百年の孤独 (新潮・現代世界の文学)

  • 263人登録
  • 4.13評価
    • (46)
    • (16)
    • (30)
    • (2)
    • (0)
  • 31レビュー
制作 : 鼓 直 
  • 新潮社 (1972年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105090012

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ガブリエル ガル...
村上 春樹
ドストエフスキー
安部 公房
ドストエフスキー
村上 春樹
ポール・オースタ...
谷崎 潤一郎
宮部 みゆき
村上 春樹
フォークナー
有効な右矢印 無効な右矢印

百年の孤独 (新潮・現代世界の文学)の感想・レビュー・書評

  • 魔法が融けて砂漠に一人取り残されてしまった。僅かに手元に残ったのは羊皮紙の切れ端だけ。そこには蜃気楼のようなマコンデという幻の土地に、ブエンディア家という一族が100年という期限を付けられ存在した・・・かもしれないという予言が書かれていたが、それも判読できなくなってしまった。。。登場するいくつもの寓話に、ある時は亡くなった祖母を感じたり遠い親族を思ったり、自分を顧みたりして、読み終えた今、何とも言えない空虚感に襲われている。一見きちがい染みた寓話の中に、人間の業や悲しみが詰まっている。すごい本だった。

  • コロンビアのノーベル賞作家ガルシア・マルケス代表作。百年の孤独を宿命付けられたブエンディーア一族と彼らの作った村、マコンドの物語。
    どうしようもない運命に閉じ込められ、同じ名前の人物が時代を超えて同じ言動を受け継ぎ、時間は過ぎ去らず幾度も繰り返し続け、小説としての明確な筋など超えて作者の力量と大袈裟な饒舌に引きずり込まれるような小説。
    読んでいる時の感覚は舞台であるマコンドの空気になって漂っているような感じで、ただこの文体にずっと漂っていたいような早く運命の辿り着く先を知りたいような、読書の愉しみに浸れます。

    ★★★
    若きホセ・アルカディオ・ブエンディーアはその妻ウルスラと20人ほどの仲間と共に新たな村、マコンドを建設する。マコンドはブエンディーア一族と共に増え広がり、戦争に加わり、繁栄を迎え、そして衰退する。
    政治闘争と戦争、バナナ会社誘致による繁栄と労働組合との衝突や虐殺、鉄道の開通でもたらされる新たな文明、雨季と乾季に苦しむ人々など南米社会の現実描写に、過去と現在と未来を境なく行き来するような構成、そして幻想的描写が違和感なく交じり合った幻想的リアリズム文学。
    近親婚による子供たちは豚の尾を持って生まれ、死者は亡霊となり留まり、錬金術師のジプシーは一族の宿命を予言し、謎の死を遂げた息子の血は道を渡り母親の元へ辿り着き、絶世の美女はシーツを纏ったまま天に昇り、双子の兄弟の運命は互いに交じり合う。
    登場人物はみな迷い星のように孤独で愛が欠落している。自分の周りに輪を描き母親さえ入れない大佐、夫を亡くし50年間家から一歩も出ない未亡人、愛情と先天的恐怖の板鋏で求愛者たちを拒絶し人生を狂わせる女、恋人を失い町を出て死ぬまで口を利かずに過ごす娘。
    そして一族に始めて愛によって子供が生まれた時、ブエンティーア一族はマコンドと共にこの地上から完全に消滅する。
    ★★★

    ガルシア・マルケスは「百年の孤独に出てくるエピソードのどれ一つとして祖母から聞かなかったものはない」といいます。確かにこの小説の語り口は書き記されたというよりとめどなくしゃべり続ける、という感じ。
    「エレンディラ」の後書きでは翻訳者がラテンアメリカ文学の土壌について触れています。「百年の孤独」での印象的場面に「女性が天に昇る」情景がありますが、実際に女性の匂いに大量の蝶が群がることがあり、それはまるで天に昇るかのようだということ。
    このような「自分達にとっては当たり前だけれど世界では幻術的な情景」を「絶世の美女の身体が透き通りシーツを纏ったまま天に昇る」という目も眩むような描写にしてしまうのが作者の力量。

    この物語の混迷を増徴させているのが同じ名前を持つ一族の者達。男はホセ・アルカディオ、またはアウレリャーノ、女はウルスラ、レメディオス、アマランタと名付けられる。同じ名前の彼らは時代を超え時間の割れた破片が漂うように同じ面影と宿命と性質と執着と孤独とを受け継ぎます。
    それは一族の起源である老いたウルスラでさえ今目の前にいる「アウレリャーノ・ブエンティーア」が自分の息子なのか玄孫なのかわからなくなるほど。
    "答えながら彼女は、死刑囚の独房にいたアウレリャーノ・ブエンティーア大佐と同じ返事をしていることに気づき、たった今口にした通り、時は少しも流れずただ堂々巡りをしているだけだということを改めて知って身震いした"

