ソーラー (新潮クレスト・ブックス)

  • 221人登録
  • 3.40評価
    • (7)
    • (24)
    • (24)
    • (8)
    • (2)
  • 35レビュー
制作 : Ian McEwan  村松 潔 
  • 新潮社 (2011年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900915

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
エリザベス スト...
ポール オースタ...
村上 春樹
伊藤 計劃
高野 和明
今村 夏子
中島 京子
フェルディナント...
イアン・マキュー...
サルバドール プ...
ピエール ルメー...
フェルディナント...
村上 春樹
ウラジーミル・ソ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

  •  学界の住人の日常という個人的にはなじみのない世界が新鮮だったこと、声に出して笑ってしまうジョークの数々のおかげで星印2つを免れたが、短編を集めたようなまとまりのなさはEnduring Loveにも共通した落ち度だと思う。ダメ男が主人公の小説はダメぶりに読者が同情できない場合、ダメさにユニークな救済がない場合、物語に入り込むことも、物語にひっぱられるという読書の愉しみをもつことも読者としては難しいと感じた。マイケル・ビアードの表面的な女好きとは裏腹な、不感症ともいえる人間嫌いがコメディ的要素としっくりこないのもまとまりのなさに寄与しているのかもしれない。コメディ的要素が運動音痴の知的オタクVS肉体派とかイギリス人がアメリカ人の表現の単純明快さに心ひかれてしまうなど類型的なのもカンベンしてほしかった。いいアイデアがたくさんつまった小説だが各所がプロットや人物の説明になってしまっていて不器用さが目立つ。その最たるものは結末に至るまでの伏線の張り方があまりにもしつこいため、終わりから30ページ前で結末が予期できてしまったことだろう。
     薦められない本ではない。軽いエンターテイメントをという人になら躊躇なく薦めるし、映画化してもいいのではと思う。映画化した時にどこをどう端折るかが簡単に思いついてしまうのが悲しいところだが。

  • 書評の、マキューアンの作品で最も笑えて最も悲しい、というのがまさに。
    どうしようもない男とどうしようもない周囲の人々を描く筆には、たくさんの皮肉とちょっとの同情が込められているように思う。
    科学的な知識があればもっと楽しめるのだろうが、なくても充分面白い。
    誰かの悲劇は誰かの喜劇。
    自分の悲劇も誰かの喜劇。
    やっぱり上手いなぁ、マキューアン。

  • ノーベル賞受賞者である物理学者を主人公にしたブラックなコメディ。けれども物理学をはじめさまざまな科学分野に対する取材が徹底していて舌を巻いた。日本の小説家は果たしてここまでするだろうか。

  • ★2.5かな。
    初読の時の感想もいまいちだなぁだったけれども、今回もそれを覆すことは出来ず。
    主人公の徹底的な自己中心が社会そのものの縮図として設定しているように思うのだけれども、うーん、この作家にしては何というかそのまま終わってしまった感じ。
    社会そのものの主人公をさらに上からの目線で設定し直すといった構成が本作にはないに等しい。主人公のだらしなさにある意味共感はするんだけれども、、、と少々失望。
    あと訳がちょっとどうかな?文章がやたらと長い、これは翻訳ものの常的特徴なんですが、こういうのを読むと原文で読めば?と暗に仄めかされてるように感じるのはひがみ過ぎですかな?

  • ストーリー・テラー、イアン・マキューアンの新作はダメ男とエネルギー問題を語る、どういう組合せ?
    主人公は「デブチビハゲ感じ悪い、女癖悪い」オヤジだ。若くしてノーベル賞を受賞するが、今では過去の栄光にすがり地位と金を得る手段にしかしていない。
    ストーリーはダメ男が自分がまいたトラブルの種でバカバカしい程のトラブルに巻き込まれ、にっちもさっちもいかなくなる話。コーエン兄弟の映画のようなシニカルな不条理劇。ラストのカタストロフには快感を覚える。しかしこのビアード教授が憎めない、「悪役」ではない。人間臭くて可笑しみと悲哀を感じる。
    タイトルのソーラーは、太陽光によるソーラー発電である。原子力発電や温暖化問題を語る小説でもある。

