初夜 (新潮クレスト・ブックス)

  • 342人登録
  • 3.66評価
    • (22)
    • (38)
    • (43)
    • (5)
    • (2)
  • 47レビュー
制作 : 村松 潔 
  • 新潮社 (2009年11月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900793

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中島 京子
村上 春樹
吉田 修一
アティーク ラヒ...
森見 登美彦
村上 春樹
村上 春樹
桜庭 一樹
アゴタ クリスト...
イアン マキュー...
吉田 修一
有効な右矢印 無効な右矢印

初夜 (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

  • 再読。
    読み終わってからもずっと、波音と共に余韻が残る。
    あらすじをまとめれば、時代背景はあるにしてもありがちな成り行きなのだけど、極上の読み物に仕立て上げるマキューアンの手腕は見事。
    一度捕まえ損ねた波は、二度と打ち寄せることはないのだ。

  • 僕は、イアン・マキューアンの作品を、完璧な作品である、と言ったことがある。
    そして、本作の読了時においても、その感想は変わることはなかった。
    本作は、主題・プロット・構成・描写・文体、小説を構築する要素のいずれをとっても何らの新規性や事件性があるわけではなく、どちらかと言えば古めかしい主題を古めかしい手法で、王道に忠実に描き切った作品と言える。
    だけど、読み始めてすぐに、魅力的な小説が総じてそうであるように、「首根っこを掴まれて物語に放り込まれ、離れることができなくなった」かのような、暴力的とも言える小説の魔力に憑かれてしまった。
    これは一体なんなのか。
    帯にあるタイムズ紙の評では、「マキューアンの長編小説が交響曲であるとすれば、この作品は室内楽曲である。より親密で、繊細で、しかし緻密さと精巧さにかけては、交響曲と同等か、むしろそれ以上である」という賛辞の言葉が並べ立てられている。
    交響曲には交響曲の完璧な演奏が、室内楽曲には室内楽曲の完璧な演奏が存在する。
    マキューアンはその両方を実現し、我々に聴かせることのできる、稀有な演奏家である。
    読み始めてすぐに、それらの言葉は決して言い過ぎではないことに、我々は気づく。
    いや、ほんと巧すぎる。

  • 結婚したばかりの若い二人を、繊細で美しく描き出す。
    しかし、真摯な夫婦のすれ違いが真剣で切な過ぎるほど、皮肉めいた滑稽なものを感じてしまう。

  • マキューアン初読みです。そのものずばり、結婚式を挙げたエドワードとフローレンスの初夜の話、とはいっても官能的な表現は薄く、仄かな甘さの中に不穏な空気が漂っている感じ。僅か数時間の出来事ながら過去の回想を織り交ぜることで、人物と物語に厚みが出て、二人の勘違いっぷりが浮き彫りに。作中の決定的な場面を想像すると、滑稽で、稚拙で、書き方次第ではコメディにもなり得そうなところを、繊細で格調高い物語になっているという不思議な味わいがありました。この作家さんの他の作品も読んでみたい。

  • なんて美しく残酷な愛の結末,もう一歩の思いやりの欠如から,あったかもしれない未来が失われてしまった.一夜の初夜の出来事が過去を巻き込みながら,怖いぐらいに詳細に描かれている.丁寧な心理描写で綴られたこの文体,訳者の素晴らしさに負うところも大きいのだろう.

  •  友人が「文体が美しく、これぞイギリス文学の王道」「図書館で読んでいたにも関わらず、ラストシーンで悲鳴をあげた」と絶賛していたので、その友人から借りて読んでみた。

     結論から述べさせていただくと、この小説は非常に面白かった。これを薦めてくれた友人には最大限の感謝の言葉を送りたくなったし、私自身も沢山の知人に薦めたくなった。
     普段恋愛小説及び海外文学を読んでいるわけではない私でも非常に楽しむことが出来たので、ブッカー賞受賞作家という肩書きや表紙の可愛さ(?)に臆することなく読んでもらいたい。

    ・内容について
     深くは語らないが、確かにラストで悲鳴を上げたという友人の言も分からいではないと思われた(私は悲鳴をあげなかったが)。
     確かに、ラストに行くに従って、ページを繰る手が止められなくなったし、読み終えた後に何とも言えない感情が私を襲って、何時間もこの小説の内容について考え込んでしまった。本当に素晴らしい小説だ。
     セックスという極めてキャッチーなテーマからこんなにも人の感情を揺さぶることができるものなのかと感嘆させられた。

