煉瓦を運ぶ (新潮クレスト・ブックス)

  • 58人登録
  • 3.80評価
    • (4)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 11レビュー
制作 : Alexander MacLeod  小竹 由美子 
  • 新潮社 (2016年5月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105901271

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジュンパ ラヒリ
恩田 陸
東山 彰良
宮下 奈都
スティーヴン・ミ...
フェルディナント...
ガブリエル・ゼヴ...
オルハン パムク
有効な右矢印 無効な右矢印

煉瓦を運ぶ (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

  • 同じシリーズだし、マクラウドという名前だし、もしやと思って手に取ったら、帯にちゃんと書いてあった。あのアリステア・マクラウドの息子である。アリステア・マクラウドは、好きな作家の中でも特別な位置にいて、同シリーズから刊行されている三作はどれも傑作だと思っている。でも、父と息子はちがう。勝手に期待して裏切られても作家のせいにはできない。おっかなびっくり読みはじめたが、正直なところ、その完成度の高さに驚いた。上出来の短篇集である。

    「ミラクル・マイル」は1500メートル走のランナーの「僕」が、小さい頃からの友人であり、ライヴァルでもあるバーナーと出場する競技会の一日をドキュメント映画のように追う。ホテルの部屋で交わされる二人の会話や回想される昔の記憶から二人が切っても切れない仲だということが分かる。それが結末の災難を呼び起こすことになる。ランナーとしてのピークを過ぎようとする者と今まさに頂点に達しようとする者、二人にしか分からないヒリヒリした感情の機微が伝わってくる。

    まるで筋肉や腱の一本一本と会話するかのように描かれる肉体についての克明な描写が、この作家の持ち味である。暴力描写を得意とするのとはちがう意味での「肉体派」なのだ。観念より肉体によって、いま置かれている状況の切迫していることを読者に伝えようとする。しかも、それがスピ-ド感を持って精妙に書かれる。これは並みの才能ではない。見たものや聞いたことを書くことは誰にでもできる。しかし、肉体の内部に起きる変化とそれが引き起こす心理の推移をトレースするのは容易ではない。たくさん本を読んだら書けるというものではないからだ。

    影響を受けた作家として父アリステア・マクラウドの他に、アリス・マンロー、ウィリアム・トレヴァーの名が挙がっている。話の運び方や、回想視点の挿入、リズミカルでテンポのいい会話などは父やその他の作家からでも学べる。しかし、「神は(肉体の)細部に宿る」といった態の独自のスタイルは、やはりこの人ならではというものを感じさせる。その一方で、実体験でしか得られない特殊な肉体感覚の詳述という武器は、いつか消費されてしまいはしないかという危惧も覚える。まあ、その時はその時で、別の武器を手にしているだろうが。

    子どもが持ち帰ったシラミとの闘いの渦中にある父親が、クリスマス休暇の帰郷を思い出す「親ってものは」。生まれて間もない子に熱のあるのを承知で十時間以上もかかる雪中ドライブを強行した挙句、嘔吐に下痢、高熱という結果に見舞われる。親と子という永遠のテ-マに若い父親の視点で切り込んだ悲喜劇だ。泣きたくなるほど悲惨な状況にある主人公を読者は苦笑と哄笑とで見守ることになる。幕間に挿入されるシラミの蘊蓄が楽しい。

    表題作「煉瓦を運ぶ」は、「ミラクル・マイル」に似た味わい。煉瓦職人である主人公とその相棒二人のところに若いアルバイトが入ってくる。一日しかもたない他のアルバイトとは違って、ロビーは音を上げなかった。夏休みが明け、アルバイトの最後の日、「僕」らはロビーを誘って酒場に。そこにはお定まりの喧嘩沙汰が待っていた。変化してゆく街の姿を背景に語られるちょっと困った男たちの物語。よく晴れた真夏の太陽に違和感を感じる「僕」の想いが心に沁みてくる、いいエンディングだ。

    河沿いに建つホテルの屋上から夜の川にダイブするのが、その当時の流行りだった。仲間とその場に立ったステイスは初めて海に行った時のことを思い出す。大きな波にさらわれ死ぬところだったのだ。苦手意識を克服したのはブラッドのレッスンのおかげだった。ステイスは最後のステップでつまずき、バランスを崩して落ちてゆく。走馬灯のように蘇るそこに至るまでの出来事。チェーホフ的な終わり方は読者に解釈をゆだねるもの。さて、どうなるのかと気を... 続きを読む

  • 短編なのでさらさらと読めるかと思いきや,やりきれない後味の作品が多く,読み応えがあった.
    現在のトラブルを語りながら,体調の悪い赤ん坊を連れて帰省したことから起こった騒動を並行して描く「親ってものは」は,自分の息子が幼かった頃,彼が病気になり入院したときを思い出しながら読んだ.
    人生というものは,この作品群のように,何でもない一瞬をきっかけにして,後戻りができないほどがらりと変わってしまうんだなと思う.

