まぼろし

  • 78人登録
  • 3.05評価
    • (3)
    • (5)
    • (27)
    • (7)
    • (1)
  • 15レビュー
著者 : 生田紗代
  • 新潮社 (2005年7月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (151ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784104775019

まぼろしの感想・レビュー・書評

  • 十八階ビジョン・・両親が旅行中の十八階のマンションっでの姉妹の生活が姉の言葉で語られている
    三か月で会社を辞めて戻ってきた姉としてはなんとなく居心地が悪く妹との会話も弾まない
    そんな毎日の中でなんとなくお互いが歩み寄るような感じで会話が成立していくのが面白い

    まぼろし・・高3の時には出て行った母が戻りたいと言っていると聞いた事で
    自分の小さい時に母の不満のはけ口でいつも愚痴を聞かされた事がよみがえってくる
    最初は許せないと思うのだがしだいにあの時の母の心情がわかるようになってくる
    子供の頃の自分と大人になってからの自分との考え方の変わりが緩やかに表現されている

  • 十八階ビジョン、まぼろし、両方とも胸をぎゅっとされた気分でした。
    こういう感覚に陥れる本は好きです。

  • なんだろ。
    特に大きな展開があるわけでもなく、
    ただただ、だらだら流れていく感じ。

    2つの物語がある。
    「十八階のビジョン」
    死ぬ思いをして就活をして入社した会社を4ヶ月で辞めてしまい、実家に戻った主人公。
    両親の旅行のため、妹と過ごす数日間の物語。
    なんというか、単純に帰る家があるということだけでしあわせなんだなぁと。
    「まぼろし」
    数年前に出て行った母親が戻ってくると聞いた主人公。そして母親との関係を回想していく。
    わかるなぁ~あの感じ。と思った。
    ずっしりきた。

    2つの物語に共通して思うことは、兄弟。
    同じ親を持つ者としての兄弟同士にしかわからないことってあると思う。仲がいい、悪いということ以前として。

  • 生田さんの本は図書館で見かけると絶対手にとっています。
    この本には短編が2つ入っていて、どちらの主人公も私より少し上の年齢。
    どちらもなんとなく人生に不安を抱えていたり、迷っていたりして…
    将来のことを悩む私にとって「あぁ、みんなもそういうことあるんだな」
    ってちょっと安心してしまいます。
    だからこそさんの本って読みたくなるのかも…。
    「十八階ビジョン」は、なんてことない話なのだけど、自分にも妹がいるので
    主人公と妹とのやり取りがなんだか感慨深かったです。
    表題作の方は、ラストがちょっとやりきれない感じでした。

  • 我慢するのが嫌になったから、耐えるのが嫌になったから、
    だから出て行ったんでしょう。

    それなのに、どうして

  • 「たとえば世界が無数にあるとして」がなかなかよかったので、他のも読んでみようかと。何年か前に読んだ「オアシス」に似ているなという感じ。家族関係が取りあげられているとことか。ところどころ最近のものに通じてる部分もあって、他にも何か作品あったら読んでみたいなとおもいました。

  • 淡々としていて、あんまりよくわからなかった。

  • どちらかというと同時収録の『18階ビジョン』の方が好きでした。2人きりの空間で干渉を避けながら、けれど仲よさそうに冷凍食品やホットケーキを食べて過ごす姉妹が好きでした。
    『まぼろし』は母を疎みながらも無視できない「私」の気持ちに共感できました。

  • うーん・・・この人がつくる主人公は、皆似過ぎてる。

  • 短編2作が収録してある中で、壮年前に家を出た母親が家に帰りたい・・ 『まぼろし』での、娘の言葉がいちいち胸をついた。

  • 「生命がある≠生きる」。彼女は一度死んだ。ゆっくり、ゆっくり、もう一度「生きる」ことを決意するまでのお話。彼女は、僕は、僕らは、何度だって生まれ変われる。(説教臭くはないよ)

  • 十八階ビジョンが好き。淡々としてるのに、胸を締め付けられた。

  • 何かで紹介されていたのを記憶していて図書館で借りた。
    家族がテーマなのだろうか?しかし特に大きな出来事があるわけでもなく、テーマがわからない。この本で読書感想文は書けないな。(2005.09.18)

全15件中 1 - 15件を表示

まぼろしを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

まぼろしはこんな本です

ツイートする