    ・文体について
     文体については、イマイチ良さが分からなかった。良さが分からなかったどころか、良くないとさえ思った。そう、悪かった。
     というのも、翻訳の文章がいかにも"英文を和訳しました!"的な文章で、非常に読みにくく、小説に没頭しづらかった。翻訳であることを差し引いて、文体を鑑賞できる程、小説の事の分からない私にはその美しいと評判の文体(友人の中だけでなくネットでも評判なのだ)も、イギリス文学っぽい文体も、感じることは出来なかった。残念である。

     しかし、翻訳の悪さを勘案したとしても、この小説が名著であることには変わりはない。恐らく万人受けするだろうと思われる内容であるし、是非とも皆さんには読んでいただきたい一冊だと私は思う。

  • 「マキューアン好きそう」と言われるのだが、なんとなく素直に好きとは言いがたい。なんというかこのムズムズする感じ。引っ張れるだけ引っ張られる緊張感の中、最終的に突き飛ばされるような結末と、その影でヒヤリとするような著者のシニカルな笑みがかいま見えるような、そういう居心地の悪さ。

  • 性の解放が叫ばれる直前1960年代初頭のイギリスという時代設定が絶妙。新婚の二人の戸惑いとすれ違いがグロテスクなほど生々しく滑稽に描かれる。悲しい結末だけどこれぞ青春における喜劇だと思う。

  • ほんの少しのすれ違いで、人が永遠に遠ざかってしまったり、もう二度と戻れなかったり、そういう事がある。そういう事を考えさせる、すごいありありと感じさせる小説。それが"初夜"っつうのがまたいいよね。

  • 文章が過剰でないのに繊細。ストーリーは切ないのに冷静。

  • いやぁ、切ないという言葉で片付けていいものか。
    シンプルなストーリーを読ませる巧さが作者にはある。

  • イアン・マキューアンの作品で比較的、軽く読める感じでした
    好きなのは、独特の着眼点?っていうの?
    毛穴に至るまでの細部の描写と
    上手いのか上手くないのかよくわからない比喩と
    それらを無感動な姿勢で淡々と綴ってゆく感じ

    ある夜(若い新婚さんの初夜)を結び目として
    そこに結び着くまでの二本の糸(二人の過去)と
    そこからまた別れていく二本の糸


    面白かったです
    自分を冷静に分析しすぎるのも良くないのかしら
    なんて

  • 週間ブックレビューがきっかけ。

    1960年初頭のイギリス。
    フローレンスとエドワード。

    美しい文体ってこういう事なのね。
    原文はどんな事になっているんだろう。
    透き通ってて繊細なのに儚げではなく、落ち着いているのに重くなく、そういう点からすると惹かれる小説。

    残念な事にストーリーが苦手。
    「ごめんなさい」って何回も謝りたくなる。
    ふたりを好きになったのに。

    他の作品にも挑戦しよう。

  • そんなに長い話ではないし、たった一夜の出来事を描いているのに、すごく長い物語を読んだような感じがしました。現代でもきっとこういう行き違いはあるのだろうな。なんとも苦い、切ない気持ちになりましたがまた著者の本を読みたいです。

  • 結婚式の後、初めての夜を迎えた二人がセックスに対する意識の違いから別れてしまう小説。結婚すれば当然セックスとなると思う新郎エドワードとそれを受け入れがたいと考える花嫁フローレンスの感情と情景が描かれる。

    テーマがセックスというデリケートなものであるので小説になるが、現実でも結局、夫婦と言えども他人であるから、さまざまな事柄に価値観が違うこともある。お互い受け入れ難い価値観があったり、将来の目標が違うなら、別れるのも選択肢だろうなぁ。傷が深くなる前に別れられた主人公はある意味幸せだと思う。

  • 不思議な世界観の小説だった

    表現が綺麗だったし、結構好きな小説ではある

  • エドワードとフローレンスの結婚後、8時間とその後。
    最中の、二人の考えていることが余りに違う箇所は秀逸だった。(そして余りにもそれが互いに伝わっていなさすぎるのも。)
    外国文学をあまり読まないので、説明文の多さには不慣れで少し眠い。
    で頑張って読んでみると、この二人って結局根本的に<合ってない>のかなぁ、と。考え方がという意味で。
    今回はたまたま、性に関する考え方の相違が主題だったけれど、そうでない別の部分でもズレは生じてきそうな気がする。
    ラストのあたりでエドワードが<あの時~してれば>みたいなことを思っていたけど、どうかな。
    どちらにしても、これは埋まらない溝だわ、って実感してしまった時ほど怖いものはない。
    イアンマキューアン初読みですが、この辺の絶望感を描くのが本当に巧みだなーと思いました。