  • 細かい描写だが、また読むことはなかろう。

  • 短編は難しいな。

  • 短編であることがエッセンシャルな小説は少なくないが、この感覚はリアルだがどこか西尾維新のような不安定さを感じる。この人、好きかも。

  • どういう感想を言えばいいものだろうか。
    ある一篇を除けば、他人には気づかれもせぬような、人生の中の一幕ばかりである。
    誰もかれもが、石を投げれば当たるほどの平平凡凡とした人たち、でも、みんなそれぞれ、実は足元がぐらつくような思いをしたことがある、している、これからするかもしれない。
    どれを読んでも涙も出ない、笑い声ももれない。けれども、なんというか、襟首をつかまれたような、なんだか困ったような気持ちにさせられる。ざわざわざわざわ。
    形容はしがたいが、すごい本を読んじゃった、気がする。
    短編だというのに、なかなか読み進まない。退屈ではない、決して。なんというか、体力がいるのである。長距離は一定のリズムで走れば、わりとあっさり走り抜けることができたのに、短距離のほうが妙に疲れた…ような。

  • 張りつめた空気をはらんだ短編集
    短編 'を' 書きたい(長編への準備ではなくて)という著者による、短編ならではの緊張感を保った作品たち
    1度にたくさんは読めなかった。簡単に次の作品へ気持ちを切り替えられないから。

    短編のほうがサクサクと読めることもあるけど、
    こういうタイプはひとつひとつがしっかりしていて、逆に噛み締めないと進めない。

  • アリステア・マクラウドの息子も作家だったのか!という驚きで読み始めたが、父親と作風はずいぶん違うものの息子も名手だった。
    カナダの平凡な都市がを舞台となる。登場人物の記述は、身体性が特徴だ。走る、泳ぐ、けんかする、煉瓦を運ぶ、歩く…筋肉や骨、快感や疲労や痛み、肉体が発する声に耳を澄ませ丹念に綴って行く。人間は脳ではなく、身体が主体で考えたり感情を持ったりしているのだと聞いたことがあるが、アレクサンダー・マクラウドはそういう意味で肉体派だ。そして突飛なドラマではないものの、彼らが一線を越えてしまう「決定的な瞬間」を潜ませる。
    作家として、父親とともにマンローやトレヴァーを尊敬するというのが彼らしい。父親に似て寡作というところが残念だが自作を待っている。

  • ものすごく快調に読んでいって、場面が身体的感覚をともなってリアルにうかんできたところで、うわあああっ!と足もとをすくわれるおそろしさよ。
    またある物語では、ふうがわりな友人を回顧して、そのやりとりとかけんかとか、なんともいえない距離感をありありと描き出してみせてから、ぜんぜん関係ない話でふわっとしめくくる。

    わたしは短編小説っていうものがわかっていないので、これがおもしろいとか、さすが短編小説だとか、そういうふうにはいえないんだけど、なんかただ者じゃないものを読んだなという確かな感触は残った。

  • 大好きな故アリステア・マクラウドの息子さんの作品集と知って、本屋に駆けつけて購入しました。
    お父さんよりもモダンな雰囲気で、ある瞬間の切り込みの鋭い描写に圧倒されました。
    あれだけ偉大な父を持ちながら、独自の世界を作り出しているところも凄いです。
    お父さん同様、寡作な作家のようですので、次回作がいつ発売されるのかわかりませんが、今からその日が楽しみです。(^^)

  • 淡々と描かれているけれど、読む度になんとも言えない一息をつかないといけない短編集。良作。

全11件中 1 - 11件を表示

煉瓦を運ぶ (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

煉瓦を運ぶ (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

煉瓦を運ぶ (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

煉瓦を運ぶ (新潮クレスト・ブックス)の作品紹介

人生の岐路を描いた7つの物語。父譲りの短篇の名手による、鮮やかな初作品集! 親友のランナーがゴール前で見せた、奇跡の追い上げ。和やかな送別会から突如勃発する乱闘騒ぎ。トラウマを乗り越えるため参加した水泳教室での、予期せぬ出来事。廃れゆく自動車産業の街で生きる、ひとりの労働者。人生は、驚くべき瞬間に満ちている――。故アリステア・マクラウドの血を継ぐ新鋭、瞠目のデビュー短篇集。

ツイートする