森見登美彦の京都ぐるぐる案内

  • 1140人登録
  • 3.40評価
    • (38)
    • (94)
    • (128)
    • (36)
    • (6)
  • 138レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 新潮社 (2011年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (95ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104645046

森見登美彦の京都ぐるぐる案内の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 森見さんの文章は大好きなのに、そういえばまだ読んでない本が沢山あった。
    これはいけない。キチンと読まなきゃ。
    京都行きたいな~

  • 森見さんの本に出てきたところが紹介されています。
    お写真もきれい。
    京都に行きたくなりました。

    森見さんの本はまだ一冊しか読んでいないので、他の本も読んでみたい。

  • 京都旅行が決まった後に、偶然に見つけた本。
    あまりのタイミングで、思わずこの本片手に京都へ。
    進々堂は、森見さんの雰囲気にピッタリでしたよ♪

  • 森見登美彦さんの京都愛あふれる本で、もりみー作品の名場面と共に京都のいろんなところを案内してくれて、ファンにはたまりません!!

    エッセイ?も、もりみー調で、読んでて不思議な感覚になってやっぱり面白い!!
    久しぶりに色んな作品読み直したくなったのと、京都の街をぷらりしたくなります。

  • ★3.5
    再読。京都で開催される展覧会に行くついでに、「そうだ!森見スポットも巡ってしまおう!」と手に取った次第。森見作品からの引用とともに紹介される京都は、既に行ったことがある場所でも少し違って見える不思議。そして、yomyomに掲載された随筆2本は、どちらも甲乙つけ難いくらいにオモチロイ!とりあえず、京都に行きたい熱がむくむくと湧いてきたので、まずは伏見稲荷大社と竹林、貴船口~鞍馬にまた行きたい。あと、めくるめく夜の先斗町と木屋町を、二足歩行ロボットのステップを踏みながら呑み歩くのです。なむなむ!

  • 森見氏の作品に出てくる京都のあちこちを案内してくれるガイドブック。時々迷宮に案内されそう(笑)。編集者とわいわいぷつぷつ言いつつの京都紀行が妖しくて面白かった。結局森見さんどこ住んでるの・・・?京都ガイドブックとしては偏ってるので、森見作品の聖地巡礼ガイドとしておすすめ。

  • 京都。大阪。『ぱっちり、朝ごはん』に一節が出ていたので手に取ってみた。森見さんの著書を片手に京都をめぐってみたくなる一冊だった。

  • 京都案内の姿を借りた登美彦氏ファンブック。その場の雰囲気でカメラマンに持ち上げられてパシャパシャ撮らせちゃったけど、本にされてみると何ともあられもない姿が!恥ずかしい!話がチガウ!となってこと請け合いである。

  • 有頂天家族を読むのに、京都の地図が頭にないとおもしろくなさそうだったので読むことになりました。
    糺の森は下鴨神社の、鎮守の森だったのか。京都の人だったら当然知っていることも、私には森見ワールドの地名でしかありません。ここにあるのは現世(うつしよ)の京都ではなく、異世界の京都なのですから。
    森見さんが異世界京都にて、一文を寄せております。

  • 小説の舞台がほんとうにたくさん載っていてその場面々々が思い出されとても面白く読めました。
    写真もきれいで京都へ行きたくなりました。
    偽電気ブランとは本当にあるのですか?

全138件中 1 - 10件を表示

森見登美彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
森見 登美彦
有川 浩
森見 登美彦
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

森見登美彦の京都ぐるぐる案内に関連するまとめ

森見登美彦の京都ぐるぐる案内を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

森見登美彦の京都ぐるぐる案内を本棚に「積読」で登録しているひと

森見登美彦の京都ぐるぐる案内の作品紹介

鴨川デルタから伏見稲荷大社まで。あの小説のあの名場面へあなたを誘う、かつてない京都ガイド。妄想とリアルが錯綜する「京都捻転紀行」など、単行本未収録のお宝随筆2本立て。人気漫画家・今日マチ子さんによる描きおろし画も。

森見登美彦の京都ぐるぐる案内はこんな本です

森見登美彦の京都ぐるぐる案内の文庫

ツイートする