世界中が雨だったら

  • 979人登録
  • 3.02評価
    • (28)
    • (85)
    • (370)
    • (87)
    • (20)
  • 167レビュー
著者 : 市川拓司
  • 新潮社 (2005年6月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104767014

世界中が雨だったらの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 本の表紙から抱いたイメージのまま読み始めたので、予想外の話の展開で驚きましたが、物語として面白かったです。
    市川さんらしい透明感のある雰囲気はありながらも、やはり怖さを感じる3つのお話。
    あまりにハラハラして一気に読み干しましたが、共通して切なさと重たい感情が残りました。

  • 「雨が降ったら軒先に逃げればいいんです」
    「では・・世界中が雨だったら?」

    いじめで自殺を図った少年の姉と、その同級生が交わした短い台詞。哀しくて、切なくて、あわいストーリーでした。

    友人に借りて読んでみました。ほぼ2日で完読。
    わりとサクッと読めました。
    短編3つ納められていたのですがどれもシュールでしたw


  • 消滅
    不安
    ・・・

  • ちょっと暗くて重かった。

  • 不思議と怖い感じはあまりしなかったな。

    不思議な感覚。

    リアリティーがあるのに、リアルな感じに受け止められなかった。

  • 高校生の頃、よく読んだ。それはきっと、どこか問題を抱えていて現実に目を向けるのが向き合うのが恐かったから。この本の主人公は、あの頃の僕だ。

  • 短編集。どのお話も深みがあって、とても読み応えがありました。死について考えさせられる一冊ですが、言葉の選び方が美しかったり、文章構成がおもしろかったりするので、そこまで暗い気持ちになることなく、読むことができました。

  • なんかもう怖くなりました。純愛ストーリーかと思ったら殺人・自殺物語。恋愛も含まれてますが狂気じみたそれに思わず一度は本を閉じました。

  • 市川拓司作品で一番好きかも。

  • 市川さんの作品にこんなに暗い(?)、湿った感じのものがあったなんて驚き。

全167件中 1 - 10件を表示

市川拓司の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

世界中が雨だったらを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

世界中が雨だったらのKindle版

世界中が雨だったらの文庫

ツイートする