迷宮百年の睡魔

  • 720人登録
  • 3.66評価
    • (97)
    • (93)
    • (227)
    • (5)
    • (2)
  • 70レビュー
著者 : 森博嗣
  • 新潮社 (2003年6月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (505ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104610013

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森 博嗣
有効な右矢印 無効な右矢印

迷宮百年の睡魔の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 発売元は違うみたいだけど前作の内容を踏まえた上で読まないと全然わからないかも。

    ミチルとロイディの関係が謎を解く鍵ともいえる。

    久しぶりに森作品で恐いと思った。

    催眠状態と人間、目の前の状況を正常に認識できていない状態の人間がすごく恐い。

    後半の、ロイディが側にいなくてミチルが一人で歩くあたりを読んでいると、何故かFPSのゲームをやっているような気分になりました。

  • 海に囲まれた島で、首なし死体が発見されたり、眠ってしまったりするお話。

    このシリーズは好きなんだけど、どこが好きかと言われると上手く言語化出来ない。
    ミチルは自暴自棄になったり感情的になったり苦手なタイプなんだけど、でもこの物語はミチルじゃなきゃ語れないのだとそんな風に思います。ミチルが語らないと面白くないって感じかな。

    続きかどうか分からないけど、もう一冊借りて来ているので楽しみ。

  • ネタバレ?

    メグツシュッカ=MGTSK=マガタシキ?

  • 周囲の森が一夜にして海と化したという伝説をもつ島イル・サン・ジャック。22世紀の旅人ミチルとロイディがこの島で出会った「女王」は、かつて別の地に君臨した美しき人に生き写しだった――。王宮モン・ロゼで発見された首のない僧侶の死体、犯人と疑われたミチル、再び消えた海と出現した砂漠。謎に満ちた島を舞台に、宿命の絆で結ばれた「女王」とミチルの物語の第2章がはじまる。
    「Amazon内容紹介」より

  • 行く先々で変態の作ったミュージアムに遭遇する、中性的な女性と彼女のパートナーである青年ロボットの物語。

    青春アドベンチャー

    脚色 富永智紀
    選曲 伊藤守恵
    演出 大久保篤
    技術 加村武(1~5)、山中義弘(6~10)
    効果 島津楽貴(1~5)、千本木真純(6~10)
    制作統括 アオキしんや
    出演 サエバ・ミチル:高山みなみ(1~10)
    ロイディ:高戸靖広(1~8、10)
    メグツシュッカ、デボウ・スホ:島本須美(1、2、4、5、7~10)
    クラウド・ライツ:青野武(1~2、9)
    シャルル・ド・リー:草尾毅(2~8)
    ジャンネ:林あかり(1~4、6、10)
    ヨハン:菊地真之(1~3、6、10)
    カイリス:堀尾雅彦(3、6、7、10)
    オスカ:田村錦人(3、4)
    パトリシア:相田さやか(5~7、10)
    ウィル:海鋒拓也(1、3~5、9)
    警備員、扉の声、警察官:村澤寿彦(3、5~7)

    元々のサエバミチルの身体が、デボウ・スホのクローン???どうしてそうなった?続編は出ているのかな?

  • たぶん再読。
    ミチルとロイディの関係が好き。

  • 『女王の百年密室』の続編にあたる。
    ミステリ部分(謎だの真相だの)は前作同様若干微妙だが、主人公の相棒ロイディの成長(?)っぷりが面白い。
    前半は読むのがだるかったけど、後半は一気に読めた。
    書きたいことを効果的に書こうとしたらやたら長くなったという、音楽で言うと交響曲みたいな印象。

  •  面白くないわけではないが、初めは違和感が消えなかった。
     ミチルとロイディが人間臭くて、これほんとに森博嗣が書いたのか? と疑いながら読んでいた。もしかしたらゴーストライタが書いたのか、とまで思うくらいに、何だか「色」が違った。
     明らかに「水槽のなかの脳」の話。(分かる人にしか分からないたとえ話だが。)
     水槽の中に脳味噌があって、それぞれの体は(動かされていると)意識してはないけど、その脳からの信号が一体以上の体を動かしている、そんな状況。
     結局メグツシュカが生きているのかいないのかは分からなかったけど。
     シャルルの脳はきちんとシャルルの体の中にあったのかな。分離されてはいなかった?
     何度か読まないときっちり分からない、けれど、初読で大体のストーリィは掴める、というのは物語としては成功しているのだろう。
     この話の結論(と言うべきなのか言わないべきなのか)は、結局それは、それらは、(つまりは体と脳が分離されていようがいまいが、その体が人工物であろうがなかろうが)生きていく上では一切意味をもたないということ。
     生きている、それだけ。
     生きるということは、「次にあうことが出来る」と考えられることに対する、最も重要な前提である。
     ただそれだけ。

    03.07.20

  • この世界観が好き

  • 再読。
    文章の摩擦係数が低く、読んでいると目が滑る。

全70件中 1 - 10件を表示

迷宮百年の睡魔に関連するまとめ

迷宮百年の睡魔を本棚に「読みたい」で登録しているひと

迷宮百年の睡魔を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

迷宮百年の睡魔の作品紹介

一夜にして森が消え、周囲が海になってしまった伝説の島イル・サン・ジャック。ミチルとロイディがこの島の宮殿モン・ロゼを訪れた夜、曼陀羅の中で首を落とされた僧侶の死体が見つかる。いったい誰が頭を持ち去ったのか。かつてある街の塔で出会った美しい女王と、ミチルの謎は解かれ、そして、新たな謎へと引き継がれていく…。

迷宮百年の睡魔の文庫

ツイートする