ハリネズミの願い

  • 871人登録
  • 2.99評価
    • (13)
    • (41)
    • (73)
    • (40)
    • (14)
  • 92レビュー
制作 : Toon Tellegen  長山 さき 
  • 新潮社 (2016年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105069919

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
原田 マハ
ロビン・スローン
辻村 深月
森 絵都
恩田 陸
いしい しんじ
村田 沙耶香
平野 啓一郎
ガブリエル・ゼヴ...
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハリネズミの願いの感想・レビュー・書評

  • オランダ人作家による、大人向けの絵本小説。
    とある一匹のハリネズミが自宅に森の動物たちを招待しようと手紙をしたためる。

    どうか遊びに来てください。ーーでもやっぱり、だれも来なくても大丈夫です。

    矛盾しているようだが、私にはまさにこのハリネズミのジレンマというやつが分かってしまった。
    かまって欲しいけど、かまわれると嫌になる。
    愛して欲しいけど、愛されると重く感じる。
    卑屈で、自意識過剰で、被害妄想のはげしいハリネズミの脳内では次から次へと動物たちが彼の元に訪問してくるが、そっけなくあしらってしまったり、しどもどともれなく気まずい雰囲気になってしまう。
    仲良くなりたいのに、なれない。
    自分以外の者を追い出し、自分の殻に閉じこもり、ひとりぼっちになることは、とても安全なことだ。
    孤独と絶望は、とても心地いいのだ。
    でもそれじゃいけないことは分かっているけれど……というネガティブループが延々と繰り返されています。
    ちょっと長すぎでは?さすがにいい加減イライラしてきた、なんて思ってしまったけれど、だからこそ最後の章のあっけないほどの端的な希望には驚かされたし救われた。
    そうだ、こんな簡単なことなんだ。ただ、ほんのわずかの勇気があればいい。
    コンプレックスはコンプレックスであると同時に、個性でも誇りでもある。
    どれだけ優柔不断に迷い迷っても、自信がなくても、それだけは確かなこと。
    自分の子供にも、そういう風に人間関係について教えていけたら素敵だなと思えました。

  • 閉じこもりがちがハリネズミが、皆に招待状を書くことを思いついた。手紙を書くが、引出にしまってしまう。そして、誰かが来たときのことをいろいろ想像して、思い悩む。
    人と交流したいが、付き合いの煩わしさや、自身のコンプレックスなどから、外に出るのを二の足を踏む姿を描いているようです。哲学的な分かりにくい内面を描いていますが、理解しにくい部分が多かったです。
    最初に方に、手紙を出すのを思いとどまったときに、「いまはまだ」という言葉が出てきて、「いまは」は時々不安げに周りを見回していた。「まだ」は規則正しいステップを踏んでまわっていた。突然、ドアが開き、「当分が」入ってきた。などの表現があります。こういうのが好きな人は、楽しく読めそうです。

  • 本屋大賞翻訳小説部門に選ばれた話題の本。
    図書館で予約、5ヶ月待ってやっと回ってきた!

    他の動物を家に招待したいハリネズミ、ネガティヴだし色々考えすぎちゃう。動物たちが訪問してくることを本当に望んでいるのかも分からない始末。
    ハリネズミの頭の中でたくさんの動物が訪問してくるけど、結局は招待状を出すか迷ってるいつもの孤独な場面に戻ってくる。

    物語に波がなく、淡々と続く文章、でもその中に何か深いものを感じる。
    ハリネズミが自分のコンプレックスと向き合ったり、先のことを考えすぎて動けなくなる感じは、ちょっと自分と重なったかなー。

    可愛らしい表紙や挿絵とは裏腹に、何か難しい本だった。

  • 表紙がとてもかわいい。

  • 話題になっていた本で、わかるかも共感できるかも…と手に取る。

    考え過ぎな点、防衛的、心配性なところ、わかる。…が、冗長すぎないか?
    読み物としては、退屈になってくる。
    もっと短く絵本並みにシンプルにした方がグッとくるかも。

    友達の定義や範囲、付き合い方は人それぞれ。
    ハリネズミは考え過ぎだからこそ、幸せを人一倍かみしめられるのかもしれない。

  • ★親愛なる読書家たちへ。感想を書きました。でも、だれも「いいね!」を入れてくれなくてもだいじょうぶです。★

    臆病で孤独なハリネズミは、何のためにどうぶつたちを家に招待しようと思ったのだろう?
    例えば、友達がほしいのなら、自分の家(内)に呼ぼうとしないで、自分が外に出ればいい。結局、招待することが目的で、相手のことなど見えていないのだ。

