グリーン・マイル

  • 267人登録
  • 3.87評価
    • (41)
    • (38)
    • (57)
    • (1)
    • (0)
  • 42レビュー
制作 : Stephen King  白石 朗 
  • 新潮社 (2000年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (445ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105019044

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
フランツ・カフカ
ヘミングウェイ
スティーヴン キ...
東野 圭吾
村上 春樹
スティーヴン キ...
ヘルマン ヘッセ
有効な右矢印 無効な右矢印

グリーン・マイルの感想・レビュー・書評

  • 原作は知らなくても、映画ならきっと他に人もタイトルを聞いた事はあるかも知れない。
    色々な人が歩むグリーンマイルの意味をじっくりと考えさせられる。

  • ネズミかわゆし

  • 本当のやさしさとは、正義とは何か?
    人として生きるとは、死ぬとはどういうことなのか?
    洗練された文章で語りかけてくる。
    深い。

  • まず、最初は映画で観た。トム・ハンクス主演で泣ける話である。でも、本ではもっと深い内容になっていた。随分前に観た映画だから、忘れているのかもしれない。でも、もっともっと残酷な話だった。
    ミスタージングルス(ねずみ)が踏み潰された時と、ジョン・コーフィーの処刑の時は切なくてジーンと来た。トム・ハンクス演じるエッジコム主任(看守主任)が100才以上生きているのは、ジョン・コーフィの力だったのだが、長生きしても最愛の人々を亡くす悲しみが多い。どちらが良いのかわからない。

  • 感動の一冊
    処刑シーンは想像力のキャパシティを超え、とても映画は観れなかった、
    そういう意味でも感慨深い本

  • ときは大恐慌時代、アメリカ南部。コールド・マウンテン刑務所では死刑囚が最後に歩くリノリウム張りの通路を“グリーン・マイル”と呼んでいた。不思議な鼠と巨漢の黒人死刑囚をめぐる、奇跡と恐怖、癒しと救済の物語。

  • ジャンルSFでいいのかしらん?これも映画からはいったけど、もう泣くしかないっ ><
    主人公が無実だけど死にたがる気持ちが痛い ><

  •  グリーン・マイルを北に突き当たって右にある物置小屋の右側にオールド・スパーキーは鎮座している。双子の娘たちを強姦殺害して死刑を宣告され、途方にくれた人間がする表情を浮かべてやってきたジョン・コーフィはトラブルの種ではなさそうだ。けれども独居房で話をするコーフィの言葉は背筋に悪寒を走らせた。もとどおりにしようとしたけど手おくれでした。

  • 特殊な能力をもつ死刑囚と看守の交流物語。
    映画にもなりましたが、映画はかなりエピソードが削られているので、是非とも本を!

  • キング氏の作品を読むのは久しぶりです。
    っていうかあまり読んでないんですが…
    ミザリーは怖かった… 後はペットセメタリーは読んだなあ。(うちの猫に似てるんで)
    この方の本は結構の確立で映画化されてますね。
    この本は映画の方を見てはいないのですが先に知っていたのでトムハンクスの顔が読みながらちらついて苦笑してしまいました。

    読み終わって前書きを読まないで読み出したほうが良かったなあ…とちょっと後悔。先に小道具がわかってしまうのはちょっと寂しい。(まあ、あらすじは映画化された際色々報道されてたので大筋は知ってはいたのですが)自分は6冊あるこの作品は一冊づつ違うお話だと思ってました…
    ぐいぐいと先を読ませる語りは相変わらずすごいなあ、と思いました。それと現在の語り手が紡ぐ現在と過去の二つのストーリーどちらも次の展開が気になる、と言うところが見事。個人的には二人のヒロインが魅力的で良いなあ~と。その反面なんであんな悪人が出てこなきゃあならないのかな、と思うところも。(まあそうでないと話が始まりませんけど…)そういった悪人に今まで出会ってこなかったことに感謝しつつ、これからも出会わないことを祈ります。

    面白いとかそういう話ではないのですね、多分。奇跡、だと思います。闇の中にポッとともされた灯火。そんなお話だったと思います。

  • 映画を観て原作を読みたくて購入した本。初めて読んだキングの作品。キングのファンタジー小説。キングにのめり込むきっかけになった一冊。

  • ストーリテリングがうますぎる。

    思わず一気に読んでしまう作品です。

  • 人生は電気椅子へ。

  • 死刑囚が収監されるコールド・マウンテン刑務所Eブロックの廊下はライム・グリーンのリノリウム製だ。その廊下は電気椅子"オールド・スパーキー"に続く道でもある---看守主任だったポール・エッジコムは当時を回想する。元々は6冊に分けて出版された長編だが,続きが気になって一気読みせずにはいられない。

  • 最初は、薄っぺらい文庫が何冊も並んでいるのを見て「なんだこれ」って思ったのが始まり。手に取ったら「グリーン・マイル」って書いてあって、こんなに薄いんなら、1冊にすればいいじゃんって思ったのが第一感想。キングと初めて出会った。

    以下あらすじ。
    元死刑囚を収容する刑務所で働く主人公が昔を回想している。
    回想の中心にいる囚人は大男の黒人。彼は純粋で真っすぐで、悪意など全くない。そしてキリストのように病人を直すなどの奇跡の力を持っている。
    主人公は彼の罪が冤罪だと気がつくが…

    読み進めるのがもどかしくて、分冊であることの意図を奇しくも自ら身をもって体験しました。やきもきやきもき。
    死すべきでない者を殺さなければならない。しかもその相手は、全く悪人ではない。神の使いのように奇跡を起こす男だ。

    高校生の私は、やりきれない気持ちになりました。
    どうして殺されなければならないのか。
    悪ってなんだろう。一番苦しいのは誰だろう。

    分冊がまとめられて本になってたって知らなかった。
    何年振りかに読んでみようかな。

  • 自分が好きな映画の一つの原作です。
    やっぱり感動しました。

  • すごく感動した。人間のいい面と悪い面をうまく描けている。物語に出てくるジョン・コーフィーは触るだけでどんな病気も治せる不思議な力を持っていたが、ある事件がきっかけで死刑囚になってしまう。

  • すごく切なくて悲しいけど、感動するお話です。
    映画も見ましたが、本の方が細かい描写がされていて実感が湧いて良かったです。

  • ときは大恐慌時代、アメリカ南部。コールド・マウンテン刑務所では死刑囚が最後に歩くリノリウム張りの通路を“グリーン・マイル”と呼んでいた。不思議な鼠と巨漢の黒人死刑囚をめぐる、奇跡と恐怖、癒しと救済の物語。

  • ある男には死んだ人を生き返らせるという不思議な力を持っており、殺された少女を助けようと思ったら犯人に間違えられ囚人となる。しかし監獄生活の中で、本当はとても優しい心を持った人だと気づく。こんなやさしい心を持った人が、罪がないのにもかかわらず死刑されるシーンには悲しい気持ちになった。映画も何回も見たし、とても好きな作品です。見たことのない人には、是非一度見てもらいたいと思った。

  • この本はDVDを見てから読みました。
    すごく大好きな映画のひとつです!
    主人公ジョンコ‐フィーはすごい力を持っている。
    けど、無実の罪をきせられ死刑になってしまう。。。
    すごく泣けます。

  • この本はジョンコーフィーという囚人の奇跡の物語。
    ジョンは死んだ者を生き返らせたり、病気を自分に取り込んで直したりする力がある。殺された少女達を助けようとして殺人犯に間違われてしまうという話。この純粋な心をもったジョンコーフィーが死刑になるまでの奇跡の話がとてもよくて最後の死刑のシーンが悔しい気持ちで一杯で泣けました。あり得ない話だけど有り得そうでとてもいい本でした。

  • ジョン・コーフィーという名前をなぜか忘れられない

  • 主人公のジョン・コーフィーは死刑囚である。彼は何者かに殺された2人の子供を助けようとしていた、だが、犯人だと間違えれ刑務所に連れてこられてしまった。彼にはすごい能力があり病人や死にかけていたネズミなどを助ける。本当はやさしくていい人だと分かりました。そんな彼が死刑になってしまうなんて。この本を読んだ事のない人がいたら読んでもらいたいです。

全42件中 1 - 25件を表示

グリーン・マイルに関連するまとめ

グリーン・マイルを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

グリーン・マイルを本棚に「積読」で登録しているひと

グリーン・マイルのペーパーバック

ツイートする