甘い記憶―6 Sweet Memories

  • 301人登録
  • 3.08評価
    • (4)
    • (21)
    • (93)
    • (12)
    • (3)
  • 61レビュー
  • 新潮社 (2008年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (185ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104731510

甘い記憶―6 Sweet Memoriesの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 甘い記憶。6つのアンソロジー
    テーマはチョコレート。

    井上荒野(あれの)さんと江国香織さん目当てで借りました。
    (どちらもあまり読む機会がないので…)

    「ボサノバ」井上荒野
    文章がきれい。びっくりしちゃった。
    男性が描く恋愛(女性心理)ものは、時々うーん…て疑問に
    思うことがあるけど、女性が描く男性心理(それが間違っていたとしても)が
    しっくりくるのは、なぜだろう。
    (だからBLが成立するんだよね♪この作品はBLじゃないよ)

    “愛されていないことは知っていた。俺だって、愛してなどいないと思う。
    ただ会いたくなるのだ。それで携帯電話は、心臓と化した”で始まる。
    もうこれで私の心臓ずぎゅーん。

    「おそ夏のゆうぐれ」江国香織さん
    相変わらずの孤独節炸裂。
    なんだか読むと、いつも切なくなって、孤独になるんだよね。
    私の心がささくれ立つ。(だからあまり読まないようにしている)
    なんでだろう?

    チョコレートが出てくるけど、どれも甘くないような気がする。
    大人の恋?大人の愛?なのかな?
    大人なのに分からないぞ。

    「二度目の満月」野中柊さんもけっこう良かった。

    どの作家さんもあまり馴染みがないから
    入門編としてちょうどいいかも。

    読み終えるとチョコレート食べたくなって、ストックのチョコ食べちゃった♪

  • 井上荒野、江國香織、川上弘美、小手鞠るい、野中柊、吉川トリコによるチョコレートに纏わる恋愛短編集。

    元々は森永製菓が実施した「森永チョコレート カレ・ド・ショコラ」キャンペーンのプレゼント本に、加筆修正して単行本化したらしい。

    正直、江國さんと川上さん以外は初めて読んだけど、バレンタイン前に読むとより良いです。

    チョコレートと一緒にどうぞ。

  • 平均的にいい小説。
    「二度目の満月」がよかった。

  • チョコレートのキャンペーンから始まっただけあって、チョコが食べたくなる。そういう意味では成功かも。落ち着けば、食べなくても甘々なストーリーと描写でお腹いっぱい、胸やけしてしまうのだけれど。夢みがちな恋愛ものと僕の相性はあまり良くないようです。once in a blue moon(めったにないこと、特別なこと。ブルームーンとは、一ヶ月で二度目の満月のことらしい)って言葉を知れたことが一番良かったかな。

  • チョコレートは魅惑の食べ物だ。
    特に私はあまーいチョコレートが大好きである。


    この本には6つのチョコレートの話が入っている。
    大人なビター味もあるし
    こってりと濃厚なものもある。


    私は野中柊さんの話が一番好き。
    私の大好きなあまーいチョコに一番近い感じがするから。
    チョコレートはやっぱり甘くなくっちゃね。


    幸せな気持ちにさせてくれる
    チョコレートと小説は
    これからも私人生の必需品なのです。

  • 江國さんつながりで、図書館で借りた本。
    チョコレートがキーとして出てくる物語を集めている。
    チョコレートというと甘い話を想像するけれど、
    そればかりではなかった。

  • 読了日2013/06

  • (2016/12/6読了)
    これも先日読んだ「コイノカオリ」同様、井上荒野さんに触れてみるお試しで選んだ短編集。他に、好きな作家さんもいたし(川上弘美さん)
    井上荒野さんの話だけ、主人公が男性だった。私の井上荒野さんのイメージは、主人公は大人な女性なので、珍しく感じた。短期間で2作品読んで、井上荒野さん復帰の時期ではないと思った。
    吉川トリコさんの話以外は、大人の空気が流れている感じ。一番好きなのは、川上弘美さんの話。ハッピーエンドを匂わせているけど、そうじゃなくても良かったな。
    森永製菓のキャンペーンプレゼント本とのことで
    必ず、チョコレートが登場する。一番食べてみたいと思ったのは、野中柊さんの話のチョコレート。次は井上荒野さん。

    (内容・文庫版より)
    誰にだって、大人になるために忘れなければならなかったことがある。それでもなお、成長した心の奥底にひっそり残る記憶の欠片。それはふとした瞬間に浮かび上がり、胸の中のやわらかい場所に触れて、とうに大人になったはずの自分を困らせるのだ―。女性作家陣が描く、時を経て初めて味わうことができる感情。かつての不完全な思い出が、今の自分を完璧にする、甘美な6篇の物語。

    本書は森永製菓株式会社が2007年7月から2008年3月までの間で実施した「森永チョコレート カレ・ド・ショコラ」のキャンペーンのプレゼント本「ひとり時間にカレ・ド・ショコラ 6ショート・ストーリーズ」に加筆修正の上、単行本化したものです。


    (目次)
    井上荒野 ボサノバ
    江國香織 おそ夏のゆうぐれ
    川上弘美 金と銀
    小手鞠るい 湖の聖人
    野中柊 二度目の満月
    吉川トリコ 寄生妹

  • チョコレートに纏わるショートストーリー

    読みやすい。
    スラスラ読めちゃう、故にあまり記憶に残ったものもなくw

    今回は特に次に読みたい作家さんも発見できず、でした

  • するんと食べやすいチョコレートな、お話。
    短編集でいろんな作家さんの読み物が楽しめる。
    とっても美味しかった。
    どの作品も美味しかった。

全61件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
江國 香織
湊 かなえ
島本 理生
角田 光代
森見 登美彦
村上 春樹
東野 圭吾
有川 浩
唯川 恵
有川 浩
三浦 しをん
島本 理生
有川 浩
村上 春樹
有川 浩
角田 光代
江國 香織
東野 圭吾
石田 衣良
有川 浩
川上 未映子
有効な右矢印 無効な右矢印

甘い記憶―6 Sweet Memoriesを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

甘い記憶―6 Sweet Memoriesを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

甘い記憶―6 Sweet Memoriesを本棚に「積読」で登録しているひと

甘い記憶―6 Sweet Memoriesの作品紹介

切なく身を焦がす片思い。遠い日の恋の記憶。束の間の逢瀬。そばにあった温かなぬくもり。そして…。甘く、そしてほろ苦い。あなたをとろけさせる、ひとかけら。6つのチョコレート・ストーリーズ。

ツイートする