四畳半王国見聞録

  • 3088人登録
  • 3.29評価
    • (86)
    • (291)
    • (501)
    • (126)
    • (19)
  • 397レビュー
著者 : 森見登美彦
制作 : 古屋 兎丸 
  • 新潮社 (2011年1月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (245ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104645039

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

四畳半王国見聞録の感想・レビュー・書評

  • 阿呆な大学生たちの短編集。
    これは映像でも観たいなー、湯浅監督やってくれないだろうか。

  • うーん・・・。

    登場人物が個性豊かな所は面白かったものの、四次元的要素もあり、まだまだ森見ワールドをほとんど知らない私にとっては難しかったです。

    阿呆な大学生のお話を、小難しく表現した感じで個人的にはのめり込む面白さを見つけることが出来ませんでした(´;ω;`)

  • 四畳半の偉大なる阿呆たち。

    彼女の存在を数学で証明した数学氏
    マンドリン弾きの丹波、モザイク先輩、凹氏、無名くん。

    水玉ブリーフの男、
    休日をバカンスと言う三浦さん
    柊くんと楓さん、鈴木に芽野、芹名。

    京都での四畳半の内側に広がる不思議な世界。

    最初の文体が、つらかったけど
    私の読解力ではちょっとわからないところもあったけど
    まあ、頑張って、読めた。

    2017年第一冊目がこれか)^o^(

  • 「バカばっかり」ではなく、「阿呆ばっかり」の世界。
    寝言でいちゃつく柊くんと楓さん。
    大日本凡人會の面々。
    水玉ブリーフ。
    あぁ、吉田山周辺は今日も平和ですね。

  • 四畳半への愛を感じます。とても強く。

  • ただの中二病のお話だと思って流し読みしていたらなんだか最後の方のクライマックスで圧倒されて、何故だかもう一度読みたくなった。。

  • 森見さんを初めて読んだ。なんだか文体といい、初めて読むような作品だった。でも気軽に読めた。

  • 平凡で非凡で阿呆な四畳半の住人の物語。
    一生懸命活きています!

  • いや、もう……これは。モリミーの想像力に私がついていけなかった。どこまでいくのか。この妄想力は。前半は苦労しました。水玉ブリーフのくだりは笑えましたが。三浦さんの奴隷に甘んじてしまう鈴木くんが好きでした。理解しよういうのが、無理な話ですか?もう、感想はこれだけでいい。阿呆神万歳!

  • 資料ID:98101348
    請求記号:913.6||M
    配置場所:工枚普通図書

    「主人公は大学生特集」に選書された図書です。

  • なんだこの本!意味分からんぞ!!
    どこまでも奥が深いようで、実にくだらないことをごねごね語っている
    私の脳みその皺にも阿呆神が…

  • これぞ森見登美彦の真骨頂!と勝手に思って憚らない、安定の”阿呆大学生もの”連作集。もう、ページの向こうの四畳半から饐えた臭いが漂ってきそう。だがそれがいい。

    森見リピーターならばニヤリとせずにいられない、あんな阿呆やこんな阿呆(個人的には芽野と芹名がどうしようもなく好き)が、相も変わらず京都の町を跋扈。
    『新釈走れメロス』に始まって、繰り返し繰り返し連中の日々を読んでおりますと、老舗の鰻屋かなんかで創業以来継ぎ足し継ぎ足し受け継いできた秘伝のタレみたいになって来ました。森見汁が。我が脳内で。

    大日本凡人會の面々が愛おしい。

    四畳半王国建国史
    蝸牛の角
    真夏のブリーフ
    大日本凡人會
    四畳半統括委員会
    グッド・バイ
    四畳半王国開国史

  • 一番最初の語りのところで何回も挫折したけど
    中身を読んだらいつもの森見ワールドでおもしろかったです
    いままで出てきた登場人物たちが出てきてにやにやしながら読んでました(^-^)

    大日本凡人會いいですね!

