ブルックリン・フォリーズ

  • 460人登録
  • 4.13評価
    • (42)
    • (56)
    • (24)
    • (1)
    • (0)
  • 58レビュー
制作 : Paul Auster  柴田 元幸 
  • 新潮社 (2012年5月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105217150

ブルックリン・フォリーズの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 美しいNYの風景。
    映画化されたら素敵だと思う。
    ブルックリンに住む個性的な人々の群像劇なんだけど、どの登場人物も愛すべきキャラクター。
    人生に不器用ながら成長していく過程に、
    ウィットに富んだ会話に、こちらまで元気づけられるし、読んでいて楽しかった。
    何よりも作者のブルックリンを見つめる眼差しが温かい。
    誰でも文学的なことを考えるときって、多かれ少なかれ、主人公みたいな心境になること(主人公は人生こんなハズじゃなかったと感じてる平凡な中年)が多いので、作者の目の付けどころにもやられた感がある。

  • ポールオースター「ブルックリンフォリーズ」http://t.co/TvmpjZtn 読んだ、良かった。。。オースターには、無機質でひんやりと沈んだ世界と、温かく前向き(でもウェットさは無い)世界との2つがあると思うけど、これは後者。楽天的ってすばらしい。(つづく


    辛い経験や酷い事件や悲しい出来事もあるけれど、全体は暢気。人が生きていく力強さを感じる。「本の力をあなどってはならない」には本無しの生活が考えられないわたしにはぐっときた。で、そのまま終わるのかと思いきや、最後に、ある驚きが。落とされる影に、しばし考え込んでしまった(おわり

  • 面白かったです。ポール・オースター結構読んでるけど、その中でもかなり読みやすくて、オースター初めての方にもおすすめ。
    映画「スモーク」が好きならこれも好きなはず。
    読み終わって、登場人物とお別れするのが少し寂しいほどに、ブルックリンライフに浸れました。いいなーNY!

  • やっぱりポール・オースターだなぁと思った一冊です

  • 久々にオースターっぽい作品。舞台はブルックリンの小さな書店。それにまつわる市井の人の、それぞれの生き様。人生は思い通りにはならなくて、それでも人生を全うせんとするのは何より他者との関わりなんだなー、なんてことを思いながら読みました。
    スモークと雰囲気が似ていたので、映画化でもされるんじゃないかしら?まぁ、ブルックリンの定点観測という共通点があるからそう思っただけだけど。
    あと味良いです。内容も易しいので、中学生でも読める!

  • 2005 年発刊で9.11への言及もあるが訳は今年…柴田さん、忙しいでしょうがもうちょっと早くお願いします!大学を中退した非モテ男や老いたゲイなど下町の'愚か者たち'への暖かい眼差しとコミカルな絡み、最上の物語。

  • ニューヨーク3部作のような雰囲気を期待していたらそうではなかった。オースター作品ってなんかもっとクールで都会的なイメージだったんだけど、これはなんだか温かみがある。オースターの書く人間喜劇かな。ラストの畳みかけるような感じが良い。柴田元幸さんの翻訳はほんといいなぁ。2013/180

  • 静かに死ねる場所を選んだ主人公が全然静かではない日々を過ごす。どこか憎めないキャラ達のおかげもあって、どんどん読み進むことができる
    ただ、やっぱり物語の中の物語がちょっと苦手だ。。

  • 「うん、まあできるだろうね。でもそうしたら、君は生涯ずっと、毎日後悔することになると思うね。やめておけよ、ジョイス。 パンチにパンチを返すのはよせ。あごをしっかり引けよ。気楽に行けって。選挙は毎回民主党に入れろよ。公園で自転車に乗れよ。 私の完璧な、黄金の肉体を夢に見ろよ。仕事、無理するなよ。私と二人でパリに旅行しよう。レイチェルの子供が産まれたら病院に行って私の孫を抱いてやってくれ。 毎食後かならず歯を磨けよ。赤信号の道を渡るなよ。弱いものに味方しろよ。自分の権利を守れよ。自分がどれだけ美しいかを忘れるなよ。 私がどれだけ君を愛しているかを忘れるなよ。毎日スコッチをオンザロックで一杯飲めよ。大きく息を吸えよ。 目を開いていろよ。脂っこい食べ物は避けろよ。正しき者の眠りを眠れよ。私がどれだけ君を愛しているかを忘れるなよ」(p.312)
    これはオースター作品でも名シーン。こんなに心に残る命令文ってあるだろうか。

    生きることの大切さについて考えさせられます。

  • 何年かぶりにオースター読んだら、鼻についてた嫌ーな感じが薄れて、ぐっと距離が近づいてる。変わったのは彼か自分か?

全58件中 1 - 10件を表示

ポール・オースターの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
フェルディナント...
ポール・オースタ...
多和田 葉子
ポール オースタ...
伊坂 幸太郎
ポール オースタ...
マーセル・セロー
いとう せいこう
村上 春樹
阿部 和重
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

ブルックリン・フォリーズに関連するまとめ

ブルックリン・フォリーズを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブルックリン・フォリーズを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブルックリン・フォリーズを本棚に「積読」で登録しているひと

ブルックリン・フォリーズの作品紹介

傷ついた犬のように、私は生まれた場所へと這い戻ってきた──
一人で静かに人生を振り返ろうと思っていたネイサンは、ブルックリンならではの自由で気ままな人々と再会し、とんでもない冒険に巻き込まれてゆく。9・11直前までの日々。
オースターならではの、ブルックリンの賛歌、家族の再生の物語。感動の新作長編。翻訳は柴田元幸氏。

ブルックリン・フォリーズに関連するサイト

ツイートする