オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)

  • 1006人登録
  • 3.88評価
    • (81)
    • (103)
    • (70)
    • (14)
    • (5)
  • 144レビュー
制作 : Junot Diaz  都甲 幸治  久保 尚美 
  • 新潮社 (2011年2月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (414ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900892

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ポール オースタ...
冲方 丁
今村 夏子
円城 塔
ウンベルト・エー...
フェルディナント...
伊藤 計劃
三浦 しをん
サルバドール プ...
村上 春樹
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

  • 主人公のオスカーは、『指輪物語』とSF小説、マーベル・コミックス、日本のアニメをこよなく愛するデブのオタク。当然ながら女の子にはまったくモテないが、本人の中には、愛を求めてやまないドミニカ男の血が脈打っているのだ!かくして、恋に落ちてはフラれて落ち込むことをくりかえすオスカーの人生を、姉のロラや語り手のユニオールは、はらはらしつつ見守ることになる。
    これだけなら、オフビートでちょっと切ない青春小説にしあがっていたことだろう。だが、登場人物たちが共有するドミニカのルーツには、より暗い側面がある。ユニオール言うところのフク、カリブ海の呪いが。それはまるで、トルヒーヨ以降、ドミニカ人の愛とセックスは無垢のままではありえず、政治と暴力がつきまとうことになってしまったかのようだ。超自然的なほどの絶対的権力をふるう独裁者、世代が下り、場所がアメリカに移っても子孫たちを追いかけてくる呪い・・・これではまるで、オスカーが夢中になるファンタジーかSFマンガみたいではないか。
    国中の女たちをわがものとするために、その父親や夫たちをサメのプールに投げ込んだというトルヒーヨ、独裁者に美しい娘をさしだすことを拒んだために一瞬にして破滅したアベラードの、ファンタジー小説めいたエピソードから始まる一家のサーガに低い旋律を添えるのは、ラ・インカ、ベラ、ロラという3代にわたる女たちだ。主要な産物は売春婦だと言われるドミニカで、セクシーな身体をもつ女の子たちは、自分の身体を武器に自由を手にするつもりで利用され、傷つき、ときに生命の危機にさらされ、そんな娘たちの運命を知りぬいている母親たちは、娘たちを守ろうとしながらも支配し、憎みあい、愛しあうのだ。
    こうして、アメリカのニュージャージー州で育ち、アメリカ国籍をもつベラの子どもたちのひとりは、あまりにも冷酷で強靭な母親に押しつぶされながら必死にもがき、もうひとりは、まるで超自然的な何かに導かれたように、ひきこもりのオタク生活から命をかけた愛へと跳躍し、サトウキビ畑へと消え、母親とは違って、二度と還らない。
    読み手が理解しようがしまいがおかまいなく吐き出されるオタク・ワードとスペイン語をちりばめた饒舌にして思慮深い文章は、実に圧倒的なパワーで、ドミニカ移民の子どもたちをとらえつづける、個人と歴史をつなぐ大きな力を示している。
    あとがきによれば、ジュノ・ディアスはこの語りの形式にたどりつくまでに11年をかけたとか。それだけの執念とみなぎるパワー、切実さを感じる傑作だ。

  • カバーに書いてある通り、南米文学の豊穣さ・マジックリアリズムと、アニメ・ゲーム・マンガなどのオタクnerdが激突している。びっくりする面白さ!リョサの「チボの狂宴」と併せて読むと面白さ倍増。

  • 私に分かるかな~と思いつつ読み始めたけど、登場人物たちの凄まじい人生にからめとられてしまった。たくさんある注釈は分からんことばかりだが、それでも充分に魅力的だ。悲惨な出来事だらけなのに、たくましく生き抜くドミニカの人々の力強さ。一見何の強さも持ってなさそうなオスカーが最後にやらかしたことに心打たれた。

  • 評判通り、すごくおもしろかった!
    物悲しいけど、どこか少しだけ温かい気持ちになってほろりとしてしまう。
    ほんとに凄まじい家族の歴史に触れて、生きる意味ってなんだろうと久しぶりに改めて考えさせられる。それから、歴史を自らの手で、意志で語る意味も。

  • 小説を読んだあと、こんな気分になったことはない。ひとこと、疲れた。どっぷり、疲れた。内容が濃かった。濃すぎた。悲惨だけどどこかおかしみもあって、感情をゆっさゆっさと揺さぶられた。そんな高ぶった気持を抑えるかのごとく、ラストはなんか、かなしくて。そしてなぜか、面白くてガシガシ読んでたはずなのに、なかなか進まなかった。脚注、読み切れず…。将来、息子に読ませたい。これが面白いと思える男になってほしい。

  • 本書の本質はあらゆる権威への反抗にある。それはマッチョで父性主義なアメリカ的価値観であり、英語一辺倒な活字文化であり、聖書や歴史からの引用が持て囃され先人がのさばる文学界であり、家族や両親という血縁、そしてそこから遡る血の輪廻であり、ドミニカ共和国に存在した最低最悪な独裁政権に対しての反抗だ。だからこそ主人公はナードで不細工なオタク野郎である必要があり、サブカルもマジックリアリズムも乗り越えて100%のリアリズムに闘いを挑み、残酷なまでの悲劇で結末を迎える。最高だ。笑って泣けるのに勇気の出る、類い稀な本。

  • ジュノ・ディアスの名前は以前から知っていた。デビュー短篇集の『ハイウェイとゴミ溜め』。すごく気になりつつ読み逃しているのだ(絶版)。で、2作目の本作でピュリツァー賞と全米批評家協会賞ダブル受賞っていうんで、ほー、スゴイねと期待して読み始めた。

    うん、面白かった。
    でも“まったく新しいアメリカ文学”かどうかは疑問だなぁ(笑)
    英語圏でもスペイン語圏でもない日本で、日本語に翻訳されたものを読む時点で、“英語とスペイン語が激突する新しさ”は堪能できないわけだし、黒船来航以来、外国語と日本語の混ぜ合わせに慣れている日本人からしたら、英語とスペイン語がミックスされてるのがそんな新しいかっていう…


    独裁政権下のドミニカで、悲劇と不運に見舞われた一家。世代を経てもその呪いは連綿と続いていく——のわりに、あんまり広がりを感じないんだなぁ。
    独裁政権下でのズッシリとした家族の物語だと、マルケスをはじめ、すでに先逹がいる。だから全然ドミニカ男らしくないヲタクを主人公にして、情報過剰投入したのかなと勘ぐってしまう。
    正直、主人公が最後に想いを遂げたゆわれても、果たしてそれは愛だったんでしょうか本当に…というモヤモヤ感が残る。
    面白かったんだけど。

  • これもジャケ買いした1冊。
    予想と違い、歴史的背景の濃い物語だった。
    けっこう下品でヴァイオレンス満載なんだけど、そんなに嫌な気がしないのは、オタク文化、オタク言語で溢れているからだと思う。
    読みにくい部分もあるけど、オタク的比喩がユニークで生々しさを感じさせず、俯瞰的視点で読めた。
    ドミニカ共和国の暗黒時代って凄まじかったってのを知れる作品。

  • すばらしい。
    これを読んで、百年の孤独を読んだときの感動を思い出した。

    解説、背表紙のコメントではしきりにこの小説の新しさを強調しているけど、SFとかRPGなどオタク的要素を取り入れていたとしても南米マジックリアリズムをしっかりと踏襲した純純文学だと思う。

    マコンドの村とパタソン、サントドミンゴが重なったし、デ・レオン家とブエンディーア家がシンクロしました。

    まさにこの小説はデ・レオン家サーガです。

    南米小説が好きな人は是非一読あれ。

  • 誰もが知らず知らずのうちに誰かの歴史を背負っている。

    呪いの女神の足は後ろ向きについている。彼女は常に過去へ向かう。

    今までに知っているどんな物語も、カラブル家の歴史よりは穏やかで上品で礼儀正しかった。

    訳者がオタク用語?に細かく注をつけてくれているけど、なくてもいいんじゃないかな、これ。
    訳者後書きによると、これほど詳しい訳者注をつけているのは今のところ日本語版のみらしい。日本人は凝り性だね、ホントに。

    人と人が関わりを持つようになれば、その関わりはまるで生きもののようだ。ある時は天使のように彼らを守り、またある時は怪物のように食らいつくす。
    人と人をつなぐ引力は生きものなんだ。得体の知れない生きものだ。人が増えるほど複雑に、力強く、手に負えなくなってしまう。

