満足の文化

  • 10人登録
  • 4.80評価
    • (4)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : John Kenneth Galbraith  中村 達也 
  • 新潮社 (1993年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105264017

満足の文化の感想・レビュー・書評

  • 満足というキーワードで進める優れた考察。人間社会の一つの原理。だから予測も当たる

  • あらゆる意思決定は満足という心理によって歪められてしまう。その結果、社会にとって最適ではない政策決定や事業開発がなされてしまい、歪んだ社会が形成される。

    「満足」の心理という切り口から、現代社会をの成り立ち、そして行く末を分析している。

    これを読むと世界が変わる?個人的にジョン・ケネス ガルブレイスは天才だと思った。

  • 内容(「MARC」データベースより)
    金融スキャンダル、都市スラム、環境破壊など、アメリカの危機、そして日本の近未来は全て、「満足の文化」の下で進行する。大国を蝕む、豊かな時代の〈危機〉を現代を代表する経済学者が徹底分析する。*

    目次
    満足の文化
    満足の社会的性格―その概観
    下層階級なしには社会は機能しない
    課税と公共サービス―ねじれ効果
    金融荒廃の放任
    官僚症候群
    経済学の適応
    満足の外交政策―遊戯と現実
    軍部の拡張
    満足の政治
    将来の予測
    レクイエム

全4件中 1 - 4件を表示

満足の文化を本棚に「読みたい」で登録しているひと

満足の文化を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする