謎とき『白痴』 (新潮選書)

  • 53人登録
  • 3.53評価
    • (2)
    • (4)
    • (9)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 江川卓
  • 新潮社 (1994年9月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784106004650

謎とき『白痴』 (新潮選書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 1998年 読了

  • 2007/09/09 読了 ★★★
    2013/10/17 読了

  • 『謎とき『カラマーゾフの兄弟』』を先に読みました。
    江川さんの書かれる解説本はわかりやすさといい説得力といいすごいです!
    名前の由来とか、ロシアの宗教事情の深い部分までドストエフスキー作品にしかけられた謎の多さにビックリします。

  • ロシアは社会情勢も歴史も思想も宗教もごたごたしているので、簡潔にわかりやすく解説してくれているこれはサブテキストとしてはとても重宝してます。

  • 2007/09/09 読了
    2013/10/17 移動

  • ナスターシャは鞭身派か?

全6件中 1 - 6件を表示

江川卓の作品

謎とき『白痴』 (新潮選書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

謎とき『白痴』 (新潮選書)の作品紹介

好評の"謎ときドストエフスキー"シリーズ第三弾。三たびに挑む。ムイショキンは、キリスト、ドン・キホーテ、驢馬など何重ものイメージを象徴。エパンチン家の三姉妹はギリシヤ神話の三美神を連想させる…。

謎とき『白痴』 (新潮選書)はこんな本です

ツイートする