オイアウエ漂流記

  • 378人登録
  • 3.50評価
    • (27)
    • (70)
    • (93)
    • (13)
    • (4)
  • 98レビュー
著者 : 荻原浩
  • 新潮社 (2009年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (460ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104689040

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

オイアウエ漂流記の感想・レビュー・書評

  • 飛行機が墜落して南国の無人島に漂着してサバイバル生活、という大変な事態なのに。笑えてしまってしかたないのはなぜ? もちろんこんな状態で笑えるはずがないんですが。さすが荻原さん!
    というユーモア小説なのだけれど、笑いばかりでもなく。生きるとはどういうことなのか、そして環境問題などについても考えさせられます。食べるものでも何でもそのあたりに溢れている現代はたしかに便利なのだけれど、それっていいことなのかな?と思ってしまう。とはいえ、今の生活を捨てることなんてできないでしょうけどね……。
    マリンガーディアンとの対決部分は辛辣ですね。どちらの言い分も間違ってはいないと思うし、状況によっての優先順位は異なるでしょう。だけど所詮、どちらにしたって人間のエゴなんだよねえ。それを認識しなくてはいけないな。

  • 愛すべき登場人物。
    バラバラのメンバーだけれど、最初から最後までポジティブなのがよかった。
    生きるために必死になる。そんな感覚、現代人はにぶってるな。

  • 978-4-10-468904-0 461p 2009・8・20 ?

  • 墜落して逃げるシーン。
    寒さのなかで寝るシーン。
    食料管理にからむシーン。
    コウモリをヤル、シーン。
    ウミガメをヤる、シーン。
    マンゴーの木の上でのシーン。
    カーゴとのシーン。

    いろいろ考えさせられ、どきどきもしました。

    キャラクター設定がうまくできていて
    どのひともチャーミング。

    もっと続きというか、
    まだまだ漂流していて欲しいく

  • おもしろかった〜!!
    特に前半は読んでて、吹き出してしまいそうになるくらい。
    最後の終わり方が唐突すぎて、ちょっと残念。

  •  図書館より
     南太平洋沖で転落したプロペラ機。何とか生き残ったの老若男女10人と犬一匹は漂着した島でのサバイバルを余儀なくされる。

     今回の荻原作品はユーモア系。無人島に漂着しながらも、その環境の中で会社の上下関係や一緒に漂流した新婚妻の夫への不満などの書き込みが、とても荻原さんらしくて面白いです。

     漂着した登場人物たちも非常に個性豊か。”パワ原”とあだ名がつけられている上司や、世間ずれしている御曹司、
    婚前旅行ながら夫に愛想を尽かしかけている妻に、ちょっとボケの混じったおじいちゃん、さらには謎の外国人などなど。
    そうした個性豊かな登場人物たちを全員活かしきって、話を成立させるあたりもさすがという感じです。

     ところどころの表現も荻原さんらしいなあ、と思います。個人的に印象的だったのが、主人公が椰子かマンゴーの実を取るため樹に上るとき、靴を脱ぐのですが、
    それを揃えていると不吉なので、わざと無造作に並べなおすという描写です。

     こういう描写を読んでいると、荻原さんのユーモアのセンスってさすがだな、と思えます。

     そうしたユーモア部分だけでなく生活上での人と人との考え方や文化の相違からのぶつかり合いや、ラスト近くのある対決など、
    シリアスな部分を、ユーモアの雰囲気を壊し過ぎずに挟んでくるあたりも、荻原さんの作品が円熟味を増してきたように思います。

     全体的に丁寧に書き込まれていただけに最後の唐突な終わり方だけが消化不良気味…。そこが個人的に惜しかったです。 

  • なかなか面白かった。
    食糧や飲み水を自ら確にほ奔走しなくても、生きていける世の中になって、何故生きるのかとか、ただ生きることだけでは生きる意味が見出だせず、面倒になってきたのだなと思った。果たして、原始と近代、どちらが幸せなのだろうか。

  • 南の島に不時着した日本人サラリーマンとその接待先の副社長のぼん。ハネムーン旅行中の新婚。孫と爺さんのペア。得たいのしれない外国人。それに機長の残した犬。彼らのサバイバル生活を描いたドタバタ喜劇。あんがい人間って逞しいのかも。。。

  • おもしろいけど、こんない長い必要はないんじゃないかなー。
    でもところどころクスっと笑えてよかった。
    カーゴと機長さんがなあ(m´・ω・`)m

  • 分厚い本だが、荻原浩なら大丈夫、漂流記だしおもしろそうと思ってトライ。思ったとおりスラスラと読めておもしろかった。
    仁太がなぜ賛成にまわったのか?ずっと考えている。

  • なじ■
    10人+1匹の無人島漂流記。

    無人島に辿り着くまでちょっと長いとか
    目の前で人1人死んでるのにうだうだお気楽すぎとか
    賢司お前奈緒子はどうしたとか
    早織さんの風紀の乱れぶりとか
    色々気になる点はあったものの、
    読みやすくテンポの良い文体で面白かった!