    自分の人生には自分で責任を持つこと。誰もアテにするな。つまりそういうことね。

    この本に出てくる地名の9割は、聞いたことはあるけどこの地球上のどこにあるのかきちんと説明できる自信がない。地味にショックだ。

    シェイクスピアの時代から、いえもっと昔、オイディプスの頃にはもう、先祖から受け継いだ呪いに子どもたちは苦しんでいた。
    一体どういうことなの?呪いを更新して、苦しみの遺産を残すことが人生だとしたら、人間の尊厳や人生の価値や美しさはどこにあるの。
    私たちの祖先は子孫達を愛していなかったの?どうして誰も、その身を挺して全ての呪いを持ち去ってはくれなかったの。
    人に期待するなってコトでしょ。わかってるよ。うん、それに人身御供を求めるのは間違っているよね。

    愛が破滅の呪いを引き寄せた一族。やがては愛が希望を呼び寄せる……はず。

    暴力に晒されて生きている子どもたちがいることを、私は知っている。けれど自分が知っていることを信じ切れずにいるのかもしれない。

    南米って一体どういうところなの。何が起こっているの、この世界で。

  • これはすごい。まさにハイブリッド文学の傑作。繊細さと力強さ、怒りと笑い、愛と憎悪、ポップと土着etc,etc…まだまだいくらでも続けられそうに思うほど、今を生きる人間の諸相を詰め込んである。圧巻だ。

    「本の雑誌」5月号6月号で三人の方が本作について触れている。山崎まどかさんが、タイトルロールのオスカーよりも姉のロラに感情移入したと書かれていて、まったくその通りだと思った。ロラや母のベリの激しさや悲しさが強く胸に迫る。

    また、豊崎由美さんの評には(豊崎さんの言い方を借りれば)「感服つかまつり候」であった。読後胸の中で渦巻いていたものが見事に言葉になっていた。

    大森望氏が短く触れているように、確かにこれは「オタクごころ」を激しく揺さぶるものであることに間違いはないだろう。でも、そこを強調しちゃうと、じゃあ読まなくていいやと思う人も多いんじゃないだろうか。私自身、第1章のオスカーのところを読んで、この調子でずっと続くのかと思い、もう少しで挫折するところだった。ページ左にある著者註もいい加減に読みとばしていた。でも、ページが進むにつれて展開する濃密な世界にどんどん絡め取られて、途中でもう一度最初から丁寧に読み直したのだった。

    ドミニカの独裁政権のことを何も知らず、知ろうともしなかったことが心に突き刺さる。とても現実とは思えぬ恐怖政治のもとで生きることの対極に、最後の最後にオスカーが知った「親密さ」があるのだろう。「素晴らしい!」

  • うわー、これは私の苦手なタイプのオタクだわ…と、いうのが最初の数ページを読んだ時の印象。(苦手なオタクと好きなオタクの2種類がありまして。)
    途中で挫折しそうな予感ぷんぷんで読み始めました。

    でも、語り手がオスカーからロラに変わったあたりから、もうぐいぐい引き込まれていった。
    話がどこに向かうのか全然予想できないだけじゃなくて、次の語り手が誰になるのかすら分からない。そして語り手が変わると、全然違う人生が始まる。適当な順番で統一性なくつづられているように見える彼らの物語からゆっくりと浮かび上がってくるのは、ドミニカという国のむちゃくちゃな政治、悲しい歴史。

    ドミニカについては、ぜっっんぜん、知りませんでした。ショックでした。
    中南米で、独裁政権や軍事政権に血塗られていない国って存在しないのだろうかと読みながら途方に暮れるような気持ちになりました(中南米に限らないんだけど)。日本の日常でぜんぜん耳にしないだけに驚きが大きくて。
    国際社会から巧みに隔離されていたから、当時も国際世論から批判もなかった、とあったけれど、そういう国が世の中には多すぎますね。

    そして、これがまじめなトーンで書かれた告発文書みたいなものだったら、私はそのまま目にすることもなかっただろうなぁとも思い、作家という職業の持つ底力に改めて畏怖の念を覚えます。
    起こった悲劇は取り返しがつかないけど、周知されることは、未来にとって、非常に大事なことだと思うから。

    読んでいて、アルマジロの存在感と描写が不思議で美しくて印象的でした。
    大人になると、そういうものの存在はまったくバカげたものに思えるんだろうと子供のころは思っていたけど、それは逆で、年をとればとるほど、そういう大いなるものの存在を信じるようになっている自分がいます。