    「蝸牛の角」では、世界がどんどん変わって最初ハテナが頭に浮かんでたんですが、後半追いついてきておもしろかったです。
    「見渡すかぎり阿呆ばっかり」

    あと、芹名くんと柊くんが結構好きです笑

  • バカバカしくて面白かった。

  • 森見登美彦氏らしい愛すべき阿呆たちと四畳半の話です。

    『大日本凡人會』の章が安定の阿呆の話かと思いきや、最後がとてもいいお話でした。個人的にはオススメです。

    とことん阿呆を追求するなら『蝸牛の角』の章がいいと思います。

    「信じる阿呆は救われる、だよ。ゆめゆめ疑うことなかれ。」 67ページより

  • 奇妙な短編集。
    すべては関連する話だけど、もやのようなものに覆われた世界のように感じられた。うまく把握できないまま読み終わってしまった。
    大日本凡人會の話が一番好きだった。というよりもこの話がいちばん内容を飲み込めたというほうが正しい。してやられてしまったな、という感じ。

    『四畳半神話体系』の明石さんや小津らしき学生たちの姿を見れただけで良しとしよう。

  • なんだ、コノくだらなさ、、、。
    と思いながらも、どんどん読んじゃう(´艸`)
    四畳半が狭く思えるか無限に思えるかは自分次第?
    てか、『見聞録』てよりも『劇場』って感じwww

    ☆四畳半王国建国史
    ☆蝸牛の角
    ☆真夏のブリーフ
    ☆大日本凡人會
    ☆四畳半統括委員会
    ☆グッド・バイ
    ☆四畳半王国開国史

  • 登場人物が多いのと、よく画面が切り替わるのとで、誰が誰だかわからなくなってきた。またいずれ読み返したい。

  • う~ん・・・
    笑えて楽しめる四畳半&京都モノなのに。
    この短編集は安定せずでした。
    現在「宵山万華鏡」「きつねのはなし」etcが私的に
    しっくりきてしまいます。

  • 四畳半にまつわる短編集。過去作品の登場人物・組織も活躍します。事前に、神話大系とは何の関係もないよ、という情報だけ得ていたので、誤解がなくてよかった。
    でも、過去作品を読まずにこれを手にとると、ちょっとつらいかも…

    森見作品が大好きだけど、今回は若干読みづらかったー
    多分ひとつの作品の中で起承転結的な流れになっていなかったりしたからだと思う。それでも森見カラー全開作品になるんだから、やっぱすごいなーと思った。
    果てなき妄想、不毛京大生。この2大テーマ(?)に於いて、やはり彼に勝る作家さんは今後も現れない気がする。

    我が憧れの男子である芹名氏再登場に歓喜★笑

    --

    数式による恋人の存在証明に挑む阿呆。桃色映像のモザイクを自由自在に操る阿呆。心が凹むと空間まで凹ませる阿呆。否!彼らを阿呆と呼ぶなかれ!狭小な正方形に立て篭もる彼らの妄想は壮大な王国を築き上げ、やがて世界に通じる扉となり…。徹底して純粋な阿呆たち。7つの宇宙規模的妄想が、京の都を跋扈する。

  • 「私には恋人がいるが、それを証明するにはこの余白は狭すぎる」

  • 世界とは、四畳半の内部に存在しているーという、阿呆な学生たちの阿呆な、面白おかしくした発言、妄想の世界が広がっていく話であると感じた。
    言葉の言い回しが多々あり、言いたいことはわかるが、理解できない部分も見受けられた。
    短編集の話は妄想でできている部分も多々あり、そこで発せられた変な言葉も面白いものもあった。
    このような考え方をする大学生は実際にいるのだろうかと考えてしまう、話であった。

  • 変な人の内言が延々と書き連ねてあれば、作中で特にイベントが起きてなくても面白い作品になるんだなぁって思います。というか、そういうのが僕の探している作品なのかもしれません。そのような作品って一つのジャンルとして確立しているんだろうけど、どのように探せば良いんだろか

  • 本作も例のごとくダメ学生と黒髪の乙女がずらずら出てくる。彼らのバカ騒ぎっぷりと滲みでる哀愁は、やっぱり好いのです。

    「見渡すかぎり阿呆ばっかり」

全397件中 1 - 25件を表示

四畳半王国見聞録に関連する談話室の質問

四畳半王国見聞録に関連するまとめ

四畳半王国見聞録を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

四畳半王国見聞録を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

四畳半王国見聞録を本棚に「積読」で登録しているひと

四畳半王国見聞録の作品紹介

数式による恋人の存在証明に挑む阿呆。桃色映像のモザイクを自由自在に操る阿呆。心が凹むと空間まで凹ませる阿呆。否!彼らを阿呆と呼ぶなかれ!狭小な正方形に立て篭もる彼らの妄想は壮大な王国を築き上げ、やがて世界に通じる扉となり…。徹底して純粋な阿呆たち。7つの宇宙規模的妄想が、京の都を跋扈する。

四畳半王国見聞録のKindle版

ツイートする