タイガーズ・ワイフ (新潮クレスト・ブックス)

  • 271人登録
  • 3.83評価
    • (13)
    • (35)
    • (20)
    • (1)
    • (1)
  • 30レビュー
制作 : T´ea Obreht  藤井 光 
  • 新潮社 (2012年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105900960

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
冲方 丁
フェルディナント...
ピエール ルメー...
サルバドール プ...
ポール オースタ...
円城 塔
ジュンパ ラヒリ
小川 洋子
フェルディナント...
赤坂 真理
三浦 しをん
エリザベス スト...
有効な右矢印 無効な右矢印

タイガーズ・ワイフ (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

  • バルカン半島に根を持つ、深い森のような物語

    紛争が繰り返される南東欧の地。
    子どもたちに予防接種を受けさせるため、僻地へと向かう若き女医のもとに、祖父が死んだと知らせが入る。
    女医である孫以外には自らの死病を隠したまま、辺境の小さな町で祖父は人生を終えたという。なぜ、何のために祖父はそこへ向かったのか。
    祖父の死の謎を探る彼女は、祖父がかつて話してくれた「不死身の男」の話と「トラの嫁」の話を手掛かりに、祖父の人生の「物語」の中へ分け入っていく。

    冒頭は、祖父と孫娘の話として始まる。孫娘が子どもの頃、動物園でトラを眺めるのが2人の習慣だった。祖父はいつもコートのポケットに『ジャングル・ブック』を忍ばせていた。祖父にとって、トラは特別な存在だった。かつていた、「もう少しでトラになるところだった」ろうあの少女「トラの嫁」もまた。

    冒頭の印象を裏切り、この物語は祖父と孫娘だけの物語には留まらない。
    まるで、迷宮の中をあちらこちらの部屋の扉を開けていくように、めまぐるしく視点が移り変わり、祖父や「トラの嫁」を取り巻く人々が背負う人生やその内面も描き出していく。

    祖父が幼少時を過ごした僻村には数多くの「迷信」が根付いていた。
    合理的であるということと、世界をすべて自分の枠組で理解できると過信することとは違うのだ、と思う。
    未知なるものへの畏れは「迷信」を呼ぶ。「迷信」は「伝説」を形作り、「伝説」は「物語」を産む。
    物語とともに生きていく人々。その生き様は、何と豊かであることか。

    全編に紛争の影は漂っているが、しかし、この物語は紛争に囚われてはいない。それとは逆に、紛争をも取り込み、呑み込んでしまうような物語だ。

    ちりばめられる東欧の風物が印象的だ。
    カトリックの祭である公現祭。
    蒸留酒であるラキヤ。
    「不死身の男」と祖父が楽しむ晩餐のデザート、トゥルンバやバクラヴァ、トゥファヒヤ、カダイフ。

    美しく、しみじみと哀しい。
    誰しも、自分の胸にしまっておくべき物語を持っているのだ。


    *トラの逃避行の描写がすばらしくて涙した。

    *戦火のストレスで自傷したり、仔を傷つけたりしてしまう動物たちが出てくるのだが、これは実話かな。なかなか想像で思いつくことではないと思う。痛ましいことだ。

  • 医師であった祖父は、石のようなはげ頭をしていて、胸ポケットにはつねに『ジャングル・ブック』を持ち歩き、動物園にトラを見に行くのを習慣にしていた。その祖父の生涯を織りなす、豊潤な物語の連なりから成る小説である。
     一人の男、一丁の銃、一匹のトラの背後には、さらにそれぞれの物語があって、戦争と死の濃い影に縁どられながら、互いの物語や現実と共鳴しあって、幻想的で豊かな世界をつくりだしている。旅先で、なんてことのないように見える小さな通りを歩きはじめると、その両側に奥へ奥へと心を誘う魅惑的な小路がいくつものびているのを発見することがある、そんな感覚を思い出す。
     いくつもの忘れがたく魅惑的なシーンがある。祖父が初めて語り手の孫娘ナタリアに「不死身の男」の話をしてくれる夜。起きている者はほかに誰もいない暗い街、「長い刃のようなすべすべの線路が輝いている」通りの向こうにうかびあがる、ゆっくりと動くゾウの影。そこで祖父は、誰にも話さずに胸にしまっておくべき物語があることを教えてくれたのだ。
     トラの嫁になった少女、死神を伯父にもつ不死身の男。彼らはおとぎ話の登場人物のようでいながら、戦争と死の匂う現実の中に立ち現われてくる。包囲され、明日には殺戮の現場となる美しいサロボルの街、ほかには誰もいない暗いホテルのレストランのテラス席で砲撃の音を聞きながら、誇り高き給仕が出すこの街最後の食事を、不死身の男ガヴラン・ガイレとともにする場面。それはあまりに美しく非現実的だが、実際に戦争では、あまりにも非現実的なことが現実になったのだった。
    祖父の幼い頃から絶えなかった戦火は、孫のナタリアの人生にも影を落とし続けているが、祖父が胸にしまってきた物語もまた、引き継がれていくのだ。親しみ深い死者たちの声とともに。何度もくりかえし味わいたい、胸しめつけられるほどに魅惑的で豊かな物語。