  • どうしてオタクは日本でもアメリカでもいじめられるのかな。一発当てたら、スタースポーツ選手も及びもつかないほど稼げるのに。アスリートほど転落もしないだろうし。オスカーの死後、彼の小説が大ヒットなんて結末を予想していたが、そんなに甘くはなかった。でもオスカーが真のドミニカの男であることは証明された。
    現政権以前に本作を読んでいたら、トルヒーヨの暴虐ぶりに驚き憤りつつも、どこか遠い世界の物語と感じていたろう。でも今は決して遠くない世界と感じる。日本にもこんな世界がひしひしと迫っているような。
    ロラの章を読んだ時、毒母ものかと思ったが、そう単純ではなかった。ドミニカの女はすごいね。
    バルガス=リョサに喧嘩を売っているのも面白い。リョサ未読だが、読むときに虚心坦懐ではいられないかも。
    語り手の存在も良かった。

  • 最初はフクって何やねんと思い、取っつきにくかったが、最後の200ページぐらいは一気に読めた。慣れるのに時間がかかるが、それからはただただ作者の主張・ドミニカの暗い歴史・独特な文化・オタク知識などに圧倒された。
    読んでよかった1作品!

  • テレビで紹介されていたので。注釈が尋常じゃなく多くて読むのに一苦労。日本のオタク文化にも詳しいオタク青年オスカーの短くもすさまじい一生。

  • 開始早々、註釈でものすごくページをくっている所があったので、げんなりして読み進めることが出来なかった。

    面白そうなタイトルだっただけに残念。

    どんな話か誰か教えて欲しい。

  • ・オタク云々以前に、ちょっと変わった男のラブストーリーや成長(でもないか)物語としても面白い。
    ・しかし白眉は三世代(以上)にわたる家族の年代記と、破天荒な物語。
    ・マチズモ、権力関係への対抗としてオタクをもってくるとは。
    (しかしいわゆるアキバ系や萌えではなく、知識偏向のオタク)
    ・母娘の壮絶な戦いがすごい。
    ・そして語り手のユニオールの偏見が入った上で愛のあふれる文章がよい雰囲気。

  • ドミニカ共和国の独裁者トルヒーヨの時代、その悲劇を書いた作品ということだが、とにかく注釈が多くてすごい。
    それもかなりのオタクである。
    指輪物語、スターウォーズ、マーベルといった日本でもメジャーなものはなんとか理解出来るが、それ以外の引用はまったくわからん。
    しかし、たくさんのSFファンタジーに埋もれる主人公でデブのワオを中心に、独裁時代の悲劇が淡々と書かれているというのは確かに新しい。
    訳者あとがきによると、原文は英語らしいがたくさんの標準的ではないスペイン語が混在しており、そのうえSFファンタジーも盛りだくさんということで、訳者も大変だったようだ。

  • いやーーー。面白い!

    こういう本書いてみたい!!!と思う独創的な面白さ。

    しかし、自分が面白いわーと激しく思う本って100%友達には勧めない。自分にはすっごく面白い本だが、彼女にとって面白いのか?と思うと全然ちゃうやろ?と思うから。時々こういうバチコンとクる本に出会うから読書は止められない。ただアメリカのオタクは日本と違って健全で、二次元に恋したりしないのね…。Japaneseだったらこの位のヲタだったら寧ろ尊敬され愛されると思うのだが。切ねえな。nerdの対極がジョックスとチアガールだと説明されたら凍る。アメリカのリア充どんだけだよ!世界広っっ。

    沢山の気づきが有りました。
    知らなかったな、ドミニカの歴史。

  • SFやら日本のアニメやらトールキンの指輪物語やらががんがん引用されるドミニカ生まれのアメリカ人作家によるオスカーたち一族の物語。

    ラファエル・レオニダス・トルヒーヨ・モリナという1930年から1961までドミニカ共和国を支配した最悪の独裁者による呪いをかけられた一族について書かれたこの本は、ありきたりにいうなら今風のガルシア・マルケスかな。

  • 読書会で読んだ本

    ちょっと普通じゃなく生きるのが大変な人たち(親子三代)の話だった。みんな呪いのせい

    ユニオールがオスカーのことを話してる(書いてる)のが楽しそうなのがいい。オタクに影響されてオタクになった人。長いのが、語り手のおかげで最後まで読む気になれる感があった