    じっちゃんが元気になって本当に良かった…
    野々村さんが物凄く可愛かったです。
    10人という大人数ですが全員きちんとキャラ立ちしてるのも
    良かったなー。

    あとラストは他のみんなもどうなったか知りたかったな!

  • さいっこうに面白かった!!
    部長と野々村さんの身勝手さへのイライラも、主任の男前ぶり、無人島で生き抜く術を持ち寄るとこなどなど、もう全部おもしろかったーーーーー!!!!

    15少年漂流記よりも現実味に溢れてて、かつ日本人らしさが滲み出ているから、ホントに自分の身に起こったらって考えちゃう!


    私の勝手な予想では、無事帰還後、沙織さんの出版より前に仁太くんの絵日記が出版されている!

    そして母の予想では、沙織さんの子どもは金髪で生まれてくるだろうって。笑
    薮内さんはどこまでもそんな運命なんだな。笑


    そういえば、薮内さんの正体って最後まで明かされなかった…?

  • 最初の200頁ぐらい不要な記載だと思いました。
    無駄が多いよ。

  • サバイバル上等!な本ですが、「え、主人公とその恋人、両方浮気してんの!?」となかなか居た堪れない気持ちに…

  • 漂流したことから8ヶ月間の無人島生活がはじまる
    生きるために必要な事を思い出させ、大切な事は何か考えることができた。野々村はよいキャラで好きかも・・
    とにかくラストは良かった。

  • あんまりありえへんけど 読んどいたほうがなんかあったときの話のネタになるかもしれへん

  • 無人島に漂流したらもっと状況は過酷だろうな。まあ、悪くはなかった。

  • 過程がすごーく面白かった。

    おわりかたが嫌い

  • 無人島サバイバル生活。つい東京島を思い浮かべてしまったが、こちらはコミカルな作風で軽く読めるので安心。日に日に逞しく無人島生活に順応してく、癖はあるが根は良い人達。ちょっと綺麗な所だけ書かれてる感じはあったが、さくさく読めた。

  • 南の海で飛行機が墜落、無人島に漂流。道具も食料もほとんどなし。ただし煩い上司(無能)と取引先(馬鹿)はあり。(頭がお花畑の新婚夫婦と危険な香りの外人も)
    …なんて過酷な状況なのに、どこかのんびりであっけらかんとした雰囲気。
    人間、なんとかしようと思えばなんとかなるもんだ!(笑)
    自然環境よりギスギスした人間関係のほうが大変そう…なんて思ってしまったり…
    そんな中、主任がかっこいい!仁太と彼の書く日記にも癒されます。

    「肉屋に並んでいる商品の賞味期限てのはその家畜の初七日の日取りみたいなもんだ」
    この台詞が印象に残ってます。

  • 飛行機が墜落して、無人島にたどり着いた話。おもしろかった。

  • 飛行機が墜落して、たどり着いた場所が無人島。
    生きていくために、狩をして鳥やらコウモリを食べたり、
    火をおこしたり、サバイバルな日々。
    でも妙にみんな明るく悲壮感がない。
    最初はオロオロしていたメンバーが、段々と
    協力して、島の生活になじんでいく。
    続編なんぞあれば、読んでみたい。

  • 真面目じゃない漂流記だが、しっかりサバイバル。
    http://blogs.yahoo.co.jp/rrqnn187/7893330.html

  • 無人島で遭難するという大変な話なはずなのに,どこかほのぼのしたおはなし。

    さすがは有川浩。っていう読みやすさ。



    おはなし自体はスラスラ読めて面白いんだけど…


    え,そこで終わり?っていうのと。

    誰一人,見違えるほど成長した!っていうのがなくて…ただ人間の醜さがさらけ出されただけな気がして残念に思った。




    無人島で大昔の人達と変わらないシンプルな生活をするからこそ,人間の本質が現れてくるのかな。



    シンプルに,まっすぐに。
    生きていこう。

全98件中 1 - 25件を表示

オイアウエ漂流記を本棚に「読みたい」で登録しているひと

オイアウエ漂流記を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

オイアウエ漂流記を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オイアウエ漂流記を本棚に「積読」で登録しているひと

オイアウエ漂流記のKindle版

オイアウエ漂流記の文庫

ツイートする