  • 丁寧に描かれたマジックリアリズムな雰囲気の過去のストーリーは、
    アメリカで暮らす著者の生まれた土地への強い欣慕を示しているのだろうな。
    デビュー作にしてこのクオリティー、素晴らしすぎます。
    2011 年 オレンジ賞受賞作品。

  • バルカン半島にある戦争が終わったばかりのとある国で、医者として隣国に向かう女性と、その祖父の話。現代も過去もとにかく骨太。少女は本当に虎の妻だったのか。それは最後まで謎のままで、それがまた想像力をかき立てる。

  • 冒頭部分は祖父との思い出話というていで何気なく始まる。ところが、『トラの嫁』と『死なない男』の話が語られ、語り手の孫との現在が縦横無尽に交差し、過去の場所が今この現在に違和感無く偏在する不思議。トラの吐く息がかかるような臨在感、ゴシック的な魔女でも現れそうな靄のかかった風景、因習にとらわれた人々の丁寧な描写、すべてが格調高く、読み応えのある物語だ。

  • “虎の嫁”と“不死身の男”。
    祖父が孫に語った不思議な不思議な物語は、戦火を経た今も孫のなかに息づくいている。

    でもちょっと肩透かしを食らった感じも。

  • 感想を書くのを忘れているうちに本屋大賞翻訳小説部門で1位になった!おめでとう!
    複数の物語が並行して語られ、次第にパズルのピースのようにはまっていくカタルシス。語り口のうまさも光る。虎の嫁と呼ばれた聾唖のムスリムの少女、不死身の男と祖父との邂逅、幻想的な物語と、戦火のバルカン半島を思わせるシビアな現実が重なる。虎の柔らかい足が、爆撃による瓦礫を踏む違和感、祖父と孫娘が夜中の無人の街路で象が歩くのを見る場面での静寂など、場面の空気が伝わってくるようだった。
    ここまでの優れた小説の著者が驚くほど若く(ついでに美人!)、翻訳者の藤井さんも若い。彼らがこの先差し出してくれる物語を思うと、楽しくなる。

  • ★2013SIST読書マラソン推薦図書★
    本を読んで読書マラソンに参加しよう!
    開催期間10/27~12/7 (記録カードの提出締切12/13)

  • 幻想的な雰囲気の濃い、ファンタジックなお話でした。
    私はその雰囲気の濃さが気に入りました。

    この本が高評価を得ている「歴史と土地を描く」ということに関しては、確かにそうだし、すごかったと思います。
    ひとりひとりの物語が丁寧に書いてあって、ストーリーに奥行きが感じられました。
    しかし・・・私はあまり・・・。
    ひとりひとりの歴史物語が唐突に始まり、ただの説明文のように感じられ、おまけにだらだらと長く、リズムよく読めませんでした。
    退屈しながらその人の歴史を読んで、やっと物語が進んで面白くなってきたぞー!と思ったら、また歴史のコーナーに入って読む速度が下がる・・・ということを繰り返してました。
    物語自体の終わり方もまとまりがなく、物語自体の面白さを十分に活かせているとは思えず。
    読後は、なんのお話だったっけ?ってなるような、そんな本でした。

    幻想的な気分を味わうには秋の夜長のお供にするのがいちばんかと思います。

  • 評判になっていなければ読み終ってないだろう。架空の国が舞台なのだということが、わかったのが、本半ば。それからは、わりとスラスラと。

  • 民話のような幻想的な雰囲気をまとった小説。
    3つの時代を相互に描いている。

  • テアオブレヒト「タイガーズワイフ」読んだ。すばらしい http://www.shinchosha.co.jp/book/590096/ 土地(セルビア)やエピソードは特異だけれどテーマが普遍なので読んでいて本当につらい。同じ固有名詞がなければ短編集としても読めるほど各章が独立完結している。(つづく


    戦争に生活を破壊され続ける市井の人々と当然何も理解しないまま犠牲になる動物たち。山火事から家を守るために熱の中で水をかけつづけるシーンが圧巻。その町の最後となる夜に不死身の男と食事を共にする場面が映像的で画が浮かんでしまい胸が苦しくなる。この本を読みながら何度泣いたことか(おわり


    #「タイガーズワイフ」http://www.shinchosha.co.jp/book/590096/ を読み終えたんだけど、まだ何度か読み返したい部分もあるし読むと泣いちゃうし思い出すだけでぐったり疲れるので、読み終わり記録を書くのは少し先にすることにする。今年の一冊決まりかなー。。。

  • テアオブレヒト「タイガーズワイフ」読んだ。すばらしい http://www.shinchosha.co.jp/book/590096/ 土地(セルビア)やエピソードは特異だけれどテーマが普遍なので読んでいて本当につらい。同じ固有名詞がなければ短編集としても読めるほど各章が独立完結している。(つづく


    戦争に生活を破壊され続ける市井の人々と当然何も理解しないまま犠牲になる動物たち。山火事から家を守るために熱の中で水をかけつづけるシーンが圧巻。その町の最後となる夜に不死身の男と食事を共にする場面が映像的で画が浮かんでしまい胸が苦しくなる。この本を読みながら何度泣いたことか(おわり


