階段を下りる女 (新潮クレスト・ブックス)

  • 86人登録
  • 3.24評価
    • (3)
    • (5)
    • (8)
    • (4)
    • (1)
  • 8レビュー
制作 : Bernhard Schlink  松永 美穂 
  • 新潮社 (2017年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784105901394

階段を下りる女 (新潮クレスト・ブックス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 男は別れた恋人でできている、って別の小説のキャッチコピーであった気がする。

  • 「朗読者」の作者。失われた思い出と再会した時にどう行動するか?人生の重い課題を突きつける。

  • 1章は老齢に差し掛かろうとする年齢となった主人公の現代と過去がドイツ語らしい硬筆な筆致で語られ、面白かった。主人公である″ぼく″は、法律事務所に務め、仕事の都合でシドニーへやって来たのだ。そして、とあるアートギャラリーに飾られた′階段を下りる裸婦′の絵を観たことで、若い頃恋に落ちた女性と駆け落ちを企て、裏切られた苦い思い出を回想する。その後思いがけず、彼女がシドニー近郊に長年、不法滞在している事を突き止め…といった感じ。
    ところが第2章以降、物語として急展開があり、ドイツ人らしい観念的応酬なども合わさってくるにつれて、読み進めるのが苦痛になってきてしまった。
    なんとか読み終えたが、今の私には水が合わなかったとしか言いようがない。
    年齢を含めた人生経験の無さ、ドイツ人とは異なる日本人としての感覚などが原因なのかもしれない。

  • 型通りの成功を手に入れた主人公が、年月を経て、昔夢中になった女と再会する。
    彼の独りよがりは、若い頃と変わらず痛ましい。
    しかし、自由に生きてきた、年を取ってもなお魅力的な彼女は、彼に何をもたらすのか。

  • 世界は自分の見方でしか見られないけれど、その中で何かひっかかる(執着する)ものがあるということは幸せなことなのかな、と感じる。

  • 数十年前に失踪した女性と一枚の絵。
    その絵を再び見つけてしまったら…
    彼女と実業家の前々夫、絵を描いた画家の前夫、私。
    失踪していた空白の月日。
    風変わりなシチュエーションより、FALL IN LOVEした心は何十年たっても、彼女に向けてしか特別な開き方をしていなかった、ということの切なさ。
    恋によって人生の見え方が変わってしまうことを外からみている、映画「(500)日のサマー」と、
    1人の女性を巡る男たちのおかしな交流は、イアン・マキューアン「アムステルダム」を思い出した。

  • 過去を引きずって生きていないか?

全8件中 1 - 8件を表示

ベルンハルト・シュリンクの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
米澤 穂信
原田 マハ
ピエール ルメー...
宮下 奈都
トーン テレヘン
カズオ イシグロ
エラ・フランシス...
恩田 陸
村田 沙耶香
川上 弘美
西 加奈子
東山 彰良
西 加奈子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

階段を下りる女 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

階段を下りる女 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

階段を下りる女 (新潮クレスト・ブックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

階段を下りる女 (新潮クレスト・ブックス)の作品紹介

もしも二人に、別の物語があったなら……一枚の絵をめぐる哀切のラブストーリー。旅先の美術館で突然再会した一枚の絵。一糸まとわぬ姿で軽やかに階段を下りてくるのは、忽然と姿をくらませた謎の女。40年の時を経て、ほろ苦い記憶が甦る。あの日、もし一緒に逃げることができたならば――。その想いを、物語にして伝える時がやってきた。人生の終局の煌めきを美しく描く、ベストセラー作家の新境地。

ツイートする