。」

    という伊坂さんが好き。

  • 伊坂幸太郎というのも、稀有な作家だ。オーデュボンの祈りから10年。たぶん、わたしが彼の文章にであってからは7年くらい。何度も繰り返される、「エッセイは苦手」という言葉に嘘偽りはないんだとおもう。それと同じくらい、「どれも自信作です」「面白く仕上がりました」と、自分の作品に向けて、まるでわが子を慈しむように(実際、森見登美彦同様彼も自分の作品を子どもと呼ぶことがある)発される言葉も、心からそうなんだろう。自分の言葉に文章に真摯に向き合い、それを愛することの出来る人が書くものを、わたしはあいさずにはいられない。

全288件中 1 - 10件を表示

伊坂幸太郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

3652―伊坂幸太郎エッセイ集を本棚に登録しているひと

3652―伊坂幸太郎エッセイ集を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

3652―伊坂幸太郎エッセイ集を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

3652―伊坂幸太郎エッセイ集の作品紹介

「喫茶店」で巻き起こる数々の奇跡、退職を決意したあの日のこと、「青春」の部屋の直筆間取り図、デビュー前のふたりの恩人、偏愛する本や映画に音楽、「干支」に怯える日々、恐るべき料理、封印された「小説」のアイディア-20世紀「最後」の「新人作家」が歩んできた10年。

ツイートする