冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)

  • 377人登録
  • 3.98評価
    • (53)
    • (41)
    • (46)
    • (2)
    • (2)
  • 40レビュー
制作 : 中野 恵津子 
  • 新潮社 (2004年1月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900373

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェフリー フォ...
ガブリエル・ガル...
ポール・オースタ...
ジャネット ウィ...
ポール・オースタ...
ウンベルト エー...
ヘミングウェイ
トルーマン カポ...
谷崎 潤一郎
コーマック・マッ...
フォークナー
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

  • トレヴァーとマクラウドの小説は似ている。一編一編に書かれているものに込められた思いや情感が深く、ずっしりと重たいので、軽く読み飛ばすことができないからだ。書かれているのは過ぎ去った年月、祖先から脈々と受け継がれてきた血と自然、動物たち。私はこの本を深夜から夜更けにひとり裸電球を灯し、何ヶ月も時間をかけて一編ごとにじっくり味わうようにして読んだ。そして最後のクリアランスを読み終えて静かに頁を閉じた時、私は確かにケープブレトンの海から吹きすさぶ風をこの身に感じた。この本を読み終えたあなたもきっと感じるはずだ。

  • アリステア・マクラウド1977年から1999年の8篇からなる短編集。

    すべてのものに季節がある
    裕福とはいえない家庭の静かな思い出。
    帰省する兄と大人になりつつある姉と自分、老いていく父母、幼い弟の物語。

    二度目の春
    屠殺の描写など残酷ではあるが、淡々と静かな物語。

    冬の犬
    子供たちと遊ぶ犬を見て、一匹の犬との思い出が綴られる。

    幻影
    自分の不確かな血の由縁を語る比較的長めの作品。


    一緒に島を出ようと約束した男は戻ってこなかった。いつしか島の狂女と呼ばれた女の物語。

    哀愁、無情、平穏、静謐といった空気がどの作品からも漂う。
    また、死という避けられない現実が描かれていることが多く、淡々としながらもあたたかい文章でアリステア・マクラウドの魅力が詰まっている。
    大きな出来事ではない日常の一場面を描いているといった地味な作品であるため、読者それぞれが自分の読み方や感じ方が出来る。
    小川洋子さんの作品が好きなかたには好まれる作品ではないだろうか。

    寡作の作家マクラウド。
    あと残すは長編である「彼方なる歌に耳を澄ませよ」のみ。
    もっと多くの文章を読んでみたかった。

  • アリステア・マクラウドは寡作な作家で、生涯に短編小説16を収録した短編集1冊、長編1冊残しただけという。
    原題『Island』の短編小説は、日本では8編ずつに分けられ、前掲の『冬の犬』と『灰色の輝ける贈り物』という邦題で出版されている。長編小説の邦題は『彼方なる歌に耳を澄ませよ』。訳者は中野恵津子。
    赤毛のアンで有名なプリンス・エドワード島の東隣の島、ケープ・ブレトン島を舞台とした作品群である。
    隣の島なのに、赤毛のアンから思い描くプリンス・エドワード島とはまるで違う、生活環境の厳しい島という印象を受ける。冬は「ビッグ・アイス」と呼ばれる流氷の群れが接岸し、見渡す限りの氷原がひろがる、そのような島なのである。
    マクラウドの行き届いた、無駄のない描写は、ドキュメンタリーを観るような緊迫感をもたらす。
    そして、作家の内面的な豊かさ、卓越した人生観は、作中の人間や動物を明晰な光で照らし出し、大自然の懐の然るべき一点に結晶させる。
    生き物たちが醸し出す叙情味は、尊厳美を伴って、読む者を魅了せずにはおかない。

  • 夏の太陽の様に輝く人生もあれば、荒れ狂う嵐の様な人生もある。語られ続ける物語もあれば、ひっそりと消え去り忘れ去られる物語もある。失われゆくケルト系言語ゲール語をルーツに持つ寡作なカナダ人作家は土地に根付く家族達の歴史を中心としつつ、今にも失われつつありながら決して奪い去られない瞬きをこの短編集に閉じ込めることに成功した。懸命に生きてきた者たちの欠片が、吐息が、雪の様に積もる辛苦までもが静かに輝いている。驚くほどに人生は通り過ぎて行く、そんな悲しみすら祝福してしまう眼差しが素晴らしくも私を震えさせるのだ。

