東京公園

  • 521人登録
  • 3.58評価
    • (44)
    • (118)
    • (117)
    • (21)
    • (4)
  • 135レビュー
著者 : 小路幸也
  • 新潮社 (2006年10月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104718023

東京公園の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • タイトル通り、東京にあるあちらこちらの公園が登場\(^o^)/。
    カメラから覗く人間模様を通じて、主人公が辿り着く道( ´ ▽ ` )ノ。
    一眼レフを持ち歩き、週末公園巡りをしたくなる、そんなお話でしたU^ェ^U。

  • 映画を観たら原作が無性に読みたくなった。

    映画だけでは理解しきれなかった心の動きを原作を読む事で知りたかったってのが大きい。

    なので
    映画のイメージを引きずっての読書となる。



    主人公の設定は同じなのに名前は違う。(なぜに?)
    親の住んでる場所も違う。(許容範囲)
    ヒロの存在(映画で ああゆう立場にした意味が分からない。富永との関係をより深める為?)

    人妻との 関係は原作のほうが納得。(映画のが 分かりにくかった)

  • 小路幸也さんを読むなら「東京バンドワゴン」シリーズから!と勧められたのですが、こちらの方が断然好みでした(笑)  映画もぜひ観てみたいです♪

  • 誰もがぶつかる「やりたいことはなにか」に真摯に向き合う優しい話。個性的な登場人物に惹かれます。

  • 写真家をめざす大学生の圭司は、公園で偶然に出会った男性から、奇妙な依頼を受ける――「妻の百合香を尾行して写真を撮ってほしい」。砧公園、世田谷公園、和田堀公園、井の頭公園……幼い娘を連れて、都内の公園をめぐる百合香を、カメラ越しに見つめる圭司は、いつしか彼女に惹かれていくが。憧れが恋へと成長する直前の、せつなくてもどかしい気持ちを、8つの公園を舞台に描いた、瑞々しい青春小説。

  • 幼い娘と公園出かける妻を尾行して、写真を撮ってほしいとたのまれた圭司。

  • キャラクターが、良くかけていると思う。先日読んだ本よりわかりやすかった。カメラを通すと、人の心まで、見えるのだろうか。ふとそう思ってしまった。

  • ほんわかした、出てくる人が全員良い人。人ができてる人。いいカメラで、丁寧に写真撮りたくなった。

    ♬Galileo Galilei:青い栞

  • 期待ハズレ。ダメだ、草食系アート男子・・・。

  • 東京にはいい公園がいっぱいある
    大人〜

全135件中 1 - 10件を表示

小路幸也の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

東京公園を本棚に登録しているひと

東京公園を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

東京公園を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

東京公園を本棚に「積読」で登録しているひと

東京公園のKindle版

東京公園の文庫

ツイートする