ハリネズミの願い

  • 970人登録
  • 2.98評価
    • (15)
    • (46)
    • (82)
    • (50)
    • (15)
  • 110レビュー
制作 : Toon Tellegen  長山 さき 
  • 新潮社 (2016年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105069919

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
森 絵都
又吉 直樹
平野 啓一郎
辻村 深月
塩田 武士
カズオ イシグロ
三浦 しをん
西 加奈子
ミック・ジャクソ...
ロビン・スローン
川上 未映子
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリネズミの願いの感想・レビュー・書評

  • 自分に自信がないハリネズミ。突然みんなを自宅に招待しようと思い立つ。せっかく書いた招待状を出さないまま、もしみんなが訪問してきたら…妄想と不安は広がっていく……。

    久しぶりに苦戦した読書だった。
    人を招待するのって難しい。部屋を綺麗にするのはもちろん、お菓子の用意から食器を選び、座ってもらう位置、会話の内容、考えただけで緊張する…だから訪問を不安に思うハリネズミくんの気持ちよくわかる。だけど、ちょっと妄想が長いよ。1章が短いとはいえ、59章…。

    カメさんとカタツムリさんの章はよかった。そこが1番言いたかった事なんだろうな。訪問するとかしないとかじゃなくて気の合う友達がひとりでもいればいい。私の友達ならスイートポテトとポテトチップスがあればそれだけで1日楽しく過ごせる(*≧艸≦)

    ハリネズミのただ可愛い話ではない。内容はちょっと哲学っぽいところがある。とにかく長い。それを踏まえた上で読んだら楽しく読めると思います。

  • オランダ人作家による、大人向けの絵本小説。
    とある一匹のハリネズミが自宅に森の動物たちを招待しようと手紙をしたためる。

    どうか遊びに来てください。ーーでもやっぱり、だれも来なくても大丈夫です。

    矛盾しているようだが、私にはまさにこのハリネズミのジレンマというやつが分かってしまった。
    かまって欲しいけど、かまわれると嫌になる。
    愛して欲しいけど、愛されると重く感じる。
    卑屈で、自意識過剰で、被害妄想のはげしいハリネズミの脳内では次から次へと動物たちが彼の元に訪問してくるが、そっけなくあしらってしまったり、しどもどともれなく気まずい雰囲気になってしまう。
    仲良くなりたいのに、なれない。
    自分以外の者を追い出し、自分の殻に閉じこもり、ひとりぼっちになることは、とても安全なことだ。
    孤独と絶望は、とても心地いいのだ。
    でもそれじゃいけないことは分かっているけれど……というネガティブループが延々と繰り返されています。
    ちょっと長すぎでは?さすがにいい加減イライラしてきた、なんて思ってしまったけれど、だからこそ最後の章のあっけないほどの端的な希望には驚かされたし救われた。
    そうだ、こんな簡単なことなんだ。ただ、ほんのわずかの勇気があればいい。
    コンプレックスはコンプレックスであると同時に、個性でも誇りでもある。
    どれだけ優柔不断に迷い迷っても、自信がなくても、それだけは確かなこと。
    自分の子供にも、そういう風に人間関係について教えていけたら素敵だなと思えました。

  • 【親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなを僕の家に招待します。……でも誰も来なくてもだいじょうぶです。
    ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたつ。さっそく招待状を書き始めるが、手紙を送る勇気が出ない。もしクマがきたら? カエルがきたら? フクロウがきたら? ――臆病で気難しいハリネズミに友だちはできるのか? オランダで最も敬愛される作家による大人のための物語。】

    寓話、なのだけど、道徳的教訓のようなものはなく、ただただハリネズミの妄想がグルグルと描かれている。

    ああなったらどうしよう、こうなったらどうしよう、そしたらああなって、こうなって、ああなるかもしれないし、こうなるかもしれないし…、ああ、それはイヤだなあ、それは困るなあ、じゃあやっぱりやめよう、とか。みんなは僕のハリのことをどう思うかな、ああ思ってるんだろうな、こう思ってるんだろうな、とか。
    そうして手紙は何度も書き直されたり、なにか付け加えられたりして、引き出しにしまわれたまま、けして出されることはない。ハリネズミも結局また毛布をかぶってベッドの下に隠れる。だけど最後には何か大切なことがわかったような、わからないような…。

    ハリネズミがネガティヴすぎて可笑しい。あまりにネガティヴで呆れてしまうんだけど、わかるなぁって、全面的に共感。ハリネズミは私だ!私はハリネズミだ!
    途中途中に登場するカメとカタツムリも忘れてはいけない。彼らのエンドレスな言争い(?というかカタツムリが一方的に怒って言いがかりをつけてるんだけど)は、もはや出口のない共依存関係。まるでベケット演劇のよう。完全にブラックユーモアなんだけど、いやになるくらいリアルで笑っちゃう。

    出版社ホームページによると、「いかにも内気そうな、ちょっと上目使いでこちらをじっと見ているハリネズミは、祖敷大輔さんが描いてくださった日本版オリジナル」とのこと。このイラストがなんとも可愛らしい。この子じゃなかったら、ハリネズミのことをもっと「ウザい」と思ってしまいそう。挿絵はぜんぶで12枚で、個人的にはいちばん最後のリスといっしょのハリネズミがベスト。もう、この子たちときたら!

  • 本屋大賞翻訳小説部門に選ばれた話題の本。
    図書館で予約、5ヶ月待ってやっと回ってきた!

    他の動物を家に招待したいハリネズミ、ネガティヴだし色々考えすぎちゃう。動物たちが訪問してくることを本当に望んでいるのかも分からない始末。
    ハリネズミの頭の中でたくさんの動物が訪問してくるけど、結局は招待状を出すか迷ってるいつもの孤独な場面に戻ってくる。

    物語に波がなく、淡々と続く文章、でもその中に何か深いものを感じる。
    ハリネズミが自分のコンプレックスと向き合ったり、先のことを考えすぎて動けなくなる感じは、ちょっと自分と重なったかなー。

    可愛らしい表紙や挿絵とは裏腹に、哲学的な要素もあり、何か難しい本だった。

  • ★親愛なる読書家たちへ。感想を書きました。でも、だれも「いいね!」を入れてくれなくてもだいじょうぶです。★

    臆病で孤独なハリネズミは、何のためにどうぶつたちを家に招待しようと思ったのだろう?
    例えば、友達がほしいのなら、自分の家(内)に呼ぼうとしないで、自分が外に出ればいい。結局、招待することが目的で、相手のことなど見えていないのだ。

    そもそも自分を曲げてまで相手に気に入られる必要はないし、無理してつながり合う必要はない。

    最後の訪問も妄想だったと私は思います。
    考え方次第で楽しく幸せに生きていける、ということかな。

  • ほんとに不思議。息がしやすくなるんです。ほのぼのとほくほくと。小さなことから進めばいいなって思えるのです。

  • ハリネズミの頭によぎる不安と実際に動物たちと会った話の区別が分かりにくかった。1章あたりの話はそれほど長くはないけれど、これが60章近く続くのは大変…
    もう少し短くても良いと感じた。

  • 誰かを自分の家に招待したいけど、実際に誰かがやってきたら楽しんでもらえるだろうか、といろいろ不安にかられるハリネズミ。招待する前からあれこれ妄想が膨らみ悶々とする姿が可愛らしい。とことんネガティブだけど親しみがもてる。そんなハリネズミにも、最後には素敵な訪問者が訪れる。ほっこり温かい話だった。

  • 私は悩む人間だ。
    「考えないで」と言われる。
    考えすぎて不安で動けなくなる。
    同じことをぐるぐる考えて
    苦しんでいると自分でもわかっている。
    考えてはいけないのか。
    考えているだけになるからだめなのか。
    私がいけないのか。でも
    考えるのが私だとも感じるのだ。


    『ハリネズミのねがい』の主人公のハリネズミは
    家に誰かを招待したいと願う。
    けれども「もしも○○が訪ねてきたら、
    こうなるかもああなるかも何を話せばいいか。
    どうもてなしたらいいか」と、考えはじめて
    不安にかられて、招待状を出せない。

    私とよく似ている。

    ハリネズミは、
    自分の「ハリ」のことで悩み、嫌いになる。
    でも「ハリ」なしでは自分ではないのもよくわかっている。
    「ハリ」を含めて自分を受け入れてもらいたい。
    自分を好きになりたい。

    人と関わるには、
    傷ついたり傷つけたり、
    疲れたり疲れさせたりする。
    「ひとり」いいやと思いたくなるけれど、
    さみしい。

    いつか自然に「友人」が訪ねてきてくれたら、
    いつか自然に「友人」を訪ねていけたら、
    そんな思いにさせてくれる大人の童話。

    この本がよく売れているということは、
    世の中にはこんなに考えすぎて、
    悩んでしまう人が多いということか。
    そう考えると少し心が軽くなる。

    考えるのをやめようと思うけど、
    やっぱり考えてしまう。

  • 自分のハリが大嫌いなハリネズミ。‘臆病で気難しいあなたのための物語’に興味を持ちました。

    いくら手紙を書いてもそれを出さなければ相手には何も伝わりません。出せない臆病な気持ちはわかり過ぎるほどわかりますが、自分から何もしなければ周りが変わる事もないと。気難しいという事も他人からはわがままにしか見えないかもしれませんし。

    最後の最後にリスはなぜ訪ねて来てくれたのでしょう?リスはただなんとなく、だれか訪ねて来たらハリネズミが喜ぶかと思ったからと言っていましたが。
    リスと過ごした‘時間が止まればいいのに’と思えるほどの気持ちや、リスからの手紙の「また会おうね!」の言葉を忘れずに。二人はいつか親友になれるといいですね。
    たくさんいる友達も大切だけれど一人の親友も大切。煩わしさを我慢してまで社交的になるのも辛いですが、ずっと孤独でいるのも寂しいです。ハリネズミのジレンマですね。