  • 作者が生まれ育ったカナダの島が、ほとんどの物語の舞台になっている。
    厳しい自然を相手に戦うように生活をし、年月を刻んでいく。
    色濃く力強く砕け散る波のような短編集。
    自分にあまりにも馴染みのない世界で、想像しながら噛み砕いて読み進めていくのにかなり時間がかかった。
    「寡黙な作家」とあったが、これだけ自然から身につけてきた長い年月の経験や空気、情景や心情を、骨太で丁寧な筆致で綴っていたら、膨大な時間を要するだろうと思う。
    一編一編が重々しく強く、でも読後は嵐が去った後の穏やかな海のようだった。

  • 北の果て、遠い海の向こうの物語。

    ほんの小さな出来事がその人の最後に行き着く先を大きく変える。素朴できっと善人であろう人達の正直で少し悲しい物語達。多くの雪景色が語られるにも関わらず、その後ろには窓から溢れる灯や暖炉の暖かさがある。

    一番好きなのは「島」。親のため子供のために生きても晩年は孤独に生きた彼女に最後に叶えられた約束。現実は悲劇であっても、彼女にはこれ以上ない幸せだったろうと思う。

  • 寒いクリスマスの季節に読むのにぴったりの短編集。遠く厳寒のカナダの隅っこの島、厳しい冬の自然の中でのスコットランド移民達のタフで慎ましい営みが、近しく瑞々しく迫り目に浮かぶようだ。昨今の奇想系とは一線を画すシンプルな美しさ。

  • 8篇収録の短篇集。舞台となっているのは、厳寒のケープ・ブレトン島。「赤毛のアン」で有名なプリンス・エドワード島のすぐ近くに浮かぶ島だ。豊かな自然の中で、人間と動物が共に暮らす。

    「島」と「クリアランス」が好き。二世代三世代にわたる家族の物語が多く、集中して読まないと主語が分からなくなる。「彼」の話なのか、それとも彼の親や祖父母の話なのか。

    美しさやのどかさよりも、厳しさや孤独が際立っていた。特に冬の厳しさと動物との関係が印象的。

    愛玩用ではなく、家畜としての動物との関係はシビアだ。生活のために共に働くという点ではペットより家族に近いけれど、生活のための存在だからこそ繁殖させたり殺したりもする。野生が暴走すれば、動物に人間が殺されることもある。

    p253「大きなあごを固く閉じ、ふくれあがった紫色の唇からビーズのカーテンのような涎をたらしていた」

    自然の脅威を理解している人々の生き様は、常に真摯だ。

  • 第2回バーチャル読書会の課題図書は、アリステア・マクラウドの「島」です。読書会について、音声でご紹介しています。
    URL: https://www.youtube.com/watch?v=WTTshui7OPA

  • すべてのものに季節がある(1977) **/二度目の春(1980) **/冬の犬(1981) **/完璧なる調和(1984) **/鳥が太陽を運んでくるように(1985) **/幻影(1986) **/島(1988) ***/クリアランス(1999) **

  • 寡作な作家の、赤毛のアンで有名なプリンスエドワード島のお隣、ケープブレトン島を舞台にした、厳冬と労働と寡黙に満ちた短編集。

    ‘完璧なる調和’他、どれも大切に大切に書かれた、光り輝く宝石のよう。

    中でも‘島’。
    読み終えてしばらく呆然としていた初めての短編。
    ただただ孤独で、それでいて気高く。

  • カナダの現代文学。8つの短篇を収録。著者が少年期を過ごした、カナダでも北の辺境に位置するケープ・ブレトン島が一連の物語の舞台となっている。作品を読むと、行ったこともない読者自身が郷愁さえ感じるほどの強い共感性を持って書かれている。厳しい冬の季節感、土地の持つ強いトポス感覚、物語の語り手の鮮やかな実在感など、たしかに「短編作家の最高峰」(ヒュー・マクレナン)と評されるだけの資格を有しているだろう。また、物語の背景には、スコットランドからの移民としての歴史があり、このことも物語に重層的な厚みを与えている。