  • 豊崎さんが以前絶賛してたけど、僕には合わなかった。笑いのツボが違うのだろう。

    責任は誰も負わない。面倒は先送り。それでも世界はなんとかなっている。今までなんとかなったから、これからもそうだろうと。

    でも、今まで生きてこれたからと言って死から逃れた人はいない…

  • 第2回(2012年度)受賞作 海外編 第6位

  • 色々読まねばなものを差し置いて一気読み。温暖化、太陽光による代替エネルギービジネスを軸に、過去のノーベル賞を頼って生きる物理学者ビアードの卑小さを風刺する。『素粒子』にも似た読後感だけど、もっとシニカルかつ、我が身に引き寄せて考えずにはいられないところも。しかし所々声をあげて笑ってしまった。

  • 途中でやめてしまった。

  • 終着地点が最後まで分からない面白さがあったが、如何せん文が読みづらい。
    改行、章立て等工夫が欲しい。

  • 軽やかにテンポ良くシニカルに、1人の科学者の人生を描く。最近読んだものの中では、奥泉光の「クワコー」ものとテイストが似ている。毒舌ものは、センスがあえば読んでて楽しい。

  • イアン・マキューアンを読むのは『贖罪』『初夜』に続いて3作目。相変わらず背景が緻密で「その見事さはこの分野で研究に勤しむMITの科学者たちがメモを盗まれたのではないかと訝るほどだろう」とTimeに評されるほど。現代のエネルギー問題を皮肉りつつ、5番目の妻と破綻しそうなちび・でぶ・禿げの53歳ノーベル賞受賞科学者が好色かつ狡猾に奔走する姿がテンポよく語られる。個人的には北極圏でのドジの数々がお気に入り。人生の滑稽さ・哀しさが胸に迫る作品であった。

    44字 × 20行 × 361ページ
    スカスカのラノベ5冊分くらいの読みでがあった。

  • 興味深いテーマを扱っていて読む意義みたいなものはすごく感じたんだけど、主人公が壮絶にやなヤツで、しかも読後、後味がよくない。けど、面白い。

  • 海外翻訳モノは久々。やっぱどうしてもリズムがちがうから読むペースがつかめないうえに、やたら文章ギッチリだったからなぁ。しかし奇しくも息子とダンナのどきどきの発表連絡を待ちながら平常心を保つために読んでいた本として自分史に刻まれることになった。「イギリスの京極夏彦」と評したひとがいたから、なんとなくきになっていたマキューアン。うーん。。。難解で学術的なことがずらずら出てくるのにシュールな笑いが織り込まれてる、とかそのあたりを、共通点として見出したのかしら。凍ったリップクリームが裾から落ちたあたりとか間男がうっかり死ぬあたりとか、アメリカンドラマ的にわどわーっと笑い音挿入のとこなんだろう。なにも難解なことだけじゃなく、女にだらしないビアードがどんどん窮地に追い込まれるさまはテンポもあるんだけど。でもまあ文章がすいすい浸み込むような読み方ができなかった。というかビアードに対して関心を保ち続けるのが苦労した、というかんじかなー。ちょともうちょっと短篇とか(もしあるなら)で目を慣らしてみたいですねマキューアン作品。勧めるかといったら多分勧めない、すごく本好きでかさばるの読みたいひとには、いいかも?

  • 清々しいくらい自己中心的な主人公に思わず、うっとり。ねちねちした物語が無駄のない文章に乗ってぐいぐい進んでいく。さまざまな伏線を拾いまくって怒涛のエンディングに向う第3部が秀逸。ロケハンは大変だろうけれど、ビル・ナイ主演で映画化してほしい。作者近影を見るとご本人も主人公のイメージにぴったりだったりする。

  • 環境問題を扱った実にユーモラスな小説だ絶賛する書評が多かったけれど、抱腹絶倒とはいかなかった。
    マキューアンだからと期待が大きすぎたかな。

  • 週刊ブックレビューで紹介されていたので。
    この著者の作品は初めて読んだ。北極(南極だっけ?)とポテトチップのエピソードには大爆笑!
    あまり翻訳物を読まないからわかりませんが、読みづらい(意味が理解しづらい)ところも多いように感じます。あと4分の1だ。

