セックスボランティア

  • 586人登録
  • 3.34評価
    • (38)
    • (78)
    • (221)
    • (23)
    • (4)
  • 119レビュー
著者 : 河合香織
  • 新潮社 (2004年7月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104690015

セックスボランティアの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  障害者の性について取材したルポルタージュ。かなり衝撃的な題材と言える。が、正直なところ、著者の力量が題材に比して不足してたと感じた。

     著者の力不足を感じた一番の理由は、著者の性(特に男性の性や性欲)に対する理解が表層的だということにある。どうも著者は、性についてはお互いの愛情に基づくセックスという唯一の正解があり、他は全て擬似・代替行為と考えているようなのだ。が、男性にとっての自慰行為は、単なるセックスの代替行為ではない。自慰行為そのものを究極まで突き詰めたものの一つにTENGAがあると言えるが(『TENGA論』http://booklog.jp/users/tomiyadaisuke/archives/1/4812439051参照)、そういう同じ食べ物でもラーメンと寿司くらい違うオナニーとセックスを、「性行為」というカテゴリで均一化してしまっているため、インタビューを重ねても著者の考察が積み重なっていかず、結局何が言いたいのかよくわからないまま終わっている。

     書き手の力量には問題があるが、インタビュー内容については色々考えさせられることがあって面白かった。
     著者は「障害者と性」という問題枠組みで取材を重ねているが、そこで立ち現れる問題は、障害者・健常者に関係なく存在する一般的な性の問題だったりする。
     例えば、第3章では、障害者専門のデリヘル嬢をする聴覚障害を持った女子大生が取材対象である。が、彼女は彼氏に内緒でデリヘル嬢をやっており、そのことについて彼氏に対してあまり後ろめたさを感じていないようなのである。著者はその感覚に戸惑っているようだが、こういう戸惑いを覚える話は、援助交際をしている女子校生たちのインタビューなんかでよく遭遇するものである。
     また、性欲があるからといって、じゃあ性的サービスを…という訳にはいかない。性的サービスを受ける障害者だって人間なんだから、こと性のことにおいて誰でも良いなんてことはない。ある組織に登録されているセックスボランティアは40代から60代なので利用していない、というのは、熟女好きでない限り、まぁわかる話である。更に、障害者同士のカップルは性行為をするに際して介助が必要なケースもあるが、介助してくれる人が男性だと「妻の裸を見られたくない」と夫が思ったり、女性でも妻が嫌がったりすることがあるが、これも理解に苦しむ話ではない。裸や性行為前後の姿を見られたくないのは、障害の有無には関係ない。
     あと、性的サービスをしている内に、性的サービスをする側・される側に感情的な問題が発生することもあるという。これも当たり前と言えば当たり前の話で、セックスから始まる恋愛もあるように、セフレに情が移るみたいなことだって、考えれば十分にあり得ることである(むしろお金で割り切った方が心理的に後腐れが無いという場合もあるだろう)。

     障害者の性事情を読み進めていると、どんどん人間の尊厳の本質に迫っていくようなことを考えさせられていた自分に気がついた。性欲の処理だけを考えるやり方は、そのサービスを受ける障害者の人格や尊厳のことをちゃんと考えてる? と思う一方で、尊厳を重視する余りに障害者の性欲を軽視ないし無視するようなのも違うし…おそらく、もっと選択肢を増やす中で答えが見えてくるのだと思うところである。

     著者は、障害者の既婚率が思っている以上に高いことや、性風俗に関する一般的知識など、もう少し基礎知識を押さえた上で取材に当たるべきだったと思うが、扱ったテーマとインタビューについては色々考えさせられるものが多かった。ちょっと内容的にはハードだが、少しでもこの問題に興味があれば一読を勧める。

  • 高校3年生の時に読みました。当時としては男女の関係に5体満足の状況に置ける情報しかなかったのでかなり戸惑った記憶があります。「健常者」とされる僕らから見たら「そうでない」人に対する性的支援の機関(というのか?)の存在があるということが一番の驚きで(それもおかしな話ですが)した。

  • 衝撃的な題材だったので読んでみた。(大学の図書館)

