いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)

  • 1448人登録
  • 3.75評価
    • (111)
    • (130)
    • (103)
    • (34)
    • (12)
  • 185レビュー
制作 : 岸本佐知子 
  • 新潮社 (2010年8月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (282ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900854

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
村上 春樹
朝井 リョウ
カズオ イシグロ
今村 夏子
レーモン クノー
朝吹 真理子
川上 未映子
三浦 しをん
柴崎 友香
有効な右矢印 無効な右矢印

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

  • 黄色な装丁がもう素晴らしく素敵なのです。
    この色とデザインにふらふら惹かれて手にとってすぐに読みました。

    ああ好き、この感じ。
    16のお話それぞれに孤独な人がいて、その孤独さはけれども決して特別なものなんかじゃなくて日々の暮らしにふっと過る誰しもが感じるものであって、でもとても奇妙なもの。
    孤独を埋めるために誰かと一緒にいて寄り添っているのに、繋がることがより一層の孤独を生む。
    寂しさがずっとずっと増していくばかりの何とも切ない感じ。
    その感覚が自分の抱える冷たい部分と妙に合わさって心地良かった。
    訳者の岸本さんの感性がもう素晴らしくて、とても感じ入って物語の世界に浸れました。

    孤独だけど、孤独ゆえに誰かと繋がったという事実が仄かであっても光を生むのだなぁ。
    「水泳チーム」「階段の男」「あざ」がお気に入りです。

  • 日本の現代作家さんにも言えることだけど、
    おしゃれ風に書けばいいと言うものではない。
    とにかく救いがない話を連ねているが、
    どこにも重みがなく、薄っぺらい。
    途中で気分が悪くなった。
    救いがなくても構わないが、
    突拍子もない話を作ればいいと言うものではないのでは?

  • これを一冊の本として評価するのはなかなか困難。
    16の短編を全て読んだけど、読んだだけで、さっぱり意味が分からないものも幾つかあった。
    ただ、すんなりと吸収できて、面白いと思えたものは、半端なく面白かった。
    16全てを分かるには、読み手の私の経験値がきっと足りないんだと思う。あとまた何年か後に再読したいと思った作品。
    そんな、先に期待が持てる意味で☆4つ。


    好きだった話
    『妹』『ロマンスだった』『何も必要としない何か』『2003年のメイク・ラブ』『十の本当のこと』『モン・プレジール』『子供にお話を聞かせる方法』

    面白かった表現
    『車に向かって歩きながら、このまま車まで永遠に歩き続けたいと思った。いまこの瞬間だけは、自分がどこに向かっているかがはっきりしていた。わたしは車に向かっていた』(2003年のメイク・ラブ)

  • ちょっと奇妙な日常を舞台にした16編の短編集。
    人はあまりに長く孤独でいるとおかしなことをしてしまう。トンチンカンな挙動をしたり、そうでなければ思いに捕らわれて固まってしまったり。そんな日々の些細なことを連ねて物語の骨格ができている。個々の出来事はたいしたことではないけれど、反応としての行動から、本人にも無自覚に心の動きが語られていく。どんなふうに物語をまとめ上げているのか不思議に思える作家の技。ああ、あるあるこういうこと……と共感するところ大なのだけれど、いかに孤独すぎる人の挙動を熟知しているかがバレるので、人に読んだ読んだと言うのは恥ずかしかったりする。
    しかし、孤独な人は絶望の淵に沈んでいるわけではない。川底を歩いている。時には差し込む光に手を振ったり、スキップしたりすることだってあるーーという感じがした。

  • 「孤独」の短編集。
    孤独に向き合って生きるのは辛いけど、孤独を知らない方が悲惨かも。
    誰だったか俳優さんが、人生の三種の神器は友情、情熱、孤独と言ってた。イタリア人みたくマンジャーレ・アモーレ・カンターレで生きたいけど、人と分かち合う喜びも、きっと孤独を知ってこそ。

  • 読んでるうちにどんどん感情が湧き出ててきて心が引き裂かれる思いがした。でも読み終わった後に「でもあまりに寂しい。確かにこれが人間だが、私はこれだけの人間を見たくない。」もうお腹いっぱいしばらく結構。と感じたのは何故か?
    何故ならこれは私たちが目にしたくない部分だからだと感じた。ここに私自身見ないふりしていた「痛み」があったから。私は、Mr.ピープスにいたあの女の子であると同時に、そんな世界はまるでないかのように暮らす男でもあるのだ。
    見ないふりはもうやめようかなあ。例え頭痛が絶えなくても、この痛みは私のものなんだから。

  • 今の安定していない自分にとって天から降りてきたような短編集だった。
    とても、勇気づけられたし、もっと、この本に浸りたかった。

    けど、読み終わった瞬間自分は現実逃避をしていることに気づかされ、目が覚めたような気がする。

    この短編集に出てくる人々はいつも孤独で不器用にみんなとつながって生きていくことがベースになっているだろうけど。
    世の中に対して腐るほど不満があっても、自分の思い通りにならないけど、強く、たくましく、生きていくよう教えられた気がする。

  • 一歩進むたびにバケツに足をひっかけて転んで、上から盥が落ちてくるような読書だった。登場人物が痛々しくて数ページも続けて読めず、いくつ話を読み終わってもミランダ・ジュライに慣れることができなかった。