  • 豊崎社長レビューを聞いて購読。
    これでもかというほど細かいディテール描写が海外の小説だなぁと言う感じで読みごたえは充分。ただちびデブハゲ教授もそれなりにまっとうな人で期待していたほどユーモアが少ない印象でした…。
    テーマ的にも優等生ではあるけれど、唯一無二な魅力のある本ではないかなと言うのが個人的な感想です。

  • とても理屈っぽく、人の業績まで自分のものにしてしまうほど狡猾な人柄、しかもデブでハゲで大して器量もない。でもそんな人が何故かモテるというのは身の回りにも実際存在するような気がする。

    主人公のビアードもそういった類の人間で、何かが起こるたびに理屈をこねたり(その実感情に任せてそうしていたりする)、取り繕ったりする。
    環境問題に関しても、実際に何かしらの信条を持っている訳ではなく、ある意味金づるとしてそれを扱っている。

    端から見ればとてもセコいんだが、何故か憎めない。
    きっと我々にも思い当たる節があるからだなと思う。そういった事実を物語の中で突きつけられていく中で、何故かビアードに対するセコい印象も幾らか薄れているように感じる。

    加えて、ビアードにあれこれと考えさせる他の登場人物も、それぞれに灰汁が強く、一筋縄ではいかないキャラクターを持っている。
    強かな女性達や細かい官僚、言動と行動が一致しないアクティビストや豪快ながらスマートなエージェントといった主な登場人物も、我々が住む世界にとって非常に身近というか、いかにもいそうだ。
    そういった人々と上手くやろうと様々に思考したり日和見してみたりするが、それが破綻に向かっていく。

    物語の情景はとてもリアルで、最終的にはこれからのドタバタを感じさせて物語の終焉を迎えるが、自分たちも大なり小なりそういった危うさを抱えながら生活しているんだなと実感させられる。
    そんな中で登場する娘の存在は、ドロドロした人間関係にある種の純粋さをもたらしているように感じた。散々そこから逃れてきた主人公も、最終的に娘の愛らしさを感じたのは、そういった無垢な部分なんじゃないかと感じる。

  • 笑えない喜劇。
    ビアードがモテる理由がわからない。

  • マイケル・ビアードは、狡猾で好色なノーベル賞受賞科学者。受賞後は新しい研究に取り組むでもなく、研究所の名誉職を務めたり、金の集まりそうな催しで講演をしたりの日々。五番目の妻に別れを告げられた後は、同僚の発明した新しい太陽光発電のアイディアを横取りしてひと儲を狙っている。そんな彼を取り巻く、優しくも打算的な女たち。残酷で移り気なマスメディア。欺瞞に満ちた科学界とエネルギー業界

  • ブラックユーモアあふれるコメディ小説。
    ポテトチップスのくだりなど失笑してしまうシーンがいくつかあるけれど(むしろ、青年の懐がすごく広いようにも感じる。日本じゃありえなさそう)ラストが苦い苦すぎる!
    のらりくらりと過去の栄誉に寄りかかって生きてきた科学者の辿りついたところは愛だったとすれば、結構な皮肉ではないかと・・

  • いかにも、というストーリーなので、ディテールが面白いはずなのだが、少しも笑えない。

全35件中 1 - 25件を表示

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)に関連する談話室の質問

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)に関連するまとめ

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)の作品紹介

マイケル・ビアードは、狡猾で好色なノーベル賞受賞科学者。受賞後は新しい研究に取り組むでもなく、研究所の名誉職を務めたり、金の集まりそうな催しで講演をしたりの日々。五番目の妻に別れを告げられた後は、同僚の発明した新しい太陽光発電のアイディアを横取りしてひと儲を狙っている。そんな彼を取り巻く、優しくも打算的な女たち。残酷で移り気なマスメディア。欺瞞に満ちた科学界とエネルギー業界-。一人の男の人生の悲哀とともに、現代社会の矛盾と滑稽さを容赦なく描き切る、イギリスの名匠による痛快でやがて悲しい最新長篇。

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)のKindle版

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)のペーパーバック

ソーラー (新潮クレスト・ブックス)のハードカバー

ツイートする