    障碍者の性についての話。誰にだって性欲はある。しかし、障害を持っているとなかなかその発散がしにくい。そのたまに今は障碍者専用のデリヘルやソープが存在するらしい。

    私も先日、出会い系に登録してたら障碍者の方からメールが来た。「挿入はなしでいいから、触らせてください。私は車いす生活です。」という感じのメールだった。少しびっくりした。結局、家から遠いところの人だったからメールは無視してしまった。この本を読んでいたら自分の行動も少し違っていたかもしれない。。。まあ、売春はいけないことだけどね。

    性欲って誰にでもあるし、だれかと肌と肌を重ねたいというのは、ご飯を食べたり息するのと同じ生理現象だと思う。だから私は援助交際自体を悪だとは思わない。彼氏が風俗言っても嫉妬はしないだろうな。(援助交際はやっぱりいやだけどwww)

    障碍者専用のデリヘルも、障碍者を食い物にしているという批判はあるけれども、必要としている人がいるならは必要悪なのではないか。お金を払い満足しているならそれでいいと思う。また、無償で行為を行う団体もあるそうだがそれはちょっと違うんじゃないか。そこは健常者と同じ対応で良くないか?

    うーん。考えがまとまらない。もっと考えてみよう。

  • 障害者相手であれば性的サービスを提供することは誉められるべき行為?ボランティアならよいのか?思うように性交渉できない障害者のためのセックスボランティアが賞賛されるべきなら、色んな事情で性交渉の相手を求めている健常者に性的サービスを提供する一般的な性風俗も、どう違うのか。そもそも性交渉が「ボランティア」って?性欲の解消のためだけの商業的売春、社会性が加わった社会的売春、代理恋人療法だなんて区分けはホントに可能なのか…。
    オランダでは、障害者に性交渉のための助成金を出す役所がいくつかあるらしい。

  • これまで読んで来た本のなかで、なかなか忘れられない本。
    これからも忘れたくないので、登録しました。

  • 2004年刊行。自然な意味で性欲を持つ障害者。人間として、その点は健常者と異なるところはない。しかし、綺麗に言えば、愛情を育みながら、その相手との仲で性欲を満たすという道を閉ざされている。この見たくない現実を本書が活写するが、その提起する問題は決して軽いものではないはず。

  • 障害者の方が求めても手に入れられない性について、ボランティアを含めて提供している現状のルポルタージュ。身体障害や脳障害をお持ちの方々が登場する。健常者と同様の性欲を持つのは当たり前のようにも感じた。意識は健常者と変わらない中で、性に対するハンディキャップをどのように埋めていくのか?大きな課題に感じた。

  • ボランティアの本質といいますか、ボランティアの限界を垣間見た感じがしました。セックスボランティア・・・、男性障害者への女性、あるいは男性ボランティア、女性障害者への男性ボランティア。。。無償の愛なきボランティアとはいかなるものか、また、お金の世界に愛は介在するのか。。。人間とは、健常者、障害者にかかわらず、いつの世も、いくつになっても、悩みかつ夢を見るものなんですね。坂口安吾の「堕落論」、太宰治の「人間失格」再読の時期でしょうか・・・。ノンフィクションライター、河合香織さんの作品です。

  • 難しい問題は置いておいて、
    私はこの著者が好きだなと思います。


    性がどうして必要なのか
    なにが正しい性の在り方か

    なんて、誰が答えられるのか…


    性について悩んでいる問題は誰にでもあって、
    問題の内容は人によって違うから、
    理解しあえたらいいなと思いました。

    自分勝手だけど、
    私も大好きな人と幸せなセックスがしたいです。

  • 図書館から。

全119件中 1 - 10件を表示

河合香織の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
水谷 修
村上 春樹
奥田 英朗
酒井 順子
金原 ひとみ
中野 独人
江國 香織
有効な右矢印 無効な右矢印

セックスボランティアに関連する談話室の質問

セックスボランティアを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

セックスボランティアを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

セックスボランティアを本棚に「積読」で登録しているひと

セックスボランティアの作品紹介

障害者だってやっぱり、恋愛したい。性欲もある。その思いを満たすための「性の介助」の現実とは?彼らの愛と性に迫るノンフィクションの意欲作。

セックスボランティアの文庫

セックスボランティアのKindle版

ツイートする