    フク、顔のない男、マングース(?)、ラ・インカの祈り、手書きのメモ書きさえ残らず破棄されたというアベラード、とか、なくても説明がつくのにある変なことが気になってる。裏表紙とかに書いてあるマジック・リアリズムというのはそういうようなことを指していう言葉なんだろうか

    こうしてお前は彼女にフラれるよみたい

  • 斬新な小説で、注釈が多く、こちらの方が興味深かったりもする。日本のオタク文化というかアニメも多く登場する。もちろん注釈付で。
    ドミニカ共和国に住むラ・インカの従兄弟一家の悲惨な生涯を描いているが、独裁者トルヒーヨ時代が終わってからも悲惨な状態は続いて怒りも湧くような物語。
    救いは無かったと言いたい。

  •  オスカーとその一族について、オスカーの"真の"友達であるユニオールが語る形式で進む物語。膨大な文章と注が続くなかで、オスカーの一族が遭ってきた独裁、支配、差別、苛めなどの不条理さに腹立ちを覚え陰鬱な気持ちになるので、決して読みやすい物語ではなかったけど、ラスト二ページに辿り着くために最後まで読んでよかったと思った。凄まじい人生を送ったオスカーがその経験、幸福を味わうことができて本当に良かった。読者も救われた気になる。この本は傑作!

  • 図書館で。何で借りようと思ったのかは忘れましたが借りてよかった。これはスゴイ本だった。

    ドミニカ共和国という国名は知っていても南アメリカにあるんだろうなあとぼんやり思っていたらハイチの隣だった。そして物凄い独裁政権が支配していたんだ、とこの本を読んで知りました。南アメリカの歴史はどこも…辛いなあ。
    そして親世代の迷信だろうとも言い切れないフクが今の時代のオタクな若者にも襲い掛かる恐怖。というか今も昔も権力を持った人間が好き勝手やっているのは変わらないという事か。でも日本だってドミニカは大変だなあなんてのほほんとコメントして居られる状況じゃない。そりゃあ選挙はあるけれども一党が50年以上与党だった国って…独裁者が支配している訳ではないけれどもそれってどうなの?と少し背筋が寒くなる事態です。
    トルヒーヨ政権の事は今度読んでみよう、と思いました。きっと胸糞悪い話なんだろうなあ…。でも戦時下の日本の特高とかだって人の事言えない残虐な事をしていたんだし、ましてや他の国に置いては…と考えると頭が痛くなります。

    それはさておき。指輪物語を通り一遍で読み終えてしまった自分はあの世界観にのめり込めないのが残念でなりません。が。そういえば学生時代先輩たちがギャザリングとかやってたな…とぼんやり思い出しました。映画のAKIRAの後なのか?それがちょっとびっくり。そしてSF的荒唐無稽な悪の国家が栄える国ってのは実はちょっと見渡せば自国やすぐ近くの国に見られる政権であるという実に皮肉なお話。お話ならヒーローがなんとかしてくれるかもしれないけど等身大の、世界のモブの一人である自分たちはどうすればいいんだろう。
    取りあえず選挙には行こう。戦争はしたくないし、権力を一点集中させないためにも。

  • オタクで冴えないオスカーの物語と思いきや、
    姉、母、祖母まで遡る呪いの物語。
    ドミニカを舞台にした物語で、語りかけるような文体でライトの感じるが注釈が多すぎて苦手。トルヒーヨの残酷さと理不尽さ、フクといわれる呪いを各人ごとに遡る。

全144件中 1 - 25件を表示

オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)に関連する談話室の質問

オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)に関連するまとめ

オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

オスカー・ワオの短く凄まじい人生 (新潮クレスト・ブックス)の作品紹介

オスカーはファンタジー小説やロールプレイング・ゲームに夢中のオタク青年。心優しいロマンチストだが、女の子にはまったくモテない。不甲斐ない息子の行く末を心配した母親は彼を祖国ドミニカへ送り込み、彼は自分の一族が「フク」と呼ばれるカリブの呪いに囚われていることを知る。独裁者トルヒーヨの政権下で虐殺された祖父、禁じられた恋によって国を追われた母、母との確執から家をとびだした姉。それぞれにフクをめぐる物語があった-。英語とスペイン語、マジックリアリズムとオタク文化が激突する、全く新しいアメリカ文学の声。ピュリツァー賞、全米批評家協会賞をダブル受賞、英米で100万部のベストセラーとなった傑作長篇。

ツイートする