新世界

  • 117人登録
  • 3.37評価
    • (6)
    • (20)
    • (30)
    • (5)
    • (2)
  • 28レビュー
著者 : 柳広司
  • 新潮社 (2003年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (255ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104615018

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

新世界の感想・レビュー・書評

  • ロスアラモスの街が、海外ドラマ「ロスト」で他の者達が住んでいた街のイメージだった。
    原爆を落とされた側の目線と、科学を満喫するロスアラモスの目線の同時進行は良かった。

    最後のページを見て、柳原作というよりは、何か別の本を訳したということなのかな?

    オチが分かりづらかった。彼が見た男は実在したのか?少女は幻影だろうが。

    「理系」と「体育会系」が手を組むと戦争になるとはこういうことかと思ったり。

    同作者のトウキョウプリズン読んだ後だから、
    天皇陛下も穴からお告げを聞いて命令しているとか、日本国民が誰も悪くなかった、騙されていたという意識だとかが頭に残っていた上で読んだ。
    自分が悪くないと思えば、永遠に罪から逃げ続けられるのでしょうねとか、酷い事を思ったりしました。罪より、受けた痛みが勝っているのかもしれんね。だから誰かに責任を押し付けたくてたまらんのさ。○○させられたって。洗脳とか操られた部分もあるんだろうけど。

    原爆の落とされた方の描写はつらいね。認識できないほど、顔が腫れた弟をみる兄とか。

    相手の痛みを想像したら戦争は終わる気がした。甘い考えかもしれないけど。相手の痛みを想像したら戦えなくなりそう。
    あんまりいい感想じゃなかったらごめんね。

  • 当時の雰囲気を知るには良いがミステリとしては凡庸。原爆資料としてもそれほど新鮮味は無い。6.0

  • 著者が海外のエージェントから日本での出版を相談された、オッペンハイマー博士が、博士の友人ラビ博士を語り手として1945年のロスアラモスを舞台に書いたという小説の翻訳という体裁をとっている。
    が、なぜかいきなりオッペンハイマーが「ミスタ・オッペンハイマー」と呼ばれているとか書いてあって、ホントらしさがあっというまに消滅。なんでドクタ・オッペンハイマーじゃないのか?(なのに医者には「ドクター~」と呼びかける場面がある。)博士号持っていて、周知の状況で、ドクタと呼ばれないなんて普通ないと思うが(日本ならともかく)、もしオッペンハイマーが敢えてドクタと呼ばれることを拒んでいたという逸話でもあれば別だが…。ドクター・アトミックですぜ?
    大体、この枠の仕掛けは必要なのか?

    素材の原爆が重すぎて、ミステリ仕立ての絡め方がビミョーなような・・・

    それにしても、マイノリティに対する放射能人体実験が実話だったとは。さすがアメリカおそろしすぎ。

  • ただのエンタテイメント小説で終わらせるのはもったいないほど重いテーマの作品です。
    科学の知識が足りず、理解の及ばないところもありましたが
    新たな観点から“原爆”を見据えるいい機会になりました。

  • 一部描写がグロ買ったです。
    でも絶対に外せない、外せなかった描写だと思います。
    違う側面から核開発について考えさせられた1冊でした。

  • もし先の太陽の光が、一瞬に空中で炸裂したなら、それは神をも超えるものであろう、我は死神なり、世界を破壊するものなり、バガバァト•ギーター

    オッペンハイマー、ロスアラモスについて書かれた小説

    第14章、カルテ、広島の現場原発投下直後の惨状、

    第16章、黙示録、

    人間の恐ろしい二者択一、狂うか、殺すか、2つに1つ、 これが我々んの新しい世界なのか?

  • どこか無人島に日本の指導者を読んで原爆の威力を見せつけたら? カミカゼとか言う自殺願望のある民族には意味ない
    前もって時間と場所を警告すれば? アメリカの捕虜をそこに集めるだろう
    軍事施設に落とせば? 周りに民家がたーっくさん
    皇居に落とせば? 戦後日本が共産化しちゃう


    第三次世界大戦で使われる武器は何だと思う?
    わからない
    うん、私にも分からないが、第四次世界大戦の武器なら分かる。棍棒だよ。


    ドイツの優秀な科学者たちーーウェルナー・ハイゼンベルクやオットー・ハーンーーは本当に原爆を作れなかったのか? もしかしたら、作ろうとしなかったのではないか?

    これまでの人類の歴史は、想像力がつねに歴史に先立つものであった。だが、原爆の誕生は人間の想像力を無効にしてしまった。

  • に携わった人物を使ったミステリー・・・。
    ミステリー小説として、読んで面白かったかといわれたら
    正直そうでもないんだけど、
    実際、原爆というものを間近にしていたら、
    この小説のような出来事が実際起きても
    おかしくないんだろうなと思ってしまった。

  • 改めて原爆の恐ろしさが見に染みた。フィクションだけどとてもリアルティーがあり、一部シーンは耐えきれず本を閉じそうになったほどだった。内容は重い(?)けど文はとても読みやすかった。

  • 原子爆弾を開発したオッペンハイマーとロスアラモスであった事件を創作した話。フィクションだけど、原爆を作るにあったって起こったであろう話で今さらながら原子力開発にあたっての人々の苦労と、その後の影響について考えざるを得なかった。

  • 国民国家は殺人者。

  • ミステリィの体裁をとった、戦争(原爆)小説。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/11018509.html

  • 面白い。
    スパイものとは違うけど
    あちらはただの娯楽で(とはいえ面白いけど)
    こちらは主張が垣間見える。
    オッペンハイマーね。
    イルカの話は微妙だけど。
    はるきみたいで好きじゃない。

  • ミステリーよりも知的好奇心をそそる原子爆弾についての作品。冒頭にこの本が出来る経緯のシーンがあるが、最初は著者の気持ちで読み終わるとエージェントの気持ちになってるところが面白かった。

    前から原爆の父、オッペンハイマーについて興味があっただけ小説の登場人物として知り得たのは良かった。

    人の知的探究心や閃きの純度が上がれば上がるほど倫理/善悪からかけ離れると言うか反比例になるというか...要は当時世界トップクラスの研究者達の狂気を纏った発明品が原子爆弾と判明。

    最後に我々は原爆開発地である"ロスアラモス"の地名は忘れてはいけない...
    その地で何が作られ、何が目的で、結果どうなるかが最初からわかっていた場所...

  • やはり忘れてはいけないことなのでしょうね。
    忘れないだけでは駄目でしょうから、忘れさせないことが大事ということでしょうか。
    しかしながらどうやって。
    少なからず次の世代へ間違いのないように伝えることしか出来ないのでしょうか。
    そんなことを思いながら今年もぼんやり生きていくのだろうなあ。

  • 著者本人がなぞのアメリカ人から本書の原稿を預かる、というイントロや原爆を開発したロスアラモスという舞台設定など、道具立てはおもしろいが、こじんまりと纏まってしまったのでは。結末に向かって少し急ぎすぎたように思う。文庫も出てます。

  • なんとも言えない後味というか・・・。
    最初の件にあるが、50年やそこらで原爆投下が過去のものになりつつある日本。
    誰が悪いということよりも、投下された事実、その恐怖、その誤りは忘れてはいけないと強く感じた。
    集団で行い、責任が自分にないというシチュエーションは戦争だけでなく、色々な犯罪に起こりえるもの。

  • 内容を知らずに読み始めたものの,ミステリというより実在の人物が登場する歴史小説といったかんじでした。
    科学者に限らず,作った人と使用場所(と使う人)が剥離しすぎていると,現実感とか善悪の価値観はが無くなっていくことはよくあることだと思うけど,やっぱりぞっとする。
    …と暢気に構えていられるのも,そういう状況に置かれていないからなんですよね。ああ,やっぱりぞっとする。

