シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)

  • 334人登録
  • 3.95評価
    • (41)
    • (27)
    • (31)
    • (6)
    • (1)
  • 45レビュー
制作 : Anthony Doerr  岩本 正恵 
  • 新潮社 (2003年6月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900359

シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ピンク色のわたあめとそのまわりにただよう非日常の高揚感といかがわしさと物悲しさを言葉でで表現できたらなと思ったことが昔あって

    縁日と移動遊園地の違いこそあれ、あの感じをうまく文章で掴んでくれてるな、と思う。

    孤独感や寂寥感を必ずしもネガティヴな感覚とは思ってはいない人たちのための短編集。

  • 貝を集める人 */ハンターの妻 ***/たくさんのチャンス */長いあいだ、これはグリセルダの物語だった **/七月四日 */世話係 **/もつれた糸/ムコンド ***

  • 若い作家なのに、この豊かな表現力はなんだ。
    人間の内面と自然をこんなに繊細に、イマジネーション豊かに
    描き出せる才能に驚嘆し、その世界観に浸った。
    そして、孤独な登場人物たちの心の動きに自分を寄り添わせていた。

  • 短編集8編
    盲目であったり(シェル・コレクター),耳が聞こえなかったり(世話係)することで,より自然に寄り添っている.また,魚釣り(たくさんのチャンス)やハンター(ハンターの妻)といった形で自然の中に溶け込んでいる,とにかくどの短編もいろいろな表情を見せる自然描写が鮮やかだ.そして一風変わった登場人物たちが,変わった人生を生きていくこと,ストーリーの奇想天外さも面白い.

  • ドーアは短編の名手だ。「すべての見えない光」より短編のほうが好きだ。アメリカではない様々な国を舞台にしているところ、表題作の貝や盲目の登場人物、叙情的な美しい描写など、ドーアのこだわりはこのデビュー作から今までずっと続いていくわけだ。

    「たくさんのチャンス」「ハンターの妻」あたりが気に入った。

  • この作者は、自然の摂理や人間の所作だけでなく、原子の構造や光の波長まで読み取れるのではないかと思える位に自然情景や人間の深層心理を的確に読み取り、且つそれを端的な言葉で綺麗に表現している。

    そして本作は氏のデビュー作だが、その完成度はとてもそのようには思えない。ましてや本作を上梓した時はまだ20歳代というのは驚いた。

    また本作では、農業、釣りや猟、標本採集、など同じテーマを扱っている作品が多いが、それを差し置いてでも私にはすべてがリンクしているように思えてならない。
    それはあとがきで訳者が解説しているように、自然への賛美と畏怖が全体を通して貫いているからだと私も思う。

    更には、それぞれのテーマや題材は異なっているのに、全体的には一つの中編小説に見えてくるものを、私はこれまで読んだことがない。

    自分で言うのの何だが、氏は間違いなく将来のノーベル賞作家になると思う。

  • 世界への見方。
    美しい自然描写とひとひねりあるストーリーで、デビュー作とは考えられない力作。最新長編の「すべての見えない光」も購入したので楽しみに読みたい。

  • みずみずしく細かな雪が風に煽られる時、きらきらとまたたくことがある。


    人の手や、ましてや科学の力でさえ絶対に及ばないもの。

    届かないもの。


    自然が生み出す一瞬を、Anthony Doerrは巧みに言葉で捉えている。


    ある人間たちの生き方を、時に厳しくそびえる山々から眺め、或いはぎりぎりのユーモアで風刺画さながらに描き、さらには思春期特有の痛みや危うさをもって愛や生命の意味を問う。

  • いろいろな国の自然の力強さと美しさを背景に、それを超えるかのような神秘的な作品が多かった。

  • 美しく静かな文章で、読後は少し切ない。
    短編で語られた人生の一節は、どれもきらりと光っている。誰の人生も、一部を切取られると輝きを放って見えるのだろうか。それとも、すべての人生はほのかにでもあれ、特殊な鉱石のように光を放っているのだろうか。アンソニードーアに書かれたこれらの物語は、凄惨な内容も含まれるが、静かで美しい文章により、心に染み入ってくる。

    裏表紙には『時間が止まる。息を詰め、そっと吐く。』と書かれている。まさに静かに時が流れ、心が揺れる読書体験が得られる。

全45件中 1 - 10件を表示

アンソニー・ドーアの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アクセル ハッケ
イアン・マキュー...
村上 春樹
トルーマン カポ...
ジュンパ ラヒリ
ポール・オースタ...
有効な右矢印 無効な右矢印

シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)に関連する談話室の質問

シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)に関連するまとめ

シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

シェル・コレクター (新潮クレスト・ブックス)の作品紹介

ケニア沖の孤島でひとり貝を拾い、静かに暮らす盲目の老貝類学者。だが、迷い込んできた女性の病を偶然貝で癒してしまったために、人々が島に押し寄せて…。死者の甘美な記憶を、生者へと媒介する能力を持つ女性を妻としたハンター。引っ越しした海辺の町で、二度と会うことのない少年に出会った少女…。淡々とした筆致で、美しい自然と、孤独ではあっても希望と可能性を忘れない人間の姿を鮮やかに切り取った「心に沁みいる」全八篇。「ハンターの妻」でO・ヘンリー賞を受賞するなど、各賞を受賞した新鋭によるデビュー短篇集。

ツイートする