また会う日まで 上

  • 197人登録
  • 3.79評価
    • (19)
    • (26)
    • (30)
    • (1)
    • (1)
  • 18レビュー
制作 : 小川高義 
  • 新潮社 (2007年10月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (566ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105191115

また会う日まで 上の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この小説がどんだけ面白いか!
    それ誰かに詳しく言おうとすればするほど
    読んで、
    吃驚する喜びをその人から奪ってしまうことになるのであった、
    ああむつかしい。
    「長い」小説だけに、
    さいごまでつきすすめ、と言うしかないのかしら。
    すくなくとも、
    下巻のはじめまではたどり着いてね、たのむから、とお願いしたい。
    あ、いや
    上巻もわたしはすっごく面白かったんでけどね、










    幼いジャックと母の旅、
    (さりげないようで実はものすごくあたらしいことがやられているような?)
    女難?のアドゥレッセンスにときときしたり♪
    長じて
    アーヴィングの実人生と虚実ない交ぜになった、
    映画ねたの連発が楽しいったら、もう!
    (はたして
     リアルシュワちゃんもあの日トイレで親切に・・・持とうとしたん?)

  • 刺青師の母と息子の物語。1部・オルガニストの父を探す北欧の旅、2部・主人公ジャックの女性遍歴、3部・俳優ジャックの誕生、父親を知らない美男子ジャックには多くの女性が関わっていく。これから母と息子の関係はどう変化する?

  • アーヴィングの自伝的(!)長編ということだが、これが自伝とするのらなんてハチャメチャでセクシャルでロマンチックな人生だろう。生得的に女たらしの遺伝子が刻みこまれたジャックの幼年〜少年時代はそれなんてエロゲ?的なうらやまけしからん展開だが、ジャックと関係をもった女性が大抵よい末路となってないのが切ない。

  • 女刺青師アリスと息子ジャックは幼いころから旅を続けている。それは、自分たちから逃げ回る父を追う旅だった。オルガニストの父ウィリアムは立派なオルガンのある教会を求めているらしいこと、そして全身に楽譜の刺青をする性癖があること、それを手がかりにさがし続けた。やがて夫を追うのをあきらめたアリスはトロントに永住し、ジャックはそこの由緒ある女子校に入学する(初等部のみ共学)。「女の子は安心(男の子と違って乱暴じゃないし悪いこともしないからという意味かと)」と母は言うが、美少年のジャックは先輩女子にセクハラをされたり、おばさんたちに性的虐待をされたり、女で苦労する人生が始まる。

    これまでで一番自伝的という、長い長いお話だ。
    アーヴィング作品に共通する、ユーモアを交えた饒舌な語り口は相変わらずである。しかし今回の作品は今までの作品よりもおだやかさが目立っている。ジャックの一生は波乱含みではあるが、この作品には怒れる人物がいない。母アリスは怒りを紛わせ、もっとも怒れる存在であるエマも、「サイダーハウスルール」のメロニィや、「ホテル・ニューハンプシャー」のスージー、「オウエンのために祈りを」のへスターといった女性たちにくらべると怒りゲージは低く、しかも早くに死んでしまう。
    つまり、この作品には怒りをあらわす、怒り部といった立場の人がいない。本当に感情を表さなければならないのは、主人公なのだ。しかしジャックは怒りどころか感情もわからないままに役者として偽の人格を生きる。
    またジャックの性格はつかみにくいうえに、一見して天然なだけに厄介であるのだが、そんな彼に沿うようなテンポでゆったりとお話が進むのが心地よい。性的に過激な言葉は多いが、話の印象に過激さは少なく、ただやさしさだけがあとに残る作品だった。

    終盤で、アリスが嘘を教えていたことがわかる。一般的に、母親とはいつも父親のことを悪く言い、自分を正当化したがるものだが、アリスもまた然りである。ジャックは父親に愛されない子供ではなかった。父は別れたあともどこかでジャックを見守り続けていた。アリスは自分を捨てた夫への復讐として、むごい仕打ちを続けていたのだ。その嘘は、夫に対してだけではなく、息子にも傷を与えることに考えが及ばなかったのは、浅慮である。
    その母を、ゆるすことができるのだろうか。そして自分のことを愛してくれていたことがわかったとはいえ、確かに一度は見はなされた父のことも。そこが、ジャックのターニングポイントでになるのである。

    血のつながりとは本当に厄介なものである。
    しかし、たまらなく愛おしいものでもあることを、この作品を通して私たちは再確認するだろう。

  • 上下巻にわたる最重量級文学作品。どこまで読み進めていっても終わる気配が見受けられないので一時はこの作品に触れることが「生活の一部」として機能していた。最後まで結末が読めないとも言えるのでそう錯覚しただけかもしれないけど。

  • やっと読み終わった。
    ジョン・アーヴィング氏の他の作品同様、半分に到達するまでがとても長く感じる。この後加速することが分かっているから安心でもあるのだけれど。
    地道に一つずつブロックを積み上げていくみたいな文体とストーリー展開。長い道のりを共にして、全体が見えてきた時の感覚がやめられないから、この人の小説はやめられない。

  • 半月ほどかけてやっと読了。セクシャルな話がえんえんと続いて、上巻の中ほどでちょっと疲れが出てきたが、下巻から「え!」っと思わせる展開があり、「なんだかおかしいなぁ」と思っていたところの謎解きがはじまる。いわゆる推理小説ではないから、謎がとけておしまいというわけではなく、謎の検証作業で後半がまるまる費やされる。まさにタイトル通り、自分を見つける旅のようなお話だった。

  • 逃げた父はオルガニスト。刺青師の母は幼子とともに後を追って北海の国々へ。父を知らぬ息子は、やがて俳優になり――。最長最強の大長篇、待望の翻訳。

  • 読んで 挫折、読んで挫折の繰り返し。

  • 女性は親になるとつい子供を人質にしてしまう。

    あいかわらず破天荒で突拍子もないけど、身近に思える。
    アーヴィングの自伝的な物語と意識しないで読んでしまった。

    主人公がアシュトン・カッチャーに思えてきたのは
    『バタフライ・エフェクト』の見過ぎかな・・

全18件中 1 - 10件を表示

ジョン・アーヴィングの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
カズオ イシグロ
村上 春樹
ジョン・アーヴィ...
角田 光代
ジョン アーヴィ...
ジョン アーヴィ...
ジョン アーヴィ...
ジョン アーヴィ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

また会う日まで 上に関連する談話室の質問

また会う日まで 上を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ツイートする