ロッティー、家へ帰ろう

  • 10人登録
  • 3.40評価
    • (1)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
制作 : 兼武 進 
  • 新潮社 (2005年4月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (347ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105307035

ロッティー、家へ帰ろうの感想・レビュー・書評

  • リトル・ベンが息子とだぶってしまい、悲しくなるシーンがありました。3歳くらいの男の子が出てくる作品って特に感情移入してしまいます。とても読みやすい文章で、心優しくなりました。

全1件中 1 - 1件を表示

ロッティー、家へ帰ろうの作品紹介

百年前、まだ純情だった頃のアメリカ。野球選手の夢破れたベン・フェルプスは、帰郷する夜汽車の中で、ひとりの美しい娘と出会った。その名はロッティー。一年後、再会した彼女は、なんと移動遊園地の一座にいた。そこで起こった不可解な死。ベンが抱えた秘密。三度目の出会いは、彼らの運命を揺り動かした。ケンタッキーからジョージアへ、ベンはロッティーの魂の故郷を探す旅に出た。ロッティー、あなたは哀しいほど、綺麗だった。その美しき魂が、人々の運命を変えてゆく。『白い犬とワルツを』を超えた深き愛の物語。

ロッティー、家へ帰ろうはこんな本です

ロッティー、家へ帰ろうの文庫

ツイートする