東京湾景

  • 772人登録
  • 3.19評価
    • (40)
    • (80)
    • (290)
    • (43)
    • (15)
  • 151レビュー
著者 : 吉田修一
  • 新潮社 (2003年9月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (269ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104628018

東京湾景の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昔、ドラマがあった。見てなかったけど。
    東京湾を挟んで、かたや品川の貨物倉庫で働き、彼女はお台場で働き。
    いつか終わるのであろう恋をお互い思いながらも、離れられずにいる。

    私も遠い昔、この舞台の近くに住んでたな~って思いながら読みました。

  • 本編より、引用

    あれは何の雑誌だったか、府中市にある禁酒サークルを取材した記事が載っていて、
    そこに「溺れる」というのは、自分がなくなり、魂を吸い取られることだ。
    「溺れる」のと「のめりこむ」のはまったく違う。
    「のめりこむ」というのは感覚の問題で、「溺れる」というのは魂の問題なのだ、と書かれてあった。


    「・・・人ってさ、そうそう誰かのこと、好きになれないだろ?
     俺、あの人と別れてからそう思った。誰かのことを好きになるって、
     俺に言わせりゃ、自分の思い通りに夢を見るくらい大変で、
     なんていうか、俺の気持ちのはずなのに、誰かがスイッチいれないとONにならないし、
     逆に誰かがスイッチ切らないとOFFになってくれない。
     好きになろうと思って、好きになれるもんじゃないし、嫌いになろうと思ったって、嫌いになれるもんじゃない・・・・」


    「・・・ほんとに愛してたんだよ。・・・なのに、あんなに愛してたのに・・・・、
     それでも終わったんだよ。人って何にでも飽きるんだよ。、
     自分じゃどうしようもないんだよ。好きでいたいって思ってるのに、
     心が勝手に、もう飽きたっていうんだよ。
     ・・・終わらないものってあるか?」


    「なぁ、もしさ、今、俺がここからそこまで泳いで、お前に会いに行ったら・・・、
    俺が、お前に飽きるまで、ずっと俺のそばにいてくれる?」

  • 本作を読んで、安心して私の中ではドラマはなかったことになりました。

    終わり、行かなかった美緒の帰着がいいなあ。ブレのない平らかな激情。
    この人の描く人物は確かに、強くて、惰性的で、揺らぎがなくて、裏側の町が良く似合います。

  • 短編連作集。 話が前後する、とでもいいましょうか。それが吉田さんの作風なんでしょうね。

  • 共感できたり、納得できなかったり、何だかわからない作品。相変わらず、吉田作品は、えっここで終わりが多い気がする。

  • 品川の船積倉庫で働く亮介。出会い系サイトで知り合った「涼子」と軽い気持ちで会いに行くが、モノレールに乗っただけで別れてしまう。

    メールであれば気軽に話せる「涼子」に亮介は惹かれていき、二人は深い関係に。でも涼子という名前は偽名だった。

    作中でも言われていますが、出会い系サイトで知り合った相手にまさか本名と本当の勤務先は言わないわなぁ。どんな始まり方であれ、その恋が本物であればなんだってかまわない気がした。

    最後、お互いにすべてを打ち明けた二人は東京湾を挟んだ別々の場所で、携帯の電波を使い愛を確かめ合う。

    亮介なら本当に海を渡ってきそうな気がする。

  • 出会い系サイトで知り合った二人。
    男には彼女がいて、女は名前も職場も嘘をついていた。
    そんな二人が恋に溺れ始めるが、どこかお互いを信じ切れない。


    いつだったかに月9でドラマ化された作品の原作。
    もうストーリーもキャストも覚えてなかったので読んでみましたが、読んでいるうちに少し思い出しました。

    恋にまっすぐに生きられない不器用な大人の恋愛。

  • 「悪人」に通じる所がある。映画になればいいと思う。

  • 4-10-462801-8 269p 2003・10・15 ?

  • 恋愛小説が読みたくなったら男性にも女性にもオススメかも。ドラマチックではないが、もどかしく切なくさせてくれる。

全151件中 1 - 10件を表示

吉田修一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京湾景を本棚に登録しているひと

東京湾景を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京湾景を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京湾景を本棚に「積読」で登録しているひと

東京湾景の作品紹介

「…最初がメールだったから仕方ないのかもしれないけど、なんかずっと、お互い相手を探ってるっていうか…。信じようとは思うのに、それがなかなかできないっていうか…」亮介の声を聞きながら、美緒は窓辺に近寄った。「ほんと、なんでだろうね?」東京湾岸を舞台にきらめく、寄せては返す強く儚い想い。芥川賞、山本賞受賞作家が紡ぐ、胸に迫るラブストーリー。

東京湾景のKindle版

東京湾景の文庫

ツイートする