功利主義者の読書術

  • 222人登録
  • 3.30評価
    • (6)
    • (17)
    • (28)
    • (9)
    • (1)
  • 22レビュー
著者 : 佐藤優
  • 新潮社 (2009年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104752041

功利主義者の読書術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • だらだら時間つぶし読書派の私にとっては、このような読書方法もあるのか!とまさに目からウロコ。
    世界文学の名作、哲学書、宗教書をはじめ、タレント本や漫画まで縦横無尽にとりあげて、テーマごとに分類し、どのように「役に立てるか」という視点が興味深かった。
    とはいえ、石原真理子(『ふぞろいの秘密』)が論戦に勝つテクニックを念頭において書いた?綿矢りさ(『夢を与える』)が資本主義の本質を我々に示したかったのか?なんて考えると疑問ではあるけれど、あながち的外れな感じはしない。

    とにかく、佐藤優の膨大な読書数からセレクトされ、提示された本は、非常に新鮮であり、ぜひ読んでみたいと思い、せっかくなので、全て記しておこう。
    (☆付は今後読みたい本および漫画)

    資本主義の本質とは何か
     『資本論』カール・マルクス
     『うずまき』1~3巻 伊藤潤二 ☆(脱出不能なのろわれた町の話)
     『夢を与える』綿矢りさ
     『資本論に学ぶ』宇野弘蔵

    論戦に勝つテクニック
     『山椒魚戦争』カレル・チャペック ☆
     『ふぞろいな秘密』石原真理子
     『負け犬の遠吠え』酒井順子

    実践的恋愛術を伝授してくれる本
     『孤独の賭け』五味川純平
     『わが心は石にあらず』高橋和巳

    交渉の達人になるための参考書
     『北方領土交渉秘録』
     『カラマーゾフ兄弟』
     『カクテル・パーティ』大城立裕 ☆

    大不況時代を生き抜く智慧
     『恐慌論』宇野弘蔵
     『恐慌前夜』副島隆彦
     『経済学の国民的体系』
     『蟹工船』

    世直しの罠に嵌らないために
     『邪宗門』
     『歌集 常しへの道』
     『レッド』 ☆

    人間の本性を見抜くテクニック
     『長いお別れ』清水俊二訳/村上春樹訳
     『死と生きる 獄中哲学対話』

    沖縄問題の本質を知るための参考書
     『琉球王国』
     『テンペスト』

    再び超大国化を目論むロシアの行方
     『ソビエト帝国の最期』
     『イワン・デニーソヴィチの一日』
     『他者の受容』

    日本の閉塞状況を打破するための視点
     『はじめての唯識』多川俊映(春秋社) ☆
     『公共性の構造転換』
     『共同幻想論』
     『新訳聖書』

  • 読書を仕事にできる人って
    こういう人か
    と感心しつづけることになる

  • 相変わらずいかがわしく、ある意味変態的な知性を披露。何だろうか、、強度の高いものを求めて止まないこの性癖は。確かにこの著者、そういう意味で極めてネット社会的、つまり、ロシア的、中国的?

  • 佐藤優、尊敬。
    この人くらい読み込めるようになりたい…

    まずは、ここで勧められていた唯識の本から読んでみようかな。

  • タイトルに「功利主義者の」と掲げた理由について、佐藤氏はまえがきで「ビジネスパーソンや学生の役に立つということを第一義的に考えたから」と書いている。よって、初めから役に立つことを前提に作られているビジネス書や実用書は取り上げられておらず、どのような視点から読書をすれば、読書から得られた知識を自分の血肉とし、考えるための観点を鍛えることができるか、ということに重点が置かれている。

    その前提を踏み外すと、そもそもこの本自体が読めなくなる。その上で、取り上げた本をネタにして、随所に氏が他の著作でも触れているマルクス主義に関する立ち位置、日本の貧困社会に対する提言、国防に関する視座が含まれており、いわば書評の体裁を取った氏の「所信表明」と読める部分もあるので、気合を入れて向き合わないと、氏の見解に「飲み込まれる」可能性もある。
    その意味では、タイトルの「功利主義者の」はこのままでも妥当だが、後半は「解読法」と読み変えても良いのかもしれない。

    本来は娯楽の対象であるはずの小説からでさえ、氏は沖縄と日本政府の間の衝突や、人間に対する鋭いアンチテーゼを見出している(実際、取り上げられている小説はそういったテーマを表面からは分からない程度に内包している訳だが)。小説ぐらいはもう少し肩の力を抜いて読みたいな、と思う気持ちが自分にはあるので、その点を踏まえて☆は1つ減らしたが、読書から何を学ぶかを考えるための一つのアイデアとして、読むべき価値はあると思う。

  • む難しい・・・

  • 自分が本屋で見かけたら買いそうにもない書籍群でも佐藤先生の文書を見ていくと読んでみたくなります。
    翻訳ひとつで本に対する奥行きが変わることを教えてくれます。

  • 佐藤優氏がこれまでに読んできた本の中から、「役に立つ」という観点でいくつか紹介する本。突拍子もない主張により、トンデモ経済学者扱いを受けがちな副島隆彦氏のことを、「高度なインテリジェンスを駆使し、最悪情勢分析を行っている」と説明した部分は、著者ならではの慧眼だと思う。

  • もちろん糞尿は貨幣ではないが、貨幣は糞尿であることもある。カール・マルクス『資本論』

    資本は実体ではなく、人間と人間の関係が構築した出来事なのだ。

    資本主義がなぜ強いのかという内在的論理を掴んだ上で、資本主義の害毒を極力抑える混合経済とかケインズ経済政策に立ち返る。

  • 10/24朝活@栄の課題本でした。

    印象に残ったフレーズ
    ⇒人間の認識は、どうしても自分に都合がよくなるようにできている。こちら側が、50%譲ったつもりでいても、相手からすれば、49%の譲歩にとどまっているようにみえる。51%譲る腹を括ったところで、初めて相手もこちらが本気で譲歩していると認識する。ここから、交渉をまとめ上げようとする信頼と意欲が湧いてくるのだ。(p118)
    ⇒私たちが、ふつう、心の外に厳然として在るものを直接に知覚し認識していると思っている場合も、実はそれは自分の心の中に変貌した相分、つまり、心上に生じたそのものに似た影像にすぎないもので、それを、私たちは認識の対象としているというわけです。
    (p286)
    ⇒現在、自分が置かれている境遇は過去の様々な因縁から生じているので、いまどうあがいてもどうしようもない。この側面だけだけを強調することは諦めの勧めになる。しかしいまの行為を自分が改めるならば、現在とは異質な未来を作ることもできる。唯識には「希望の原理」が含まれている。(p291)
    ⇒見えないものを見えるようにする―言葉を紙に定着させることによって、おぼろげな形であっても、われわれは真実に触れることができる。真実について何らかの形で知る人の方が、知らない人よりも人生の選択が豊かになるというのが、功利主義者の発想である。

    本のタイトルから最初はノウハウ本かと思いきや、著者が取り上げていた本、漫画は一度も読んだことのない、難解なものばかりで、読了するのに挫折しそうでしたが、、、読み終わってみると、「蟹工船」や「死と共に生きる」など興味深く、読みたい本の一つとなりました。
    交渉術や閉塞感を打破する視点は、実際のビジネスにも転用できる要素が多く、なかなか入り込まなかったものも、人生のステージで自分にリンクした時に入ってくるのかなと思います。

全22件中 1 - 10件を表示

佐藤優の作品

功利主義者の読書術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

功利主義者の読書術のKindle版

功利主義者の読書術の文庫

ツイートする