女より男の給料が高いわけ 進化論の現在 (シリーズ「進化論の現在」)

  • 19人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (1)
    • (7)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
制作 : 竹内 久美子 
  • 新潮社 (2003年2月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105423049

女より男の給料が高いわけ 進化論の現在 (シリーズ「進化論の現在」)の感想・レビュー・書評

  • 表紙の色で選んで買いました。
    ブックオフで安かったし。

  • イギリスのDarwinism Today(進化論の現在)というシリーズの本らしい。このシリーズは竹内女史が翻訳をしている。
    いつもの竹内節とはちょっと違う、でも抑えた中にも隠しきれない竹内さんらしさというか、彼女が読んでいるネタ本を見せてもらっているような感じで、ディープな竹内ファンとしてはかなーり楽しい。(2006.6.28)

    再読(2011.4.22)「女になりたがる男たち」の後に読みたくなった。前後に読んだ本の流れで印象が違うのは、自分の意識も違うからだろうな。問題意識がはっきりしていたので、前回わからなかったことが、スッキリした。

全2件中 1 - 2件を表示

女より男の給料が高いわけ 進化論の現在 (シリーズ「進化論の現在」)を本棚に登録しているひと

女より男の給料が高いわけ 進化論の現在 (シリーズ「進化論の現在」)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

女より男の給料が高いわけ 進化論の現在 (シリーズ「進化論の現在」)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

女より男の給料が高いわけ 進化論の現在 (シリーズ「進化論の現在」)はこんな本です

ツイートする