  • ハリネズミには逢いたい人がいます。
    逢えない人がいます。

    自分のはりがコンプレックスです。
    皆を傷つけてしまうのではないかと心配です。

    ハリネズミをムーミン谷に住まわせてやりたい。
    あそこなら、幸せに暮らせそうだし。
    なんて思いながら読んでました。

    臆病で気難しいあなたが、いつかリスにあえますように。

  • 「友達が欲しい」のでなはく、「友達らしい相手はいても、誘えない」という心理はどこか現代的。私は大共感でした。

    親密な触れ合いへのあこがれと、それを行動に移すことの間に横たわる大きなギャップ。「現実」がもつ生々しい手触り、無限のリスクを考えなくて済むならどんなに楽しいだろう。自分にハリがあるとわかっているのならなおさら。

    最後は出来過ぎかもしれないけれど、しみじみとしていて好きです。結局手紙出してみんなきてくれてよかったね、みたいな結末でなくてホッとしたー。

  • 表紙の可愛さに惹かれて購入。
    招待状に別に来なくても構わないことを書いてしまうところが最初は相手への謙遜なのかと思っていたが、読んでいるうちに本当にそう思っていることがわかってきた。

    妄想ばかり続いていったいいつになったら手紙を出すのか?と初めの方は思っていたが、半分くらいまで呼んでスタンスが変わらないのをみてこれはひょっとすると最後まで出さない上に始終妄想に終わるのでは?と感じたので開き直り妄想を楽しむことにした。

    ストーリーはほぼ、ハリネズミの妄想を読まされているので単調に感じるが、言葉自体が実態を持って動き始めたりする描写は面白い。
    哲学的要素もほんのりとあってどういう意味だろう?
    と一人でアレコレ考えることもできて楽しい。

  • これは好みが完全に分かれる本だなと思う。自分の家に動物みんなを招待したいけれど、自分に自信がないハリネズミはみんなが来てくれない、来ても楽しんでくれない、二度と来ないかも・・・などと色んな「妄想」をして結局その日が終わるのだ。これだけ妄想できる力があるなら十分1人(1匹)で生きていけるよとツッコミたくなる反面、そうだよな悪い結果が出て傷つきたくないんだよなと共感する部分もある。この妄想がずっと続くことに多少飽きてしまうときもあったが、時々哲学めいた言葉を発するので侮れない。ラストは気持ちが温かくなるのだが、招待されたわけではないけどラストに到着するのに時間がかかったよ、ハリネズミ。

  • お友達いない、遊びに来て欲しいんだけど、来てほしくない。心配で心配でしょうがないんだね、呼んでも誰も来ないかも、来ても面白くないかも、結局一人の方がいい。でも来てくれたら楽しかったでしょ。とにかくやってみよ。それから心配しても遅くはないんだから。

  • 2017/8/15読了。
    申し訳ないのだけど、この作品の良さが全くわからない。
    永遠に続く妄想の中の世界が細切れに何十も。
    ほとんどストーリーなんて頭に入って来ず、ハリネズミの卑屈さに疲弊する。
    どこがかわれて話題になったのか…

  • とてもフィクションには思えない。モデルがいるのではないか、と思わせるくらい人間味のある動物たちが勢ぞろい。動物を思い浮かべながらも、いつのまにかその動物の顔が知り合いの顔にすり替わってしまうくらい、生々しい人間くささ。自分のペースのサイ、相手を意に介さないビーバー、似ているようで違うスズメバチ、などなど。頭のなかで、ぐるぐる、ぐるぐる不安が大きくなってしまう人は、読んでみるとおもしろいかも。

  • うーん。

    心が少しへこんでいるときに、ちょっと帯に惹かれて購入したのですが、

    何だろう。翻訳だからかなぁ、言葉がしっかりしっくりくる感じがしなくて、

    その違和感抱えたまま読み終わってしまった感じです。

    多分気分に合っていなかったんだろうな。いつか読み直せたら良いなと思う。

  • ちょっと長いけど、1章づつ毎日子供に読み聞かせてあげるととても素敵だと思う。

  • 行動あるのみだ!ハリネズミ!

  • この(著者の)想像力には感服しました。
    きっとあれこれイソップなり、多くの童話や西洋文学が根底にあるので、それらの理解があると、もっと面白く読めるんでしょうね。

  • かわいい挿絵にまどわされぬよう。これは心あたたまる感動の物語ではなく、言葉あそび、ひとりあそびを楽しむ本。

  • 針ねずみの題名から、自己の存在を考えさせる伏線が入った逸話話を想像して読んでしまったが、そんな考え自体が浅はかで、もっと素直に出てくる動物の個性を楽しんで読むべき作品でした。 次回読む際は素直に読みたいです。

全110件中 1 - 25件を表示

ハリネズミの願いを本棚に登録しているひと

ハリネズミの願いを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハリネズミの願いを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハリネズミの願いの作品紹介

親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなをぼくの家に招待します。……でも、誰も来なくてもだいじょうぶです。ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたつ。さっそく招待状を書き始めるが、手紙を送る勇気が出ない。もしクマがきたら? カエルがきたら? フクロウがきたら? ――臆病で気難しいハリネズミに友だちはできるのか? オランダで最も敬愛される作家による大人のための物語。

ハリネズミの願いのKindle版

ツイートする