Life―パパは心の中にいる

  • 21人登録
  • 3.50評価
    • (2)
    • (3)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 飯島寛子
  • 新潮社 (2007年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (187ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104694518

Life―パパは心の中にいるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ☆$$期待通りでな無かったが、良書だとは思う。$$だが、純粋に面白いかといえば・・・。$$だが、著者の飾らない文体は好感を持てる。

  • 第一章 夏樹が残した大切なもの
    第二章 妻として、母として
    第三章 風に吹かれて
    あとがき

  • 飯島夏樹さんの奥さんが作者。本人の主張と家族から見た書き方の違いが感じられてよかったし、こういう本が読めるのは貴重だと思うが、やはり本人の本を先に読んでいたので、そこまでのインパクトはなかったかと思う。こういった内容の本にインパクトは必要ない気もするし、穏やかに読める1冊でよかった。

  • プロサーファーでガンで他界された飯島夏樹さんの奥さん、寛子さん。
    夏樹さんのドキュメンタリーは以前テレビで見ていたので
    少しは知っていたけど
    その後の、浮き沈みする気持ちの推移やお子さん達への対応等
    とても読みやすい文でつづられてます。

    天国に行っても、なお、夏樹さんの影響は、そこここにあって
    やっぱりそれが心の支えになっていて
    お子さん4人はパワフルだけど、それ以上に寛子さんもパワフルで
    みんなで支え合って、みんなで意識しあって
    ひとつの家族を作り上げているのがよくわかりました。

    夏樹さんがそこにいなくても、常にその存在を感じていける寛子さんは
    本当に素敵な女性だと思いました。

全5件中 1 - 5件を表示

飯島寛子の作品

Life―パパは心の中にいるはこんな本です

Life―パパは心の中にいるの文庫

ツイートする