  • 「原爆の父」と呼ばれるロバート・オッペンハイマーを主軸にしたお話。

    作り手と使い手と使用場所が離れれば離れるほど罪の意識はなくなるんだなー。
    ・作り手は最高のものを作ろうとする。
    ・使い手は作られたものが何か知らずに使用する。
    ・そして使用された場所が自分の領域から離れていれば離れているほど人事になる。
    これがオッペンハイマーの周囲の人々の言動から感じた事、かな。

    読んでいるとフィクションかノンフィクションか、わからなくなっちゃいます。
    あと、何故かこの本を読むと猛烈に眠たくなります。
    きっと私だけでしょうが。

  • 原爆に関してはアメリカと日本との間に埋めがたい深い溝があるけれど。
    その原爆が新世界を創るというのなら、それは間違いであり、人は神にはなれないって事だなと。

    無邪気な科学者が世界最悪の爆弾を作ったってのがなんか腹立たしかったー。

    祖国では英雄。
    2人の飛行士の対比が面白い。

    戦争って善悪の境が分からなくなるものなんだな。

  • 今回取り上げられる人物は、「原爆の父」オッペンハイマー。終戦直後が舞台とあって、当然広島の悲劇なんかも絡んでくるし、とにかく重い内容。タイトル「新世界」の意味も、あまりに皮肉というかなんというか。
    ミステリ的には案外あっさりしている感もあるけれど、作品全体の重さが圧倒的。そして事件の動機に絡む「狂気」が最大のポイント。いったいどこまでが「狂気」なのか、それ以前に「狂気」とはどういうものなのか不明である点が恐ろしく、ラストには薄ら寒いものを感じる。いったい誰が「狂っている」のか? そしてこの物語自体の設定の意味は? と考えさせられる部分は尽きない。重いけれど、その分読み応えもしっかり。
    それにしても、第三次世界大戦の主力武器はいったい何になるんだろう。第四次があれってことは、おそらく第三次で世界は……。これも想像すると恐ろしい話。

  • 人類の英知の結晶なのか、それとも人類の狂気の表れなのか。。。
    人の心の闇、病み。。。

    ミステリーとしてはどうかと思うが、いろいろと考えさせられた。

  • その狂気に、こっちまで引きずり込まれそう。

  • 筆者がある男に日本での出版を依頼された原稿は、"原爆の父"と呼ばれたオッペンハイマー博士の未発表の遺稿だった。そこには、自身が所長を務め世界中から科学者たちを集めて原爆の開発をしていたロスアラモスの研究所で起きた事件の顛末が、博士の友人テオドア・ラビの一人称の形をとって記されていた…というお話。
    当時の科学技術を大躍進させ、同時にそれがかつてないほど惨い兵器となったという紛れもない事実の間で苦しむ科学者たちの姿を外側から客観的に見る冷静な友人氏の一人称が、かえってそれを書いた博士の二面性を透かし見せて悲しくなります。この二重構造が後々まできいてくるのでほんとにうまいなぁと。
    ロスアラモスという外部から切り離された研究所の中で、罪の意識ゆえに科学者たちは自らを正当化しようとする。正当化に失敗した者は狂っているといわれ、成功した者は…

    「新世界」。ものすごい前向きな言葉なのに読み終わった後に見るとこんなに重い言葉はありません。核の問題に目を向けなかった人だけでなく、今現在、ある国に対してとか、ある団体に対してとか、原爆反対、核兵器反対といっている人が、"本当に問題の本質を突いているのか"、と痛烈な批判含みで問われているような気がしてなりません。

  • 【所持有無】×
    【読了日】081206
    【キーワード】原爆 研究
    【所感】内容について知らずに読んだため、原爆の描写の生々しさに驚いた。
    【備考】

全28件中 1 - 25件を表示

新世界を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

新世界を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新世界の作品紹介

第二次大戦が終わった夜、原爆が生まれた砂漠の町で一人の男が殺され、混沌は始まった。狂気、野望、嫉妬、憐憫…天才物理学者たちが集う神の座は欲望にまみれた狂者の遊技場だったのか。そしてヒロシマ、ナガサキと二つの都市を消滅させた男・オッペンハイマーが残した謎の遺稿の中で、世界はねじれて悲鳴を上げる。

ツイートする