V.〈下〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)

  • 205人登録
  • 4.33評価
    • (24)
    • (11)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 17レビュー
制作 : Thomas Pynchon  小山 太一  佐藤 良明 
  • 新潮社 (2011年3月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (398ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105372088

V.〈下〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いやいや、がんばりました。初読ではよー分かりません。黒澤映画の「どんぞこ」やジョイスを想起させるようなパラノな世界観。再読しなさい、と本がおっしゃってます。いつか、また。

  • これは図書館なんかで
    期限付きで借りて読むようなもんではない
    買って読まなきゃダメだ
    時間かけないとダメだ
    次に読もうと思って、リョサの『緑の家』を買ってあったけど、
    しばらくやめとく。

  • ピンチョンは何と面白いのだろう、というのが長編初挑戦後の感想だ。(49は中編と理解した)なんというギャグの応酬。そしてこのみずみずしい感じ。
    これほどまでに多くの現代作家に影響を与えている作家もいないのではないか。あのロレンス・ダレルですら影響を受けているように思われる。
    内容が理解できたかというと、まあ、勿論無理だった。それでも面白いと思えたピンチョンは凄い。

  • 真面目に話してると見せかけたり、ハラハラさせてみたりしておきながら、不意打ちで切なさと笑いを置いてくる。ほんとうに、ずるいなこれは。

  • 進化とは決して進歩的、前進的ではなく、evolutionの語源通り巻物を広げるように様々な形を取りながら、ゆっくりと具体的に表れていくものを指す。それは歴史に於いても同様で、合理的な法則を取るのではなく単にそれぞれの状況からその時々で選ばれたという偶然性を内包しているものなのだ。だからこそ歴史は一筋の線で語れないし、陰謀史観はパラノイアに結びつく。君たちは雑誌ムーにお帰り。ピンチョンは何にも囚われない。全てを楽しめ。keep cool, but care、どんな時もクールにやろう、でも心遣いは忘れずに。

  • 話がでかくてついていけなくなる。
    でも再読したくなる。
    とりあえずほかの作品も読んでみたい。

  • とにかく通読はしたf(^_^) 頭を空っぽにして読めばピンチョンは楽しい。それにとても音楽的で小説に流れる音楽を楽しむ。それだけでも充足感はある。他のも読んで、それからV.もまだまだ読み直そうと思う。当たり前だけど。

  • 結局上巻で提示された謎たちは解かれることはなかった。いや、それはもちろんわかっていたことなのだけれども…

    謎には明確な答えは与えられず、すべて様々な解釈をとることができるようにされた…気がする。
    謎に対してなぁなぁの答えを与えられたのではなく、元からそのような答えしか出ない謎だった、というか… 

    これが情報のエントロピーの拡散ってやつ?


    まぁ要するによくわかんないってことです。
    再読必須ですな。

全17件中 1 - 10件を表示

トマス・ピンチョンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アゴタ クリスト...
ウンベルト エー...
ポール・オースタ...
村上 春樹
ウラジーミル ナ...
村上 春樹
ガブリエル・ガル...
サルバドール プ...
ウンベルト エー...
有効な右矢印 無効な右矢印

V.〈下〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)に関連するまとめ

V.〈下〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

V.〈下〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

V.〈下〉 (Thomas Pynchon Complete Collection)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする