ウォーターランド (新潮クレスト・ブックス)

  • 162人登録
  • 3.86評価
    • (14)
    • (14)
    • (21)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
制作 : 真野 泰 
  • 新潮社 (2002年2月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900298

ウォーターランド (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 長編小説「ウォーターランド」という名の箱に入り、その箱の中を跳ね返り跳弾するボールの軌道を読む。
    初めはその不規則な動きに翻弄され、足元はヘドロが溜まり身動きするのも困難である。
    しかし、ある所でそのボールの軌道を理解すると、そのボールが箱の大きさを計る役目を果たす事を知る。いつの間にかヘドロは排出され、その流れが海へと続く川の流れと変わり、その中へ深く潜っていく。

  • 解決すればいい、ってものじゃないのよ、の見本みたいなお話です。一族のルーツ、みたいな話、個人的に好き、ってのが大きいんだと思いますが。
    かなり厚めの本ですが、新潮クレスト・ブックス、軽いんで助かった。

  • ある誘拐事件をきっかけに、どんどんとフェンズという土地の人々に起こる出来事が明らかになっていく。ミステリーではない。ある一家の歴史の物語、大河小説といっていいと思う。

  • あまりに長いので、実は何度か挫折しかけたが、
    会社の先輩の勧めということもあり、読み進めると、
    半分すぎたあたりから吸い込まれた。

    というより、私の生活、人生に絡まり始めたのだ。

    一家の何代にもわたる歴史が綴られているだけあってか、
    読んでいる間に私自身の環境にも変化があったり色々なことが起きていき、複雑に絡まり合う。

    沼のある湿地が舞台というのがすごくいい。

    沼のもつ得体のしれない不気味さが背景にちらついて、
    ストーリーの本筋ではないサスペンス要素も濃厚になる。


    外から見えている事実、明らかな事実がたしかにあったとしても、
    そこにいる人それぞれにとっての真実はまったく違う、ということが実はけっこうあるんじゃないかな。

  • 干拓により作られた広大で平坦な穀倉地帯に、常にひそむ水の気配。豊かな恵みをもたらし、物流の要でもあった川は、一方で洪水も引き起こし、あらゆるものを流し去る。主人公が、物語のように語る家族の歴史においてもまた、水のもたらす恵(黄金のビール!)とともに一族は繁栄し、川のそばで静かに衰退のときを迎える。それもまた、長い歴史の中で幾度となく繰り返される人と川との営みの一部なのだろう。水の匂いに満ち満ちた一冊。

  • 干拓地で続く土砂のくみ上げ、繰り返す歴史、一族の隆盛と衰退。主人公は自分に降りかかる物事の原因を過去に求めて、どこにも辿りつけない。母、兄、妻、みんなが去ってしまう。主人公は視界を広げても狭めても(歴史の授業と主人公の人生)壮大な無駄であるような人間の営みを振り返る。彼は語りたいだけ語るが、それが彼の抱える「なぜ」を説明することはない。

    起きたことからすれば虚無的になっても仕方ない主人公だが、不思議なことに、教え子たちが開く未来に希望を持っているように見える。この希望とフェンズの広々としたイメージのために、物語全体に薄明かりが差しているようなトーンがある。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    妻が引き起こした嬰児誘拐事件によって退職を迫られている歴史教師が、生徒たちに、生まれ故郷フェンズについて語りはじめる。イングランド東部のこの沼沢地に刻まれた人と水との闘いの歴史、父方・母方の祖先のこと、少女だった妻との見境ない恋、その思いがけない波紋…。地霊にみちた水郷を舞台に、人間の精神の地下風景を圧倒的筆力で描き出す、ブッカー賞受賞作家の最高傑作。

    内容(「MARC」データベースより)
    妻が引き起こした嬰児誘拐事件によって退職を迫られている歴史教師が、生徒たちに生まれ故郷フェンズについて語りはじめる。地霊にみちた水郷を舞台に、人間の精神の地下風景を描き出す、イギリスのガーディアン小説賞等受賞。

  • 水に囲まれた世界観がとても好きなのですが、イギリスのフェンズ地帯の風土をそのまま描き出したような、息苦しさも美しさも懐かしさもかもし出す作品です。クレスト・ブックスの編集者ってなにか間違えていると思うときがあるんですが(オビと中に書いてあることまったく違うんですけど、とか)「ウォーターランド」のオビにはときめいた。ジェレミー・アイアンズが主演した映画版(『秘密』)も見ました。フェンズの風景の広々とした空虚さは、本を読んだときのイメージより少しスケールダウンしたかなと思ったりもした。

  • 歴史教師が語る歴史と物語。
    個人に歴史がいかに関わってくるのか。歴史と物語の区別はどこなのか?わからないまま混ざりあい、溶け合って泥に静かに沈んでいく。うすぼんやりと広がる憂鬱な風景の中で次々と起こる出来事が時間は流れていく、と伝えている。

  • 【すべてはお話、ただのお話…… (p322 l12)】<BR>
    [05.11.26]<t市

全15件中 1 - 10件を表示

グレアム・スウィフトの作品

ウォーターランド (新潮クレスト・ブックス)に関連する談話室の質問

ウォーターランド (新潮クレスト・ブックス)に関連するまとめ

ウォーターランド (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ウォーターランド (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ウォーターランド (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする