ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶとき

  • 60人登録
  • 3.32評価
    • (1)
    • (8)
    • (15)
    • (0)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 森功
  • 新潮社 (2008年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104721023

ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶときの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 司法試験に合格することの大変さがいびつな自尊心を生むのだろうな。

  • うーん。
    むっちゃ読み辛かった。
    文体は平易なのだが、頭に入らない。こちらの脳みそが衰えているせいか。色々なエピソードを納めてはいるが、結局それで、と言う気がしてしょうがない。

  • 検察OBの弁護士のなかでも大物といわれる刑事弁護士たちの姿(実態)や隠れた事件の構図を描いたもの。もっと期待してたんだが、ふーんって感じの本で、「反転」の方がググッとくるものがあった。

  • ノンフィクションライターが綴る、「ヤメ検」の実情。司法の裏側を垣間見、正義と悪の微妙な関係性が辛辣に描かれている。

  • 田中森一や緒方重威ら被告となったヤメ検の事件や、防衛庁汚職などの事件の裏で動いたヤメ検のケースを例に、なぜヤメ検需要があり、また転落するのかを分析。また、関西と関東の土壌の違いも。

  • 帯から〜
    田中森一 東京・大阪両地検特捜部検事→石橋産業巨額手形詐欺で3年の懲役、9000万円詐欺事件で逮捕/緒方重威 仙台・広島両高等検察庁検事長、公安調査庁長官→朝鮮総連不動産4億8400万円詐欺事件で逮捕/豊嶋秀直 高松・福岡両高等検察庁検事長、公安調査庁長官→防衛省贈収賄事件「山田洋行」顧問弁護士/宗像紀夫 東京地検特捜部長、高松・名古屋高等検察庁検事長→福島県知事汚職事件収賄側弁護士/石川達紘 東京地検特捜部長、福岡・名古屋両高等検察庁検事長→福島県知事汚職事件贈賄側弁護士/則定衛 東京高等検察庁検事長→銀座ホステスとのスキャンダルで退官/大野敢 大阪地検特捜部副部長→和歌山県知事官製談合汚職事件弁護士/加納駿亮 福岡高等検察庁検事長→検察裏ガネ疑惑・・・・・・

    実は、私もある事件で絶大なるヤメ検の力を感じたことがある弁護士のひとりです。こんなんでいいのか!という感想を持ったものでした(詳細は話せませんが・・)

  • 勉強になった。
    もう1周する必要アリ。

全7件中 1 - 7件を表示

森功の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
落合博満
横山 秀夫
湊 かなえ
村上 春樹
冲方 丁
田中 森一
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶときを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶときの作品紹介

かつて巨悪を暴き「検察のエース」と呼ばれていた者たちが、退官後には一転して裏社会の代理人として古巣と対峙する-。彼らは「正義」を捨てたのか?驚愕のインサイドレポート。

ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶときはこんな本です

ヤメ検―司法エリートが利欲に転ぶときの文庫

ツイートする