  • カナダにあるケープ・ ブレントン島(プリンス・エドワード島の隣島)を舞台にした、抒情的でノスタルジックな短編集。
    とても寡作な作家で、31年間で短編16篇、長編1篇しか発表していないのだそうです。
    本書には8篇の短編が収められていますが、作者にとっての大切な記憶を掘り起こしているに違いない、と思わせる作品が多いです。
    ケープ・ ブレントン島の厳しい自然や、島で暮らす無骨な人々を、丁寧に、親愛をもって描いています。
    表題になっている「冬の犬」は、犬好きには堪らない。泣きます。

    堅そうなタイトルですが、講談社学術文庫ですが……すごく愉快な本です。
    ドライブ中に突然山道で車を止め、そのまま家族を置き去りにして何時間も昆虫採集に耽ったり。
    アブラムシのついているサンショウの葉が美味いと気付いて、あえてアブラムシごと食ってみたり。
    いちいち挿話が可笑しいのです。
    昆虫が面白いのか、昆虫マニアが面白いのか……どちらのことも好きになれる素敵な一冊です。

  • 舞台はカナダ東部の大西洋岸、ノバスコシア州のケープ・ブレトン島。この島には19世紀前半、スコットランドのハイランド地方で行われた農地改革よって追放された住人が大量に流入しました。そのため現在もなお、スコットランド文化が色濃く残っているそうです。州の名にも〝新しいスコットランド〟という意味があるようですが、この島は特別で、つい最近まで独自の言語である〝ゲール語〟が使用され、キルト衣装や音楽などの文化面においては、本国スコットランドより、スコットランドらしいとさえ言われているようです。本書は、この地で暮らしたごく普通の人々の、ありふれた日常と人生を綴った短編集です。後世に語り継がれるようなことや、社会に影響を及ぼすような特別な出来事が描かれているわけではありませんが、それでも当事者にとっては、世界の片隅で生きたささやかな証となるような、人生の彩と影が、簡潔で静謐な筆致で綴られています。生きるということの悲哀と美しさが、しみじみと胸に沁み入るような感動を味わうことができました。

  • たいへんな寡作の作家さんらしい。

    短篇集。
    舞台はカナダの北部がほとんど。
    いずれもスコットランドの歴史・文化が背景に滲んでいる。

    とても秀逸な短篇集。

  • 収められている全ての短編を読んで、その描写や物語に、カナダ北部の冷やりとして澄んだ空気を感じるとともに、暖かく心に響くものや、厳しさ、地域やケルト文化に基づく何かつかみどころのない不思議さ・不可解さなど、多くの感想を持つことができた。
    決して長くはないストーリーであるのに、深みを持たせて、読者を引きずり込む作者の巧さを感じた。

  • 寡作で知られるカナダの作家アリステア・マクラウドの全短編集の後半8編を収めた短編集(前半8編は『灰色の輝ける贈り物』に所収)。発表順に収められているので、作家の成長ぶりがうかがえて興味深い。もっとも、はじめから小説としての完成度は高い。己に課しているかのように限られた場所(カナダ東海岸)と登場人物(スコットランド高地地方からの移民)だけを使って描かれる作品は、限りなく真摯で、倫理的に生きる人々の姿を描いて静かな感動を呼ぶ。

    特に読者を物語の中に引きずり込んでいくのに預かって力のあるのが土地に根づいた語り手の存在である。場所も人物も限られていれば、自由に動かせるのは時間しかない。後半の作品に明らかな特徴として、複数の話者による入れ子状の作品構造があげられる。回想形式を多用し、その中でさらに別の話者に語らせるという手法に加え、昔話や伝説、古くから伝わる言い伝えや詩歌も作品の中に繰り入れることで、物語に深みと広がりが増したようだ。

