幽霊たち

  • 91人登録
  • 3.71評価
    • (9)
    • (13)
    • (17)
    • (2)
    • (0)
  • 12レビュー
制作 : Paul Auster  柴田 元幸 
  • 新潮社 (1989年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (197ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105217013

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール・オースタ...
レイモンド・チャ...
ポール オースタ...
ポール・オースタ...
フランツ・カフカ
村上 春樹
ポール・オースタ...
ポール オースタ...
村上 春樹
三島 由紀夫
ポール・オースタ...
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

幽霊たちの感想・レビュー・書評

  • 何も物語が動かない孤独な話【幽霊たち – ポール・オースター】
    http://on-the-road.co/?p=2637

  • クエンティン・タランティーノに『レザボア・ドッグズ』という映画がある。それぞれ相手を知らないで呼び集められた犯罪者集団はお互いを色の名前で呼び合う。ブラックという名前が人気で、みんながその名をほしがったというのがギャグになっていたのを覚えている。ブラックやブラウンというのは、普通に存在する名前なので別段おかしくもないが、色の名前ばかりが集まると一気に可笑しくなる。

    ニュー・ヨーク三部作の第二作『幽霊たち』は、主人公の私立探偵の名がブルーで、その師匠がブラウン。依頼者がホワイトで、監視対象者がブラックと、登場人物の名がすべて色の名前である。オースター自身、別の作品で主人公の作家が人物名に困ると色の名をつけると語っているので、これもその伝であろう。自作の戯曲を素材に小説化した作品ということもあり、場面も人物設定もシンプル極まりない。

    引退したブラウンの下で私立探偵として働いていたブルーは、ホワイトという男から、ブラックという男の監視を依頼される。浮気調査かと思い、引き受けたブルーは、向かいのビルからブラックを見張るものの、相手は机に向かって何かを書き続けるばかりで、一向に事件らしきものは起こる気配がない。冬に始まった仕事は、一年過ぎても進展を見ない。ブルーの疑心暗鬼は募るばかりだ。

    何かが起こりそうで、何も起こらない、というのはベケットの『ゴドーを待ちながら』を想起させる。初期のオースターが、カフカやベケットの衣鉢を継ぐものという評価を受けたのは、この作品に負うところが多いのではないだろうか。戯曲をもとにしたといわれるだけに、小説的要素は乏しい。会話と内的独白がほとんどで、その中に、いくつかの挿話が点綴される。その後の作品における物語内物語というほどの質量は持たず、簡単な紹介にとどまるが、内容は興味深い。

    それらの話に共通するのは、自分とは何かという問題だが、特に印象的なのが、ホーソーンの『ウェイクフィールド』という話で、ある日突然失踪した男が自宅近くに家を借り、何年も妻の傍で暮らしながら、連絡を取らずにいて、最後はもとの家に戻るという、ボルヘスが激賞した有名な作品である。

    自分の家を見張る男というのは、ブラックを監視し続けるブルーの状態に重なる。それかあらぬか、監視を続けるうちに、ブルーはしだいにブラックに親近感を感じ、監視をサボってもブラックがどこにも行かないことさえ確信するようになる。つまり、監視している側と監視されている側に共鳴現象が起きてくるのだ。

    オースターという作家は、物書きである自分という存在について過分に自覚を持つ作家である。ブラックは本を読む以外は何かを書き続けている。その本とは、ソローの『ウォールデン(森の生活}』である。その冒頭に次のような記述がある。

    「われわれはふつう、話をするものは結局第一人称であることを忘れている。もしわたしがわたし自身と同じぐらい善く知っている人間が世の中にいたならば、わたしはこれほどまでにわたし自身のことを語りはしないだろう。不幸にしてわたしは経験がせまいためにこの主題にのみ限られてしまうのである。のみならず、わたし自身もすべて物を書く人間に、第一に、そして結局、彼自身の生活の単純で正直な感想を求め、単に彼が他人の生活について聞いたことを求めないのである。」(神吉三郎訳)