    独りであるために自分のふるまいが適切なのかどうか確認できず、絶えず緊張を強いられているように見える女たち。物語を外側から楽しめずに彼女らの側に立って経験してしまったのは、自分の中の変えようのない部分をあの女たちに見てしまったからだろう。素のままではあんまり大変だから、なるべく弱点をさらさずに済むように生活を組み立てているのに、まだそういう防御体制を敷けなかったころの不安感がまざまざとよみがえってくる。今だって素の自分を彼女らの世界に投げ入れたら、同じようにへんてこでぎこちない行動をとるだろう。「自分だけじゃなかった」みたいな安心感はどこにもなかった。

  • この空気感を表現するのは難しい。日常に潜む、悲惨さに気づかせてくれる感じ。

  • ひとはみな孤独だが、孤独を通してつながれるかもしれない。米国版江國香織のよう。これは、お気に入り追加!

  • 思いきって開いて出して見せてみてもたぶん他人とはシェアしきれないであろう色々なものがここに…

  • 一気に読んでしまうようなものでもない気がして、1日1篇のペースで、鞄に入れといた。
    この本と同じ色の黄色い鞄からこれを取り出してみる、またしまう、……、とても楽しい2週間だった。
    細かいことにウジウジとらわれてしまう私だが、この本をパタンと閉じる瞬間には、ちょっとだけ健全に力強くなれるような気がする。

    附記。
    これを読んだという人に会ったら(ひょっとしたら「女の子限定」のほうがいいかもしれないけれど)、「あなたはこの中でどれがいちばん好き?」と訊くことに決めた!
    それから、その都度の自分には、「今日のあなたはどれ?」と。

  • 面白かったです。人生に行き詰っている人が主人公。
    性的描写が多かったですね。エロティックではなく
    他にどうしようもなくそこに行きついてしまったような
    エンディングのお話たちでした。

  • 年齢制限のかかっている現代アートの美術館に行ったような気分になる本。Noone belongs here more than you.っていう英語版のタイトルの方がしっくりくる本。

  • あまり面白くなかった。読み込めた感覚はないので適当な感想だけど、繊細で皮肉っぽく、人に対して冷静な感じが苦手だった。それでも瞬間的に惹かれる部分はあって、変わった人たちが登場人物なのは好きだったかも。

  •  設定や状況がへんてこで奇妙な短編集。人の嫌なところが辛辣に書かれていたりしてぞくっとすることもあったけど、作品全体に漂うどうしようもない孤独感に、とても切なくなった。だけど切ないだけではなく、文章に滑稽さやユーモアがあったので楽しく読める。この作品が作者の初めての小説集らしいのだけど、次作以降も読みたい。特に印象に残ったのは、「何も必要としない何か」「妹」。

  • 他人の生きざまを知るということが、これほど自分を、そして自分と関わってくれるすべての人を救ってくれるとは。孤独に、けれど「何か」を追い求めるそれぞれの主人公が、目の前を通り過ぎていく。私には彼らが何をしたいのか、何が目的なのか分かっている。自分のことは分からないくせに。
    それでも、そのヒントを垣間見た気がする。今日も、いちばん「ここ」に似合う人として、生きていこうと思う。

  • 映画監督でもある著者初の小説集。どこか奇妙で切なく優しい16の短編。どこにでも誰にでも起こりそうな日常の断片のような話の数々。しかしそれぞれの話が印象深く残り共感を覚える。

  • 水泳チーム
    階段の男
    読了。
    変で切ない。

  • うーん、上手いなぁとは思うんだけど、私にはちょっと合わなかった…。
    私若いのに酸いも甘いも噛み分けてるんですっ!孤独についてこんなにわかってるんですっ!ってひけらかす感じがして鼻についちゃったなぁ…。
    「水泳チーム」が一番好き。

  • 短編集。どの話にも強烈に引き込まれた。もう二度と元に戻らない関係は、わたしもこうやって本に閉じ込めておきたい。心だけが遠くに行ってしまったひとを思うとさみしさが込み上げるが、本心を隠したまま彼らに接する主人公。黒い影を愛する女性、実体のない娘を愛する老人、友人の娘を愛する女性、何かがはっきりと終わってしまった夫婦、電話を布団の中に引き入れて寝る少女。どうして人は一度手に入れたものを手放してしまうのだろう。

  • この翻訳者の名前は昔っから知っているのだけれども、一冊も訳書を読んだことが無かったので、これが最初の本。このレベルの翻訳って、もう翻訳とはいえないよなぁ。素晴らしい。原作者と翻訳者の境目が曖昧になる。

  • 奇妙で孤独な人々の「突拍子もない」短編ばかりだが、「それが私達自身だと共感する」と訳者の岸本佐和子さんは言う。そのとおり、私も実は家から27歩以上外に出られない、でいるのかもしれない。

全185件中 1 - 25件を表示

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)に関連するまとめ

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)の作品紹介

水が一滴もない土地で、老人たちに洗面器一つで水泳を教えようとする娘(「水泳チーム」)。英国のウィリアム王子をめぐる妄想で頭がはちきれそうな中年女(「マジェスティ」)。会ったこともない友人の妹に、本気で恋焦がれる老人(「妹」)-。孤独な魂たちが束の間放つ生の火花を、切なく鮮やかに写し取る、16の物語。カンヌ映画祭で新人賞を受賞した女性監督による、初めての小説集。フランク・オコナー国際短篇賞受賞作。

ツイートする