    実際に作品を見てみよう。まず、表題にもなっている「冬の犬」。雪の中で妖精のような子どもたちと金色の犬が遊ぶ、洒落たクリスマス・ストーリーのようにはじまりながら、はらはらドキドキさせる少年時の回想シーンを挿んで、最後には運命の持つ皮肉さ、動物(特に犬)に寄せる思い、とアリステア・マクラウドならではの刻印がくっきりと浮かび上がるという見事な展開には舌を巻くしかない。しかも、上出来のストーリーに乗せられた後で、「将来いつかその時が来るまでは生き長らえる」しかないわれわれ人間(と犬)の生と死についてあらためて考えさせられるというおまけまでついている。

    全短編集の表題になっている「島」は、他に誰一人住む者とてない孤島の灯台守の女の一生を描く。例にもれず孤独で苛酷な労働の挙げ句が、最後には「島の狂女」と呼ばれ、住む場所まで奪われる、一見救いのない話に思えるが、赤毛の男との一夜、サバ漁の漁師たちとの出来事に女のしたたかな力強さを感じる。荒々しい音調で奏でられてきた物語が最後のところで転調し、幻想的な調べに変わるのが圧巻。自分の土地というものを持たない「灯台守」に、住み慣れた地を追われた移民の姿が重なり、時の政治に翻弄されるしかない庶民の憤りが伝わってくる。

    死んだ妻と建てた山上の家に独り暮らし「本物のゲール語民謡の最後の歌い手」と呼ばれる木こりが、町で開かれる歌謡フェスティバルのためにオーディションを受ける「完璧なる調和」は、他と少し味わいの異なる佳編。禁欲的で頑固な年寄りと、若くてエネルギーに満ち溢れるならず者との間に生まれる意外な心の交流が読み手の心を熱くする。ゲール語で歌われる民謡の歌詞はどれも亡くした恋人に寄せる悲痛な思いである。思いの対象は妻でもあり、故国でもあるのだろう。

    ロブスター漁に出た青年が、船で父から聞かされた話を回想する「幻想」は、回想の中に回想が繰り込まれ、一家の血筋が語られるゴシック・ロマン風の味付けがなされた物語性の濃い力作。漂泊する一人の男をめぐって姉妹が争う『嵐が丘』にも似たロマンスや、「見えないものが見える能力」にまつわる伝説が、漁場をめぐる男たちの闘争の中に織り込まれ、重層的な物語を構成している。読み応えのある一篇。

    動物の種付けの得意な男が助けた犬のせいで命を落とすことになる、人と犬との皮肉な運命を描いた「鳥が太陽を運んでくるように」は、昔話のようにはじまりながら、その「灰色の大きな犬」が、現代に生きる主人公たちにも影を落としているという怪談めいた話。それが単なる奇譚で終わらないのは、大きな体をして男に甘える犬と、それを受けとめる男の関係に読者の思いが残るからだろう。

    カナダに入植した移民と息子との世代間の入植地に対する思いの食いちがいをほろ苦い筆致で描い... 続きを読む

  • 初めて読んで以来、一部抜き出して読んではいたが、久々に通して読み返した。やっぱり傑作。
    過酷な自然と闘いながらどうにか生活している人々にとって、動物は役に立つかどうか(作業ができるか、金になるか)が大切なのだ。それでも生き物同士一緒に暮らしているうちに心の通じる瞬間がある。
    「冬の犬」は乱暴で人も家畜も襲い「いないほうがまし」と言われた犬が少年を救う物語だが、人と犬の友情といったような甘ったるいところは微塵もなく、生きるものの魂の光が一瞬交差するような美しさと厳しさがある。
    本当の祖母に会う兄弟の話「幻影」や、灯台守をして一人生きる女の姿を描く「島」、どれも素晴らしい。
    とりわけ好きなのは「すべてのものに季節がある」。
    サンタクロースの存在を信じられなくなっている11歳の少年が語るクリスマスのひと時。大人の世界にいる兄、姉。足を踏み入れつつある少年。まだ幸せな子どもの世界にいる弟。老いつつある父母。(父は深刻な病を得ているが貧しさゆえに治療はしていない。家族にも隠している。)ちょっと手を触れれば崩れ落ちてしまうような、けれどもそれゆえに輝いている幸せ。
    カポーティの「クリスマスの思い出」と並ぶ、切なさが胸に沁みるクリスマス物語である。

  • 久しぶりに小説の中に入っていける翻訳本に出会った。この「冬の犬」は先に出版されている「灰色の輝ける贈り物」と合わせて本国カナダでは『Island』として出版され、この本は16編の短編のうちの後編8編である。

    何と表現すれば良いのかうまく言えないのだがカナダ・ケープ・ブレトン島の歴史とそこに住む人々、動物たちの息づかいが伝わってくるような話が多く、普段テレビのついた部屋などでは気が散って小説など読めないのだがこれは違ってとても集中して読めた。「灰色の~」も是非読んでみたい。ただ生殖の話が多いので少しマイナスです。

  • カナダ東端の厳冬の島「ケープ・ブレトン」を舞台にした八篇の物語。

    峻烈な自然の中で、犬・鷲・牛・馬と共に暮らす人間の原生活を生々しく描いた本書には、儚くも力強い生命が宿っている。

    海が凍ってしまうほどの極寒の地で、あるものは島に取り残され、あるものは境目に落ちと自然に翻弄される中、生活の糧としての家畜の種付や解体、民族としてのゲーテ語への誇り、以前飼っていた野生化した犬にかみ殺さ、結婚を約束した旅漁師の突然の訃報とその土地のエッセンスが凝縮されたような出来事が淡々と語られていく。

    こんな生活耐えられないよなぁ・・と感じつつも、どこか心がざわつくのは「自然と共に生きていく」ことへの原点回帰的な憧れが内在されているからだと思う。
    この本はその本性を刺激して止まない。

  • もともと16編あった「Island」という短編集を、翻訳刊行するにあたり前後8編ずつに分けた後半8編が収録されている(前半8編は「灰色の輝ける贈り物」として刊行)。

    著者はカナダ生まれではあるが、もともとのルーツは、18世紀から19世紀にかけて移り住んできたスコットランドのケルト(ゲール)民族。
    そのあたりの文化的背景を大切にしているらしく、それに関わるストーリーが多く綴られている。

    冬のカナダは行ったことがないけれど、その冬のカナダに紛れ込んだように、ひんやりとした風景と空気が伝わってくるような描写。静かなようでいて、時折はっとさせられるエピソードも語られる。
    厳しい自然の中で、素朴に暮らす人々のようすが胸に響く。

  • 最近は東北、北陸地方、北海道と大雪に見舞われたが博多に住んでいると寒さも雪もたいしたことはない。テレビで観てると吹雪の中の暗い町、雪下ろしの老人など大変だな~と思う。

    カナダが舞台のこの本は厳しさがまるで違う。
    8篇からなる短編だけど、人間も動物も大人も子ども寒さ貧しさに負けず懸命に生きている。 

  • 子どもの頃、父親の実家には、牛がいてうさぎ小屋があり、鶏を放し飼いにしていた、のを思い出した。海はなかったけど。

  • 静謐で美しい風景と、厳しい生活を黙って受け入れる素朴な暮らし。読むと癒される。

全40件中 1 - 25件を表示

冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)に関連するまとめ

冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

冬の犬 (新潮クレスト・ブックス)の作品紹介

舞台は、『灰色の輝ける贈り物』と同じ、スコットランド高地の移民が多く住む、カナダ東端の厳寒の島ケープ・ブレトン。役立たずで力持の金茶色の犬と少年の、猛吹雪の午後の苦い秘密を描く表題作。ただ一度の交わりの記憶を遺して死んだ恋人を胸に、孤島の灯台を黙々と守る一人の女の生涯。白頭鷲の巣近くに住む孤独な「ゲール語民謡最後の歌手」の物語。灰色の大きな犬の伝説を背負った一族の話。人生の美しさと哀しみに満ちた、完璧な宝石のような8篇。

ツイートする