サイレント・ゲーム

  • 17人登録
  • 3.55評価
    • (3)
    • (0)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
制作 : Richard North Patterson  後藤 由季子 
  • 新潮社 (2003年3月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (510ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105316044

サイレント・ゲームの感想・レビュー・書評

全2件中 1 - 2件を表示

サイレント・ゲームの作品紹介

辣腕弁護士トニーのもとに持ち込まれた依頼は、高校時代の親友でスポーツ競技のライバルでもあったサムの弁護だった。いまやレイクシティ高校の教頭となっているサムは、教え子の女子高生マーシーと関係を持ったあげく、殺害した疑いをかけられていたのだ。トニーの脳裡に甦ったのは、彼自身が28年前に恋人アリスンを殺したとして無実の罪を着せられ、苦悩した悪夢のような日々。苦い思いを噛みしめつつ、故郷の町に舞い戻ったトニーは、絶対不利な裁判を水際立った弁護で強引に評決不能へと持ち込もうとする。だが、裁判が進行するにつれ、パンドラの匣のように封印された彼自身の過去の悪夢が、事件に重くのしかかってくるのだった。すべての真相を知りながら沈黙をつらぬく殺人者の正体とは?かくして、真実をめぐって静かなるゲームが繰り広げられることになった-。法廷サスペンスの鬼才が心血を注いだ、追憶と懊悩の人間ドラマ。

サイレント・ゲームはこんな本です

サイレント・ゲームのハードカバー

サイレント・ゲームのハードカバー

サイレント・ゲームのマスマーケット

ツイートする