  • スコットランドへ持って行った3冊のうちの1冊。ブッカー賞作家の短い長編小説で、川上未映子さん曰く「最高に美しい恋愛小説」。全体の5分の4までは、どちらかというと説明的な地の文章がつづくのだが、残りの5分の1で、抜き差し成らない男女の会話とその後の数十年という時間が流れ、些か手際が良過ぎる気もしたけれど、イーサン・ホークのいくつかの映画(『ビフォア・サンセット』や『痛いほどきみが好きなのに』)を思い起こし、胸がつまった。「ふと気づくと、彼女は訊いていた。『あれはナイチンゲールかしら?』『ブラックバードさ』『夜なのに?』彼女は失望を隠せなかった」。恋愛におけるやり場のなさは、人生におけるやり場のなさでもある。

  • 「仲のよいほぼ無言状態という毛布がふたりの違いを覆い隠し、彼らを縛りつけると同時に盲目にしていたからだ。彼らは意見が分かれるのをずっと怖がっていたが、いまや彼の怒りが彼女を開放した。」

    噂のイアン・マキューアン!!
    やっとのことで1冊読むことが出来た。

    想像以上に読みやすく面白かった。
    そして、この物語は読む人によって全く異なる印象をうけることまちがいなし!と心から感じたのだった。
    私、ぐらいの年令になってしまうと、やはり若い人を見るようにどこか微笑ましく思ってしまう部分もあった。

    背景は、どうしようもなく、持って生まれたその出自、は変えられないのだと思ったし、乗り越えられない何かもあるのではないかと思うのだった。

    久々の恋愛小説!?
    たった数時間の出来事をここまで広がりを持って展開できるなんて、、、やはり、凄い!
    ますますこの著者の作品を読んでみたくなった。

    【7/20読了・初読・大学図書館】

  • タイトルで期待するだろうなぁ…。私も期待したし。 (><)

    でも、違うよ!

    純文学だからね! (キリ!

  • 愛し合って結婚したはずなのに、愛した相手を思いやった挙句がこんな結果になっちゃって・・・って感じ?でも相手を思いやる以上に自分に正直でいようと思うと、こういうことになっちゃうのかな。いろんな意味で開けっぴろげな現代ならこんなことは起きないのかな、となると良くも悪くも古き良き時代ということなのかな、とも思う。
    「切ない」とか「ほろ苦い」っていうのはこういうことなんだろうな。

  • 文体や背景がきれいで好きです。

  • 静かな、そして登場人物の心の機微が丹念に描かれた秀作。
    性の解放が叫ばれる以前のイギリスの、
    慎み深くいることを余儀なくされていたがゆえの悲劇を描いている。
    美しい作品。
    現代では理解できない人の方が多いのだろうけれど・・・。

  • お互いに愛している
    しかし若さゆえ言い出せない、相手を思いやればこそ
    その時代の理想的なプライドと遠慮がある
    初めて本音をぶつけたことで
    思い描いていたこれからの二人の人生を壊す人生のひと時が
    過去との行き来のなかで描かれている。

    喧嘩別れするときには、少なからずこのような心理が
    お互いに働いていると、思い出したり教訓にしたり
    若くて許せなかったことが、年齢を重ねて人生にとっては
    些事に感じたり、あの時は赦せなくても
    時がたてば/今となっては、だったり
    自分が動かなかったことで、取り戻せないありえた未来を
    思い起こしたりだったり。時代の転換点であったとしても
    「一度かぎりの」初夜であることが意味ある作品。

  • [ 内容 ]
    歴史学者を目指すエドワードと若きバイオリニストのフローレンスは、結婚式をつつがなく終え、風光明媚なチェジル・ビーチ沿いのホテルにチェックインする。
    初夜の興奮と歓喜。
    そしてこみ上げる不安―。
    二人の運命を決定的に変えた一夜の一部始終を、細密画のような鮮明さで描き出す、優美で残酷な、異色の恋愛小説。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全47件中 1 - 25件を表示

初夜 (新潮クレスト・ブックス)に関連する談話室の質問

初夜 (新潮クレスト・ブックス)に関連するまとめ

初夜 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

初夜 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

初夜 (新潮クレスト・ブックス)の作品紹介

歴史学者を目指すエドワードと若きバイオリニストのフローレンスは、結婚式をつつがなく終え、風光明媚なチェジル・ビーチ沿いのホテルにチェックインする。初夜の興奮と歓喜。そしてこみ上げる不安-。二人の運命を決定的に変えた一夜の一部始終を、細密画のような鮮明さで描き出す、優美で残酷な、異色の恋愛小説。

ツイートする