    そもそも自分を曲げてまで相手に気に入られる必要はないし、無理してつながり合う必要はない。

    最後の訪問も妄想だったと私は思います。
    考え方次第で楽しく幸せに生きていける、ということかな。

  • ハリネズミの頭によぎる不安と実際に動物たちと会った話の区別が分かりにくかった。1章あたりの話はそれほど長くはないけれど、これが60章近く続くのは大変…
    もう少し短くても良いと感じた。

  • うーむ、読む前から内容がわかっちゃうわりには冗長。絵本くらいのボリュームで十分なのではないのかな。

  • 誰かを自分の家に招待したいけど、実際に誰かがやってきたら楽しんでもらえるだろうか、といろいろ不安にかられるハリネズミ。招待する前からあれこれ妄想が膨らみ悶々とする姿が可愛らしい。とことんネガティブだけど親しみがもてる。そんなハリネズミにも、最後には素敵な訪問者が訪れる。ほっこり温かい話だった。

  • 図書館本である。
    何やら結構話題になっているのと図書館でも予約がいっぱいだったのでどんだけ面白い本なのかと思って借りた。
    コレだけ人気の本なので正直言ってよいかどうか迷いますが言っちゃう。
    尋常じゃないくらいつまらない。
    なんだこのつまらなさは。
    もう3行読んでわかったよ、つまらないって。
    よく最後まで頑張って読んだと自分を褒めてあげたいくらい。
    コレが世界中でベストセラーなの?
    何だろう?このつまらなさは。
    訳のせいなのかな?
    それとも元からか?
    とにかくビックリするくらいつまらなかった。

  • 誰かに訪ねてきてほしい,でも。

    ハリネズミが,どうぶつたちを招待しようと手紙を書こうとする。いざ招待する相手を考えて色々思いめぐらすと,怖くなってやはり止めてしまう,でも……という話の繰り返し。

    最初はどうとらえていいのか戸惑ったし,延々と悩み続けるハリネズミにイライラも感じた。でも,次第にハリネズミは自分のことかもしれないと考え始めた。ハリがあるから,みんなに嫌われるかもしれない,でも自分が自分なのはハリがあるからで,ハリのない自分は考えられない。一人はさびしいけれど,誰かといると気を使ってしまうし,相手がいるということは想像通りに進むはずがないということ。そう思えば不安になって,楽しいはずの招待も恐怖だけしか感じられない。ハリネズミは私なのかもしれない。

    最後に予期せぬリスの訪問を受けたハリネズミが,その訪問を楽しめたことに救いを感じた。色々考えてしまうけど,きっと世の中はうまくいくのだ,と。

  • フシギちゃんな、愛すべきハリネズミ。
    これは哲学書?なんだろうな。

    さらさら読める割に深い。深すぎる。

  • 私は悩む人間だ。
    「考えないで」と言われる。
    考えすぎて不安で動けなくなる。
    同じことをぐるぐる考えて
    苦しんでいると自分でもわかっている。
    考えてはいけないのか。
    考えているだけになるからだめなのか。
    私がいけないのか。でも
    考えるのが私だとも感じるのだ。


    『ハリネズミのねがい』の主人公のハリネズミは
    家に誰かを招待したいと願う。
    けれども「もしも○○が訪ねてきたら、
    こうなるかもああなるかも何を話せばいいか。
    どうもてなしたらいいか」と、考えはじめて
    不安にかられて、招待状を出せない。

    私とよく似ている。

    ハリネズミは、
    自分の「ハリ」のことで悩み、嫌いになる。
    でも「ハリ」なしでは自分ではないのもよくわかっている。
    「ハリ」を含めて自分を受け入れてもらいたい。
    自分を好きになりたい。

    人と関わるには、
    傷ついたり傷つけたり、
    疲れたり疲れさせたりする。
    「ひとり」いいやと思いたくなるけれど、
    さみしい。

    いつか自然に「友人」が訪ねてきてくれたら、
    いつか自然に「友人」を訪ねていけたら、
    そんな思いにさせてくれる大人の童話。

    この本がよく売れているということは、
    世の中にはこんなに考えすぎて、
    悩んでしまう人が多いということか。
    そう考えると少し心が軽くなる。

    考えるのをやめようと思うけど、
    やっぱり考えてしまう。

  • 誰かを招待しようとしたハリネズミ。書いた手紙は、「キミたちみんなを招待します。でも、だれも来なくてもだいじょうぶです。」それから、手紙を引き出しにしまうと、もし来客が来たら…と悪い想像を始めます。
    ハリネズミの想像、妄想に可愛さとおかしさを感じながらも、自分はどうだろうと問いかけながら読み進められる哲学的な物語。
    一章ごとに様々な動物が(妄想内で)ハリネズミ宅を訪問する形式なので、すいすい読みやすい。
    きっと、その時の自分の心境や環境で読み方が変わると思う。
    今回はカメとカタツムリ、ラストのリスのシーンが印象深かった。
    迷わずにはいられないというハリネズミの言葉も自分を言い当てられた気がしてうっときた。