    "口数の少ない堂々とした老婆は、時の流れがその源に帰っていくような思いをさせられた。入ってきた五人の客のなかに骨ばった顔色のさえない男を見たのだ。韃靼人のように頬骨が高く、この世の初めから未来永劫にわたる孤独が、あばたのように顔を覆っていた。「あら、アウレリャーノだわ!」と彼女は呟いた。再びアウレリャーノ・ブエンティーア大佐を目の前に... 続きを読む

  • 子どもたちを乗せた空飛ぶじゅうたんが窓の外を通り過ぎ、UFOが光を連ねて空を行き、葬式には黄色い小さな花が空から降り注ぐ。
    息子の体から流れ出た血が道路を横切り、母の元へと流れ行き、その死を知らせる・・・・・

    それらの不可思議な光景も、日常的な光景のなかに違和感なく溶け込んでいるように感じさせる圧倒的な語りの力。

    新版には家系図が付されているそうだが、家系図にあたって、これは誰だっけ、といちいち読み取っていくよりも、物語の流れに身を任せて読み浸るのがふさわしいようにも思える。

    アルカディオやアウレリャーノのオンパレードではあるけれど、物語の進行は時系列だし、それぞれの個性がくっきり描かれているので、さほど混乱しないで読める。

  • 「一族」が栄え衰退するまでの物語。登場人物が泣き笑い行動し、歴史とともに激しく移り変わっていっても結局世界には何の影響も与えないのだ。
    個人に焦点を当てながらも移入せずに話が進んでいくので、最初はつかみどころがなくポカンとしていたけど、あっけないというよりだんだん悲劇的な孤独さが伝わってくる。

    メルキアデスの羊皮紙がメタ的で不思議。

  • 愛がない人間に起こることのすべてがこの本の中にある。

    憎しみを煮立たせるよりも、ただ穏やかに愛するために生きたい。
    愛のない人生は、無意味より無価値より怖ろしい呪いだ。

    小さな愛の種を見つけるために、百年の月日が必要だった。百年の孤独とむなしさが必要だった。そしてようやく見つけた愛の種も、蒔くべき土壌がなかったせいで見失ってしまった。見失いはしても、失われてはいない。
    ここから愛が始まる。

    『物語の作り方』ガルシア=マルケス
    『G・G・M 無限の会話』 ミゲル・フェルナンデス=プラソ

    473頁分の物語を読んでも、一言二言の感想しか思い浮かばない。私には何もないのか。

  • もっと早く読んでおけばよかった、と後悔しきり。このような長編を読んで充実感を覚えたのは久しぶり。
    まさに百年の物語が神の視点っからまるで民話であるかのように語られるが、長さを感じさせてないくらいに面白いエピソードが詰まっている。しからば、孤独とは何なのだろうか。民話のようなおもしろおかしい話んおだが、登場人物の心理描写は少ない。あるにはあるけれど深く掘り下げられたものではない。神の視点でありながら、登場人物達がお互いに何を思い、感じているのかが語られることがない。このような方法で人間の孤独というものを表現しているのではないだろうか。

  • 革命、殺戮、激しい愛の交歓、むさぼるような探求、発明、破壊。神話のようにダイナミックなエピソードの数々。人物事象が雄々しく暴れれば暴れるほど、その中心で動かず物言わず、しかし存在感を増していく「一族にとって宿命的な孤独」。かっこよすぎ…

  • 大好き。ライフタイムベストの一つ。

  • 時間に縛られた、壮大な話。ウルスラの言葉『でも忘れちゃいけませんよ。生きているうちは、わたしたちはいつまでも母親だってことを。革命家だか何だか知らないけれど、少しでも親をないがしろにするようなことがあれば、そのズボンをさげて、お尻をぶつ権利があたしたちにあるってこともね』強い。

  • この本に描かれたブエンディーア大佐の死の場面が、ぼくを詩人にした。

  • 2012年4月3日(火)、読了。

  • めっちゃくちゃ面白かった。クラシックにふさわしい。世代ごとに中心となる人物が入れ替わり、それによってさまざまな色合いが楽しめる。フツーに笑えるとこあるし。ホント読んでよかった。「お前のオヤジ、からっからにひからびとったやないか!」とか超晩年のウルスラの扱いとか爆笑。ようはフェルナンダの章がスゴい笑える。別訳も挑んでみようかな。

