7月24日通り

  • 705人登録
  • 3.28評価
    • (28)
    • (105)
    • (261)
    • (33)
    • (4)
  • 157レビュー
著者 : 吉田修一
  • 新潮社 (2004年12月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104628032

7月24日通りの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 続きが気になり、あっというまに読んだ。
    主人公が住んでいる街をリスボンに見立て
    実際の店名や道の名などを変えて話が進んでいくのだが、
    現実に知る街がそうされているわけではないからか、
    読みにくいということがなかった。
    実際にありそうな話のなかで、ドキッとするうまい表現や言い当て妙な重なる気持ちが
    いくつも。

    ここまで読んだ吉田作品のなかで一番好きな一冊。

  • 自分の住む街を、ポルトガルの街に置き換えて暮らす主人公に強く共感してしまう。
    自分も似たところがある…。
    すべての色を奪い取ると見えた美しさ。
    それはとても大事なことを教えてくれているように感じた。
    雨がいいです。
    音楽を聴くみたいに何度も読み返したい。
    フェルナンド・ぺソアの作品を読んでみようと思った。

  • 間違いは何度でも

  • 妄想は大事だよね~。

  • わかるようで、わからない話だった。自分で外国の名前を付けていることに後の方で気づいた。なんか説明がないとわからない。でも、それが狙いなんだろうなぁ。

  • 吉田さんの作品一番好き

  • 自分にぴったりな人が目の前に居るのに…
    何でこうなるのか。

  • わかるような、わからないような、懐かしいような。
    間違ってるとわかっているほうに進む。若いっていいなと思いながらサラリと読めました。
    映画化もされてたんですね。本田さんが中谷美紀ってびっくり。
    イケメンの弟に対して「お姉さんもさすがチョー綺麗~!」ってなっちゃうじゃん。亜希子になんて余裕で勝てちゃうじゃん(笑)
    内容が全然違うのかなぁ。

  • 主人公はどこにでもいる地味で平凡なOL
    彼女の唯一のプライドは、誰もが認める容姿端麗な弟の存在

    自分のことが好きじゃない、というか半分あきらめているけど、
    心のどこかでは光の当たる人と対等になれるかも、
    という期待がいつになっても捨てられず、
    自分に良く似た平凡な弟の彼女を認められない・・

    巻末のあとがきが私の感想そのもの!
    そして、この文章は結構納得してしまったなぁ

    「どの幼稚園にも、必ず王子様役に選ばれる男の子がいて、
    同じように必ずお姫様役しか考えられない女の子がいる。
    たかが生まれてから三,四年の人生経験で、彼らが
    王子様やお姫様にふさわしい魅力を得るはずがない。
    そう考えれば、人間の晴れやかな魅力というのは、決して
    人生経験などからではなく、生まれた瞬間に与えられるか、
    与えられないかの違いなのだろうと思う。」

    章のタイトルが最後に効いてくるところや、
    寂れた地元をリスボンの街に重ね合わせるという発想など
    この人の凝った作りはいつも通り
    嫌いじゃないです

  • 913.6ヨシ 2015.7.18

全157件中 1 - 10件を表示

吉田修一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

7月24日通りに関連する談話室の質問

7月24日通りを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

7月24日通りのKindle版

7月24日通りの文庫

7月24日通りのコミック

ツイートする