アンジェラの祈り (新潮クレスト・ブックス)

  • 61人登録
  • 3.63評価
    • (6)
    • (6)
    • (14)
    • (1)
    • (0)
  • 15レビュー
制作 : 土屋 政雄 
  • 新潮社 (2003年11月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (569ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900366

アンジェラの祈り (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • **

  • 「アンジェラの灰」の続編となる自伝もの。フランクが米国に渡ってからの奮闘を描いている。相変わらずギリギリの生活を送ってはいるが、アイルランド時代のような死との隣合わせではなく、少し余裕が感じられる。

    また、作文をきっかけにして大学のクラスで注目されたり、後年先生になってから、生徒に作文を書かせる場面は、本書の白眉の1つ。この人は本当に書くことに助けられてきたのだなあと思った。

  • 灰の意味が分かった。

  • アンジェラの灰の続巻、と言えばよいのでしょうか?灰がアイルランドでの幼少時代でこちらが著者がNYに出てきた青年期から、のお話です。
    文章のテンポが良くてついつい後ちょっと…と読んでしまいます。多分訳も上手なんだと思います。

    アイルランド系アメリカ人かあ…と考えて確かにアイリッシュパブってどこの町にもあったなあ…とか思い出しました。まあ自分がたまたま縁のある町にいたのかも知れませんが。聖パトリックデイは皆が緑色の服や何かをつけているのに驚いたものです。(懐かしい…)日本人、と言うか自分はあまり宗教心が無いのでこの作者のおっしゃるような原罪とか罪とか地獄の観念はいまひとつピンと来ないのですが。大体カトリックとプロテスタントってこんなに隔たりがあるんだ~と感心しているくらいですので… 同じ民族で同じキリスト教なのに…

    両親への思慕と複雑な思い。そんなに大切なのに素直に表現できないのは家族としての時間や経験が色々あるからなんだろうな、と思います。ただ自分はあんなに反発していた父親と同じ轍を踏むことはないんじゃないの?と随所で思いました。お母さんの老後の孤独は読んでいてさびしいですね。

    こちらのほうがアンジェラの灰と言うタイトルにあってる気がしますけれども。幼年期の本のほうが個人的には自分は好きです。

  • サローヤンのヒューマンコメディを思い出させる、私の好きなタイプの物語です。

  • [ 内容 ]
    1949年10月、19歳のマコートは、単身夢の地ニューヨークに降り立った。
    が、彼を待っていたのは、劣等感とあてはずれの日々だった―様々な職を経た後、とうとう高校の教師となって居場所を得たマコートが、母アンジェラを呼びよせ、遂にその灰を故郷に撒くまでの波乱万丈を、前作に劣らぬ名人級の筆に描く『アンジェラの灰』待望の完結編。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 「アンジェラの灰」で最後にアメリカに向かったマコート少年がその後いかにしてアメリカで生き抜いて教師になったのか、なるほどよくわかってスッキリ。アメリカに呼び寄せたお母さんの頑固ぶりがすごい。嫁は大変だ。

  • 親父はろくでなしなのに、よく母親見捨てて好き勝手生きるような男にならなかったもんだと感心してしまった。

  • アイルランドでの貧しい家族との生活を感動的筆致で描いた『アンジャラの灰』の続編にして完結版が『アンジェラの祈り』。

    原作『アンジェラの灰』でピュリッツァー賞を受賞、ベストセラーを記録し、映画化され、大きな反響を得たフランク・マコートのニューヨーク渡航以後を描いたのが本書である。
    読み手を一気に引き込む語り口調のすばらしさと、悲しくも逞しいアイルランド移民の苦労を重ねた一家族の物語がここに完結する。

  • ぐっすん

全15件中 1 - 10件を表示

フランク・マコートの作品

アンジェラの祈り (新潮クレスト・ブックス)に関連するまとめ

アンジェラの祈り (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

アンジェラの祈り (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

アンジェラの祈り (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

アンジェラの祈り (新潮クレスト・ブックス)はこんな本です

ツイートする