学歴の社会史―教育と日本の近代 (新潮選書)

  • 25人登録
  • 4.20評価
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 天野郁夫
  • 新潮社 (1992年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (281ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106004308

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エーリッヒ・フロ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

学歴の社会史―教育と日本の近代 (新潮選書)の感想・レビュー・書評

  • 学位とは、学位プログラムとは、学位取得要件の単位とは、といった昨今の教育課題を考える上で、前提として知っておくべきことが書かれている。上のテーマの考え方は、技術論や精神論の側面からの接近が多くなりがちだが、ふと本書のような立場から眺めてみるのも大切だと思った。

    全般を通じて感じたのは、学位の価値、教育の質保証、公務員制度、教員免許制度、教育のモジュール化、ダブルスクール、遠隔教育、教養・専門・専門職教育、といったテーマは明治期、すなわち高等教育制度がスタートしたときから「常に在り続ける課題」ではないかと思えたことだ。

    そしてアクターごとに、「常に在り続ける課題」の対応策を練るのが各々の「仕事」ではとも思った。今日ではその「仕事」が「教育改革」という言葉に置換され、「教育改革」という語感の一般的認識がデフレ化したかもしれない。

  • 明治期の学校制度の変遷を通して、学歴社会の形成過程を明らかにしている。多様な大学史、社史や伝記などを活用し、制度の変遷だけではなく、関係者や受験生たちを生き生きと描き出している。

全2件中 1 - 2件を表示

学歴の社会史―教育と日本の近代 (新潮選書)の作品紹介

なぜ東大の卒業証書が有効なのか。近代の歪みと苦悩を掘り起こす。「学歴を持たねば頭あがらざる」と、立身出世を夢見た青年が嘆く社会を、だれが作ったのか?近代日本成立のプロセスが目前に展開する労作。

学歴の社会史―教育と日本の近代 (新潮選書)はこんな本です

ツイートする