僕の心の埋まらない空洞

  • 86人登録
  • 2.98評価
    • (2)
    • (6)
    • (23)
    • (9)
    • (1)
  • 18レビュー
著者 : 平山瑞穂
  • 新潮社 (2012年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104722044

僕の心の埋まらない空洞の感想・レビュー・書評

  • 愛妻家だと周囲から思われている検事が、ストーカー殺人の容疑者の供述に知らず知らず引き込まれていく。人間だれしも満たされない部分を持ってるということを描くための設定づくりがちょっと不自然だけれど、どんどん読まされる。特に容疑者の供述が身勝手でありながらなぜか筋が通っているという点に引き込まれていく。

    転勤を前に、突然盛り上がる女性事務次官への思いは、まさに満たされない欲求を埋めようとする行為。振り返ると、なんでそんなことをと思うようなことだ。気の迷いとはこんな風に進んでいくんだと、斜めから見ていて面白い。でも最後はあやふやに放り出される感じでちょっとモヤモヤするよ。

    わかる気がするような・・・話である。

  • 「人の気持ちになって」考えるのは、良いことばかりではない、影響されたくないものも、心の中に忍び込んでくるのだ。
    まるで、前から自分が考えていたかのように。
    ちょっと怖い。

  • 斬新なストーリー展開。読んでいてざわつくテーマだけど面白かった!
    彼も彼女も甘いんだよ、と思うけど、その甘さ加減も一種のコミュニケーションだとは知ってる。でも本でも現実でも、やっぱ好きになれないですこういうの。

    心の中の絶対に埋められない空白。
    埋められないことがわかっていながら、埋めたいという衝動を常にかき立てるうつろな裂け目。
    そういうものに気づいたとき、どう対処するのが正解なんだろうね。

    と、ネタバレしない程度の感想を言いましたが、個人的に、すごく称賛したいところは、不倫相手となった女性のずるさをものすごく丁寧に書いてるところ!
    そしてそのずるさは、不倫・浮気をした男性の言い分(言い訳ではない)を緻密に書くからこそ浮き彫りになるもので。
    不義理をした人やそれに荷担した人、ついでにストーカーしそうになったことある人にぜひ読んでほしい。これを読んで、そういう人たちの気持ちがわかった気がした。わかっていいことではないかもしれないけど。

  • いつまで経っても
    埋まらないわ~~
    男って!

  • 容疑者と検事の重なる部分が巧妙に書かれている。人間の中にある欲望というものは立場関係なくみんなにあるものなのかもしれない。

  • *栄転を目前にした検察官が最後に手がけた事件は、社内不倫の果ての殺人だった。故意なのか、それとも事故なのか。「検事さんにだけは本当のことを知ってもらいたい」と、恋の始まりから終わりまでをねっとり語る被告の言葉が、真面目な官吏のおだやかな毎日を少しずつむしばんでいく。思わず我が身を振り返る心理サスペンス長編*
    可もなく、不可もなく。ストーカーってこうなのね、と淡々と読み進んだ感じ。題名は巧いと思った。

  • 初めて手に取った作家さんの本。
    読んでる途中これを女性作家さんが書いたのは凄いなと感心してしまったけど、読み終えて調べたら男性でした。
    やはり、男性でないと書けないような内容だなと思います。
    浮気、不倫、ストーカーをし、果てに殺人まで犯してしまった被疑者の男の供述と、それを聞く検事。
    被疑者の男の身勝手な考え方、偏執的な語り口による自己正当化が不愉快だけど、引き込まれるものがありました。相手の女性はもっと取るべき態度があったようにも思いますが、被疑者目線だとこうなってしまうのかな。
    検事は栄転を控え、受け持ったこの被疑者の話に多少なり自分の過去を重ね、そして感化されていきます。
    男性には少なからずこういった感情があるものなのだろうか。
    内容が内容だけに不快感や嫌悪感を感じる人も多いかもしれませんが、女性として心理状態が興味深かったです。

  • 先日この作者の作品が気に入ったので借りてきてみたけど、うーん、いまいちおもしろくなかった。
    読みながら、これはどういうラストが待ってるんだろうと興味を持ったが、ああこんな感じなのね…っていう、ちょっとがっかり感。

  • 読物としては充分楽しめますが、いまいちピンとこないですな。

  • ストーカー男の独白と、それに影響されていく検事のお話が交互に出てきて、これが結構面白い。検事のイメージが読み始めと読み終わりだとだいぶ変わってしまった。すこーしずつ変わっていって、気づけばすっかり侵食されている感じ。でも、理路整然とした文章で、ストーカーの嫌らしさがあんまり出ないかなと思った。

  • ストーカーの心理がわかる小説!? ストーカーって\イヤだ絶対別れない!/って感情的になって話が通じないのかと思ったら、自分の中ではきちんと論理的に筋が通ってるのに相手がそれを理解してくれない…って考え方になるのね。あくまで自分の中で…であってこれ彼女にしてみたらそりゃおかしくなるよ…。長文メール攻撃とか耐えられない…。しかも彼女は彼女、妻は妻って身勝手すぎて腹が立つ!!!!男ってやつはなんて身勝手なんだ!!!!ちょっと男子!本当にこんな風に思うのか読んで感想聞かせてくれ!!でもなーだから別れても俺のこと好きだろうとか勘違いするのかなー。

  • 殺人犯の鳥越昇を取り調べている検事の荒城倫高.昇の自己撞着的な発言に何か共感を覚えて、しゃべらせるままにしている.倫高を取り巻く女性との関係が述べられているが、女性のお喋りのように結論がすっきりしないのがやや不満だ.

  • スートカーでつかまった男に聞き取りをする男の話
    微妙

  • 人ってぽっかりと穴が空いてて、その穴の深さとか、どうやったら埋まるか、とか人それぞれよねー、って友達と話してたことがある。ショッピングで80%埋まる人もいれば、30%くらいしか埋まらない人もいる。
    そういうのがこの検察官と鳥越の共有できる部分だったのかなぁ。
    分かるようで分からない、現実的なようで、非現実な感じがする。

  • 被疑者の供述と検事の物語が交互に語られる構成はなかなか面白かったけど、ちょっと湊かなえっぽい印象。

    それなりに一気に読みましたが、いかんせん共感ポイントがないのでのめり込み様がないのが残念。
    後味悪し。

  • 色んなジャンルを書く作家、平山瑞穂、今回は検事物です。

    2つの目線で話は進み、主人公の検事荒木倫高の不倫?物語。

    鳥越昇の供述による話でつながっていきます。

    ラストは若干う~~~んと感じてしまうが、やっぱり物理的な距離があるとキモチも離れるでしょう…。

  • 殺人事件の被疑者と彼を担当する検察官の物語。心理サスペンスって事になってますけど、被疑者の心理描写も検察官が被疑者に影響されていく様の描写も弱すぎで物足りず、とてもサスペンスとは呼べません。

全18件中 1 - 18件を表示

僕の心の埋まらない空洞を本棚に「読みたい」で登録しているひと

僕の心の埋まらない空洞を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

僕の心の埋まらない空洞を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

僕の心の埋まらない空洞を本棚に「積読」で登録しているひと

僕の心の埋まらない空洞はこんな本です

僕の心の埋まらない空洞のKindle版

ツイートする