琥珀の望遠鏡 (ライラの冒険シリーズ (3))

  • 338人登録
  • 3.84評価
    • (67)
    • (46)
    • (85)
    • (6)
    • (1)
  • 44レビュー
制作 : Philip Pullman  大久保 寛 
  • 新潮社 (2002年1月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (678ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105389031

琥珀の望遠鏡 (ライラの冒険シリーズ (3))の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • "ライラの冒険シリーズ"3巻目で完結編。長くて壮大な物語で堪能させて頂きました。ラストが必ずしもハッピーエンドとはならず、それでも切なく満足のできる終わり方ですごく良かったです。メアリー博士が一体何をしてイブを堕落させる蛇の役割を担うのかを前読んだ時には理解していなかったけど、自分の経験を話し、ソレをライラが自覚するっていうことだったのね。

    映画制作が1話で終わってしまったのがとても残念。読むと改めて映像で見てみたかったという考えが強まりました。あとライラのその後に起こった話しが短編で出ているらしいので翻訳して出版してくれないものかな。

    3巻の流れとしては
    「コールター夫人に囚われたライラをウィルが救出 → 死者を救う → アスリエル卿とコールター夫人が命をかけてメタトロンを倒す → ライラをウィルはメアリー博士の話を聞き2人の感情の意味を知る ⇒ ダスト消滅は避けられる ⇒ 2人はそれぞれの世界に戻りそれぞれの人生を送ることに」
    というところ

  • (「BOOK」データベースより)
    不思議な力を持つ短剣で他の世界への窓を切り開き、羅針盤を頼りに旅を続けるライラとウィル。ライラの友だちと話しをするために、ふたりの旅は「死者の国」にまで及ぶ。ライラの担った役割とは一体?そして地上に楽園を求め、共和国建設を目指すアスリエル卿と「教会の権力」との、世界を二分する闘いが、今、はじまる。

  • 珍しくボクが最後に感涙した本。
    現在映画でやっているライラシリーズのラスト。

    登場人物の名前も覚えてないのに最後の切なすぎるオチだけ覚えてます。
    主人公が少年少女にしては切ないよ……。

  • 結局は愛の物語。
    子供とか…別に…。みたいな感じだったあの二人も。
    必死に進み続けた子供たちも。
    引き離された自分の一部も。

  • 2017/4/6

    神秘の探検で別世界へ。
    正直よく分からなくなって飛ばし読み。
    最後の悲しい決断にほろり。

    この物語は、ある程度はしょって映画でサクッと見る方がイメージしやすくて良いかも。
    イギリスでドラマ化が決定したみたいなので、期待。

  • やはり、最後でしょう。最後の2人のやり取りでしょう。同じ世界ではないが故に…それが、世界の摂理なのかもしれない、と思いながら。

  • 長くて、なんだか疲れてしまった。
    コンピューターがメアリーに言った“ヘビ”ってそういうことだったのか!
    コールター夫人には最後の最後までどっち側かわからなくてヤキモキさせられた。
    アスリエル卿もわかり辛かった。結局、2人は愛しあっていて、ライラのことも愛していたんだよね?コールター夫人の言うように、2人が結婚してライラを育てていたらどうなったのかな。ライラは2人の最後をどの程度知ったのかな?
    上帝(オーソリティ)と摂政(メタトロン)が消えてクラウデッド・マウンテンはどうなったの?
    バルサモスはいきなり消えたと思ったら、急に出てきてまた消えてビックリ。
    ライラのその後は少しわかったけど、ウィルとメアリーのその後も知りたかったな。

    なんとなくだけど《ナルニア国ものがたり》の逆バージョンって感じがした。
    一部のキリスト教団体から反発があったらしいけど納得。

  • ライラの冒険三部作完結編。
    最後は本当に胸が苦しかった。
    でも、この形しかなかった。

    装幀 / 新潮社装幀室
    装画 / エリック・ローマン
    原題 / "THE AMBER SPYGLASS"(2000)

  • 7冊目

  • ダイモンと言う存在がいるってどんな感じ何だろうって思って、それをいろいろ想像してみたところ、なかなか難しい。自分と常にあって、それはいろいろ意見をくれたり話が出来たりして、そして、離れると胸のとこが痛くなって泣きじゃくるもの。小さい子が人形とか手放す時と似ているかな。大人となってしまった今、自分がそう言うものを身につけているかなあと思う。でも、幾つかの思い出なら、もしかするとそれを置いて行けと言われると、とても悲しくなるかもしれないなと思った。

    物語では、神様と言う概念が、ひっくり返ると言うか、、、いや、そういう表現だといまいち違うなあ。神様をここまで小さくしておいて、物語にはほとんどその存在感無しと言う、奇妙な設定であるのが、ある意味面白い。

全44件中 1 - 10件を表示

フィリップ・プルマンの作品

琥珀の望遠鏡 (ライラの冒険シリーズ (3))に関連する談話室の質問

琥珀の望遠鏡 (ライラの冒険シリーズ (3))を本棚に「読みたい」で登録しているひと

琥珀の望遠鏡 (ライラの冒険シリーズ (3))を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

琥珀の望遠鏡 (ライラの冒険シリーズ (3))を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする