トルーマン・カポーティ

  • 26人登録
  • 3.69評価
    • (2)
    • (5)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
制作 : George Plimpton  野中 邦子 
  • 新潮社 (1999年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (556ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105390013

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トルーマン カポ...
フランツ・カフカ
トルーマン カポ...
フランツ・カフカ
ポール・オースタ...
村上 春樹
ウンベルト エー...
コーマック・マッ...
ボリス ヴィアン
アゴタ クリスト...
有効な右矢印 無効な右矢印

トルーマン・カポーティの感想・レビュー・書評

  • 「早熟の天才」とうたわれた米国の作家トルーマン・カポーティは、1984年、その60年の生涯を閉じた。「完璧」と評される作品とは裏腹に、彼の一生はあまりにも劇的なものであった。親の愛情に飢え、同性の恋人と愛憎劇を繰り返し、社交界にのめり込み、ハイソサエティの人々に愛され、そして蔑まれ、薬物とアルコールに溺れていく…。本書は、その稀有な作家カポーティの生涯を、彼を知る人々にインタビューし、得られた証言で描き出す「オーラル・バイオグラフィ」―聞き書きによる伝記―である。同じ手法で伝記『イーディ』を著し、高い評価を得た著者ジョージ・プリンプトンは、今回、カポーティの人物像を描くにあたり、彼の親戚、友人、知人、マスコミ・映画・ファッション関係者など、総勢170人以上にインタビューしている。愛情溢れる述懐、悪意を含んだ批評など、証言者による生々しい発現が、カポーティの奇矯な生涯を鮮明に浮かび上がらせる。カポーティの複雑な人物像を描くのに最適と思える手法を用い、当時を知る貴重な写真も満載された、力作伝記である。

  • ひっじょーに、分厚い!!読みごたえのある本です。
    一人の人間を語るだけで、こんなにも見方が違うんだなぁ…と変なところで関心してしまいました。これからカポーティ作品再読する中でいろいろ読み方が変わりそう。

  • たくさんの人へのインタビューから浮かび上がるのは、社交的で才気に溢れ、でも子供の心と淋しさを抱えていたカポーティ。作品を読む上で、とても参考になりました。

    カポーティが大好きだった高校時代に入手しました。引っ越しで手放してしまったのが残念。

  • いろんな人が語るカポーティ。
    それはその人が見た、カポーティ。
    誰も見ていない彼もいる。

全4件中 1 - 4件を表示

トルーマン・カポーティはこんな本です

ツイートする