    ソローは、オースター偏愛の作家で、その著作に何度も登場している。謎を解く鍵は、ここにあった。ブラックは、ブルーとの対話の中で「ものを書く人間の暮らしぶりを知るのが好きなんだよ。特にアメリカ人の作家のね。いろんなことを理解するのに役立つ」ともらしている。「ものを書く人間の暮らしぶりを知るのが」趣味という作家が一番知りたいアメリカ人作家とは、ソローも言うように「自分自身」であった。し... 続きを読む

  • 謎の男ホワイトからブラックを見張るよう依頼された私立探偵ブルー。
    用意された部屋から絶えずブラックを見張り、ホワイトに報告書を送り続けるが、ブラックは特に変わった様子も見せず、ホワイトからは決められた報酬が送られてくるだけで何の反応もない。
    連綿と続く何も起こらない日常の中で、本来の生活から疎外され、耐えがたい孤独の中で監視されているのは自分のほうではないかという錯覚すら覚えるブルー…。

    どこでもない場所(現代と呼べる時代であればどこでもいい)を舞台にした、だれでもない男(それはあなたかもしれないし、わたしかもしれない)の話。

    追記1:
    ブルー、ホワイト、ブラックという名付けは象徴的、示唆的。
    それぞれ何を示しているのかは読み進めるにつれ分かってくる。

    追記2:
    「不在」「幽霊」、すなわち「そこにいるのに、いない」というのがポール・オースターのテーマなのだろうか。

  • ニューヨーク、アメリカなどを舞台とした作品です。

  • 不条理小説で知られるpaul austerのニューヨーク三部作、第二作目。
    探偵であるブルーは、ある日奇妙な変装をしたホワイトと名乗る男に、ブラックという男を見張り続けてほしいとの調査を頼まれる。そこで、ブラックは頼まれたとおり見張りをはじめるのだが・・・。

    ブラックとは何者なのか。
    ホワイトの目的はなんなのか。
    ブルーは誰を追いかけているのか。
    ブルーは誰に追いかけられているのか。
    自問自答の末に、ブルーはさまざまな行動を実行する。

  • ニューヨーク三部作の第二作。探偵ブルーがホワイトと言う男からブラックと言う男の見張りを依頼される。見張り部屋を用意してもらって四六時中見張りを続けるが、そのうちに謎の男ブラックと実際に会いにいくのだ。あるときはブラシのセールスマンに化けてブラックに会いに行く。そして最後はブラックマンがホワイトマンだと気がついた時ブルーのアイデンティティ確立を確かめられる。

  • NY三部作のひとつ。
    吉野朔美の「瞳子」にて、アルバイトの同僚、成島さんが読んでいた本。

  • 入手方法:もらいものだと思っていたら借り物でした。

    初めてのメタ・ミステリーでした。
    下北のカフェで読むのがおススメの、何となく空白の多い物語です。
    先輩がけちょんけちょんに言っていたので弁護しようとしたのですが、「コーヒーの味がします」というしごくぼんやりとした弁護しかできませんでした。
    でも、わたしは好きですよ。

  • 私立探偵ブルーが見張っているのは、誰?もしかして、自分自身ではないのか? とか思わせる、不思議感覚。アメリカの村上春樹ってどっかに書いてあったぉ。

  • NY三部作のひとつ。この話が三部作のうちで一番好き。
    吉野さんのマンガにも登場する。

  • 知人にすすめられて初めて読んだポール・オースターの作品です。なんだかわからないままにひきこまれて、一息に読んでしまった。

全12件中 1 - 12件を表示

幽霊たちに関連する談話室の質問

幽霊たちを本棚に「読みたい」で登録しているひと

幽霊たちを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

幽霊たちを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

幽霊たちのペーパーバック

ツイートする