太陽と乙女

  • 273人登録
  • 3.45評価
    • (3)
    • (1)
    • (5)
    • (2)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 森見登美彦
  • 新潮社 (2017年11月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (408ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104645053

太陽と乙女の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 色んな文章の寄せ集めなのでまとまりはない。裏話的な話は面白かったかな。
    森見流の小説の書き方や話の作り方は良かった。

全1件中 1 - 1件を表示

森見登美彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
万城目 学
伊坂 幸太郎
米澤 穂信
西 加奈子
三浦 しをん
伊坂 幸太郎
森見 登美彦
伊坂 幸太郎
森見 登美彦
有効な右矢印 無効な右矢印

太陽と乙女を本棚に「読みたい」で登録しているひと

太陽と乙女の作品紹介

デビューから14年、全エッセイを網羅した決定版! 登美彦氏はかくもぐるぐるし続けてきた! 影響を受けた本・映画から、京都や奈良のお気に入りスポット、まさかの富士登山体験談、小説の創作裏話まで、大ボリュームの全90篇。台湾の雑誌で連載された「空転小説家」や、門外不出( !?)の秘蔵日記を公開した特別書下ろしも収録。寝る前のお供にも最適な、ファン必携の一冊。

太陽と乙女はこんな本です

ツイートする