  • (1989.08.20読了)(1979.09.07購入)

    ☆関連図書(既読)
    「百年の孤独を歩く」田村さと子著、河出書房新社、2011.04.30

  • 苛烈な現実とファンタジーが入り混じる不思議な世界。ボリス・ヴィアンの「日々の泡」を彷彿とさせる表現と、アルカディオ他、複数同名の登場人物と複雑な家系に惑わされた。現実残念ながら一読では理解できないので、家系図を書きながらでも近々再読したい。
    現代コロンビア草生期を下敷にしているので今もなお混沌としたコロンビアの理解の助けにはなる、かも。

    三島&川端文学ファンのコロンビア人の友人が贈ってくれたもの。聞き覚えのある翻訳書名は九州の焼酎のせいであったことを読了してから知った。

  • 「百年の孤独」それは20年以上私の家にあった。その間六度も引っ越したというのに
    この本は手放さなかった。何度も読んだのかっていや、何度か読もうとして面倒になってしまった。
    そう長々しい名前が何度も繰り替えされる。
    2011年心内幕炎で津市の病院に入院。孤独と向き合う時間があった。
    紙も黄ばみ小さな活字の明度も薄くなった本だが今度は意外とすらすら読めた。
     ホセ・アルカディオ・ブエンディアとその妻ウルスラは生地を棄て彷徨い
    湿原に面した荒地に落ち着く。そこが「マコンド」。
    「マコンド」の町とホセ・アルカディオ一族の100年に渡る物語。夢の中で現れた町「マコンド」が洪水と大風に消えていく。
    血の濃さに怯え、イグアナのような子、尻尾の生えた子の誕生を恐れたホセ・アルカディオ・ブエンディアとウルスラの曾孫達は
    さらに血を濃くして尻尾の生えた子を生む。その赤子は無数の蟻に運ばれ風の中に消える。
    この本はホルヘ・ルイス・ボルフェスの言う砂の本かもしれない。
    どこを開いても一編の短篇小説になりうるようなエピソード、だがそのエピソードをもう一度見つけようとすると見つからない。
    運良く見つけても前読んだそれとは違った色彩を見せる。

  • 鳥取などを舞台とした作品です。

  • ページを開くと、カラフルな世界が目の前に広がる。美しいイメージを一語一語味わっていると、いつのまにか一家の壮大な歴史を見届けることになる。

  • たくさんの人物が出てきて、皆が皆、濃厚かつ生き生きと描かれています。「孤独」をしっかりと受け止める気力を持ちたいものです。

  • ことし、いちばん。なにやら語りが先に、波みたく迫ってきて、そのあとことばが。図を取りながら読んだ、画用紙足りなくなった。

  • 桜庭さんの読書日記によく出ていたので読みたいと思ってたんだけど、ある日読む本が切れたときに急いで入った図書館に置いてあったのでぽんと借りてみた。

    確かに『赤朽葉家の伝説』への影響が分かるなあ。果てしなく見えて、実はおそろしく現実的な時の流れ。壮絶な、時には間延びしながらも消しようがなく、一族にまとわり続ける孤独。たくさんの人と関わりそれでもどうしても閉鎖的な血縁の中で、濃密に関わりながら生き続ける。死に、また生まれ、育つ。けれど孤独な人たちが集まっているからこそ、永遠ではなくいつか途絶えることが予想される、どこか暗い勢いが見える。

    家系図がついてる新潮社の新しいやつが読みたいなー。買って手元に置きたい。読み返す気力がこの先出てくるかは分からないあたりが不安だけど。アウレリャーノ・ブエンディーア大佐とレメディオスが好きです。

  • こんなに複雑で単純で醜く美しい小説は読んだことがない。

    説明もあらすじも不要だ。
    そんなものは意味をなさない。

    読んだものにしかわからない、
    読んだからこそわかる、
    孤独と哀しみと至福がここにはある。

  • どんだけ積読してんだってくらい、ず~~っと積読…。
    いつか、必ず、読もう…とは思っているのだが…。

    焼酎の「百年の孤独」って、名前こっから取ってるんだってね。知らなかった。

  • 何処までが現実で、どこからが空想なのか。それとも全てが現実なのか。不思議な物語だった。長いけど、長さは感じさせない。

全31件中 1 - 25件を表示

百年の孤独 (新潮・現代世界の文学)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

百年の孤独 (新潮・現代世界の文学)の単行本

百年の孤独 (新潮・現代世界の文学)の-

ツイートする