    #「タイガーズワイフ」http://www.shinchosha.co.jp/book/590096/ を読み終えたんだけど、まだ何度か読み返したい部分もあるし読むと泣いちゃうし思い出すだけでぐったり疲れるので、読み終わり記録を書くのは少し先にすることにする。今年の一冊決まりかなー。。。

  • 請求記号:933/Obr
    資料ID:50070353
    配架場所:図書館1階西 学生選書コーナー

  • FIGAROjapon2013いい本賞の一冊。ツリーハウス読了直後のせいか気になってしまってる。

  • 現代の描写にやや入りにくい点があったものの、祖父にまつわる「トラ」の歴史、「不死身の男」の物語の深さや豊かさに気付けば夢中になっていた。不死身の男もトラの嫁も胸が高鳴るほど魅力的。
    トラは物語そのものだったと思う。
    でもそう考えると、ラストは少し悲しい。

  • セルビアの厳しい現実を肌で感じてきた著者ならではの幻想的な世界がありました。これがデビュー作とは。

  • ずっと手元に置いて何度も何度も繰り返し読みたい、そんな本でした。

  • 第3回(2013年度)受賞作 海外編 第9位

  • 面白かった。
    特に中盤くらいまで。

    最後はちょっと失速気味だったように思うけど、祖父の周りを明らかにしながら進んでいく展開は良かった。
    トラの嫁っていうのが弱いかなあ。

  • バルカン半島の旧ユーゴスラビア、セルビア共和国を(多分)舞台にした小説です。

    未だ地雷の恐怖もあったり、人々の暮らしにも戦争の傷跡がそこここに見え隠れしています。

    主人公ナタリアは女医。彼女が、旅先で亡くなってしまった大好きな祖父(彼も医者)の思い出を紡ぎだしながら、過去と現在を行き来するファンタジーのような物語です。祖父がかわいい孫娘に語った「不死身の男」と「トラの嫁」の物語を、このバルカンの地が生んだ様々な登場人物の来歴を織り交ぜながら、主人公が回想します。

    シリアスでありながら、幻想的であり、眩惑的でもあり、ユーモアもあり、きめの細かい表現が、しっとりと私の心に沁みこんでいきます。物語は時空を超えて飛び交いますが、最後には静かにその翼を休めるといった感じで終わります。
    悪漢みたいなやつでも、登場人物の一人一人がとてつもなく魅力的に描きこまれています。
    しかし、やはりこの主人公のナタリアとその祖父が一番魅力的です。

  • 私には向いていない本だった。箴言もあるし,最後でやはりこれは作者も箴言だと思っているんだなと思わされたけど。

  • 亡くなった祖父の過去にまつわるファンタジー。
    途中で時系列が分からなくなってしまった。
    孫娘の現在の様子はいらない気がする。
    祖父自身の回想でいいのでは。

  • よくわからなかった。
    普段、軽く構えてもストーリーラインがつかめて物語の方から私に近寄ってくれる本ばかり読んでいるので、真剣に読んでもなおつかみどころがわからない本書は手に余った。

    くるりくるりと模様を変えて一度たりとも同じ絵を写さない万華鏡の物語。うねるようなすべるような語り口。視点が変わり不安定で、だから静かな緊張に満ちている情景。それを味わえということなんだろか。

    簡単に答えを求めちゃいけないんだろうが、作者が一番書きたかったことってなんだったんだろう。祖父の物語というよりトラの物語なんじゃないのか、とにかくトラを書きたかったってことじゃダメか。トラ。

    肉屋のルカ、薬屋、不死身の男、ブドウ畑を掘り起こす人々、それぞれのエピソードは印象的で忘れられなそうだけれど、全体にまとまった像を結ばない。読み込み不足なんだろうなあ。といっても再読するとは思えないので、宙ぶらりんな印象のまま、さようなら。

    しょうもないことではあるが、トラの疥癬が治ったのか気になっている。

全30件中 1 - 25件を表示

タイガーズ・ワイフ (新潮クレスト・ブックス)に関連する談話室の質問

タイガーズ・ワイフ (新潮クレスト・ブックス)に関連するまとめ

タイガーズ・ワイフ (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

タイガーズ・ワイフ (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

タイガーズ・ワイフ (新潮クレスト・ブックス)の作品紹介

紛争の繰り返される土地で苦闘する若き女医のもとに、祖父が亡くなったという知らせが届く。やはり医師だった祖父は、病を隠して家を離れ、辺境の小さな町で人生を終えたのだという。祖父は何を求めて旅をしていたのか?答えを探す彼女の前に現れた二つの物語-自分は死なないと嘯き、祖父に賭けを挑んだ"不死身の男"の話、そして爆撃された動物園から抜け出したトラと心を通わせ、"トラの嫁"と呼ばれたろうあの少女の話。事実とも幻想ともつかない二つの物語は、語られることのなかった祖父の人生を浮き彫りにしていく-。史上最年少でオレンジ賞を受賞した若きセルビア系女性作家による、驚異のデビュー長篇。全米図書賞最終候補作。

ツイートする