ベルイマン自伝

  • 11人登録
  • 4.00評価
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 木原 武一 
  • 新潮社 (1989年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (349ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105210014

ベルイマン自伝の感想・レビュー・書評

  • 自分の作品を批判した批評家が落ちぶれているのを見て一瞬同情して仲直りしてもいいかと思いかけ、すぐ「こいつは不倶戴天の敵ではないか。野垂れ死にしたところで何を同情する必要があるだろう。こいつはかつて書き散らした駄文の報いを受けているのだ。死んだら墓の上で踊ってやろう」と書くのです。これがもう、ベルイマンなのです。リヴ・ウルマンとの同棲生活のうち家庭内暴力については「彼女の言う通りである」で済ませてあるのもズルいところ。

全1件中 1 - 1件を表示

ベルイマン自伝の作品紹介

映像の魔術師ベルイマンの愛と映画と魂の遍歴-。スウェーデンの田舎町ウプサラで牧師の息子として過ごした少年時代、性のめざめ、父との確執、そして演出家としての人生。ベルイマン映画の原風景を鮮烈に描き、70年の波瀾の生涯を赤裸々に、イメージ豊かに告白する。

ベルイマン自伝はこんな本です

ツイートする