    2017本屋大賞翻訳小説部門1位

  • 読み終わったと同時に本屋大賞翻訳部門で受賞した。もっと簡単にして絵本にもなったらいいね。

  • 寓話的な児童書と思って読み始めてみたが、とても子供向けの内容ではない。
    孤独を感じるハリネズミが、様々な動物が遊びに来ることをひたすら想像する。しかし、その動物たちはみな奇想天外なふるまいをしハリネズミを戸惑わせる。

    考えるだけで(悪い想像をして)行動できない辛さ、孤独と本当に求めているものに気づけないこと、色々感じ方はあるがいずれにしろシュールな物語。
    仄かに温かみがあるラストは気持ち良い。

  • 本屋大賞翻訳部門受賞、ハリネズミのかわいらしい表紙と色合いに惹かれ手に取ったが、中身は自分に自信のない臆病で孤独なハリネズミの超ネガティヴな妄想が延々と続く。はじめは、いるいるこんなヤツ!とクスッと笑えていたけど、次第に飽きるほど…。何とか読了し、最後に訳者のあとがきを読むと、テレヘンさんがステキな方で、この本に対する気持ちがガラッと変わってしまった。赤と白のタコ糸で綴じられたカレンダーが見たいっ‼︎

  • 考えすぎると、悪い方向ばかりが頭によぎりよくない結果を招いてしまう。マイナス思考で自信のなさが故の行動であり、この物語の主人公のハリネズミも他人事には思えなかった。
    この思考を誰もが知ってる動物の特徴を引き出して、愛らしい表現に仕上げている。客観的にみると、これはおかしな行動であることに気づかされる。
    マイナス思考と自信のなさからよい選択は生まれない。マイナス思考に陥ることなく、後悔のない選択をしていかないといけない。

  • [三葛館 一般 949.3||TE]

    「親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなをぼくの家に招待します。……でも、誰も来なくてもだいじょうぶです。」
    自分のハリが大嫌いで、他の動物と上手く付き合えないハリネズミ。誰かを家に招待しようと手紙を書くも「もしも…」を思って、やっぱり出せない。そんな孤独で臆病なハリネズミの様々な妄想が、短い話でまとめられています。
    心配性なハリネズミを微笑ましく読んでるうち、あまりの考え込み過ぎに思わず「もう!」と思ってしまいますが、ハリネズミの臆病さに切なくもなる話です。
    ゆったりと読むのがオススメな、笑ってちょっと刺さる大人の童話です。

    (ぶどう)

    和医大図書館ではココ → http://opac.wakayama-med.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=88826

  • 本屋大賞第2位ってなんで?~森の中の一軒家に暮らすハリネズミはすべての動物に招待状を書いたが心配性で出せず、来たらどうなるか想像する~ 印象的なのはカメとカタツムリのコンビ、バイソン、象、アリ、キクイムシ、リス、クジラだけど、途中で別の想像が広がって話が入ってこない。全体が52に分かれているのは休暇中に娘のために書いて週代わりのカレンダーに仕立てた為らしい。ま、それが判れば納得できるが、書店員は先に解説乃至あとがきから読むのだろうか。そうする人が多いのは知っているが、私はちっとも楽しくなかった。好きじゃない

  • カタツムリとカメの関係がよかったです。

  • 引っ込み思案で心配性のハリネズミ,リスが来てくれて本当に良かった.登場するたくさんの生き物たちの愉快な会話に,うーんそんな感じかもととても面白く読み進め,特に何度も登場するカメとカタツムリのコンビはお気に入りになりました.カメさんいいですねー.そして挿画の祖敷大輔さんの絵が素晴らしいです.

全92件中 1 - 25件を表示

ハリネズミの願いを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ハリネズミの願いの作品紹介

親愛なるどうぶつたちへ。きみたちみんなをぼくの家に招待します。……でも、誰も来なくてもだいじょうぶです。ある日、自分のハリが大嫌いで、つきあいの苦手なハリネズミが、誰かを招待しようと思いたつ。さっそく招待状を書き始めるが、手紙を送る勇気が出ない。もしクマがきたら? カエルがきたら? フクロウがきたら? ――臆病で気難しいハリネズミに友だちはできるのか? オランダで最も敬愛される作家による大人のための物語。

ハリネズミの願いのKindle版

ツイートする